ミラーレス一眼


アドセンス広告

言語: 

フォトストックサイトに投稿して分かった”フルサイズ”と”APS-C”センサーの違い

  • 18 November 2019
  • のぶやん

ストックフォトサイトに大量投稿するまでは、「APS-Cで十分」と思い込んでいたが、大量投稿して審査で落ちるようになると、その問題を考えるようになった。APS-Cが弱いのは、遠方のものが全く良く撮れていないという点だ。どのレンズにしても似たようなもので、APS-Cでは、遠方を細かく映す事は「極めて難しい」ということだ。天気が良くて、空気が晴れていてなどの条件が揃わないと細部の撮影が難しい。

APS-Cでは、望遠レンズを用いるなど『拡大した画像』であれば、細部も良く撮影することができる。しかし、風景撮影などの遠方を撮影する画像が極めて不透明にしか撮影できない。ストックフォトで売るには、フルサイズのカメラが必要だと感じざる得ない。

ストックフォトはフルサイズ必修

ストックフォトに投稿したいのであれば、フルサイズが必修だ。特に風景撮影などを行う場合、『フルサイズがないとお話にならない』と考えるようになっている。しかし、フルサイズはそのカメラサイズが大きくて、旅行に持ち歩くのに明らかに不便である。フルサイズのミラーレスも出ているけど、価格、性能を考えると「今買うべきなのか?」と思う人も多いと思う。

Shutter Stockでは、プロのカメラマンが副業としてアップロードしていたりして、その場合にフルサイズの高級機を使っていたりする。素人カメラマンの機材APS-Cセンサーでは、とても太刀打ちができない。フルサイズミラーレスがもっと小型化して、多くのメーカーが機種を出すまで、あと2,3年はかかりそうだ。現状で、気軽に旅行で持ち歩けるフルサイズは、高額であるか性能が中途半端であることがほとんどだ。

APS-Cで細部撮影が困難

Shutter Stockに提出する写真を選ぶ時には、なるべく良い写真を選ぼうと思ってみているが、条件が非常に良い形で撮影した以外に使えない写真が多すぎる。どんなに自分がシャッターを押しても良い写真がなかったときのガッカリ感は半端ない。撮影に行くにはコストもかかるし、シャッターを必死で押している。

旅先でカメラを持ち歩くには、小さいカメラが絶対に有利だ。大きいカメラは、登山などで持ち歩くと、体力消耗に繋がり、下手をすれば危険に繋がる。小型でフルサイズが搭載されたミラーレスも発売されているけど、どれほど良く撮れるかということが未知数であり、購入する気になれない。

今後、Shutter Stockで本気で数千枚も出していきたいと思うなら、やはり近いうちにフルサイズを購入していかないといけないと強く思っている。Shutter Stockで承認される画像も、ほとんど非常に寄ってくっきりと映し出された画像で、影が付いているとか、加工が上手とかあまり関係ない。ピントがきちんとあっていて、細部が撮影できていることが最も重要な事だ。


アドセンス広告

関連記事