ネトウヨの実態は、自民党の工作員だったとNHKの報道がヤバい!小池百合子がネトウヨ育成

  • 5 December 2016
  • WEB情報屋

NAVERまとめの記事『ネトウヨが自民党工作員だった事実が判明!バイトの大量動員でネット対策』という記事は、NHKの取材が元になったものであり、かなり真実味が高そうだ。NHK放送の画像キャプチャを見た限りでは、自民党が独自のネット対策チームというものを持っていて、外部の業者を通じて自民党に不利な限度などがないかを常時監視しているというのだ。

インターネット選挙などが解禁されて、インターネットの政治に対する影響力が高まってくると、自民党は『ネット対策チーム』というものを発足させて、インターネット対策の強化に乗り出しました。具体的には、インターネットに精通した事業者などにお金を支払って、インターネット上で自民党に不利な書き込みなどがあれば、反論を行ったり、削除要請するなどの行為を行っていたというのです。このような報道から、ネトウヨと呼ばれる集団は、自民党の工作員である可能性が指摘されはじめました。

ネトウヨの中心にいた小池百合子

今は、東京都知事として寿司メディアに持ち上げられている小池百合子氏ですが、以前は自民党の広報本部長という地位に就任していて、『党としてネットの動向を察知して対処する』と話していました。具体的には、自民党に不利な書き込みがあった場合には、削除要請を行ったり、コメントで反論を行ったりしてインターネットで自民党支持者を広げる取り組みを行っていたという事です。

このようなNHK報道によると、言いかえればネトウヨと呼ばれた集団は、自民党から広報費を支払われた会社の社員・アルバイトなどで構成されていると考えられます。

NHKが放送したネトウヨの動画

NHKが放送したネトウヨの動画では、沢山の画面がある暗い部屋の中で、常時インターネットの監視が行われている様子が写し出されています。このような状況において、インターネット上で、自民党に批判的な問題があれば、反論を行うなどの行動を取るという事です。

インターネットに精通した事業者にお金を支払って依頼するほかには、自民党独自の『ネットサポーターズクラブ』というものを作って、ネトウヨ育成に努めているという事です。このネットサポーターズクラブには、自民党を支援する10万人ほどの登録者がいて、個人の責任において自民党に有利な書き込みをインターネット上で行うという事です。

専門の業者が書き込みチェック

選挙の時になると、専門の業者が『候補者に対する全ての書き込みをチェック』しているという事です。具体的には、巨大掲示板の2chであったり、ツィッターなどにおいて、候補者に対する書き込みなどのチェックして、必要があれば、削除要請であったり、反論を行っているものとみられています。

自民党を支援する『ネットサポーターズ』に登録したボランティア会員は、野党の候補者であったり、野党支持者などを徹底批判する事で、インターネット上で自民党の影響力を高める事に尽力してくれるのだそうです。

カテゴリ: 

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止