女性は、28歳ぐらいまで、恋愛市場において『圧倒的有利』な状況で恋愛する事ができます。普通の女性であったとしても、28歳ぐらいまでであれば、そこそこの男と付き合えます。そこが29歳になるとちょっと厳しくなって、30歳になると普通の女性はあまり相手にされなくなります。31歳になった時点で、結婚時点として見てくれる同年代の男性が一気に減少すると考えられています。

結婚と言えば、『年収』を気にする人が多いのですけど、『年収』を求める女性は、資産についての学習が足りないのではないかなと思ったりします。今の年収が500万円だったとしても、それが将来的に上がる見込みがあるかどうかの問題だと思うんです。リストラなんて当たり前の時代になるのだから、リストラされたら年収なんて大きく下がってしまいます。

はあちゅうさんは、自分自身がどのように生きているかをインターネット上で公開しており、それをネタにしてインターネットで大ブレイクしている女性です。今をトキメク女性なんですけど、彼氏がいない。その理由が情報公開のリスクなんじゃないかなと思わなくも無い訳です。

人というものは、誰もが楽しく生きたいと思っているに違いありません。悪い情報なんて誰も聞きたくないんです。人間は、楽観的に生きる為に悪い情報を無視して、良い情報だけを聞きかじるという性質を持っています。それはそれでいいんですけど、客観的な判断ができなくなったり、感情的な判断になってしまうという事が良くあります。

政治家は、夢を語らないと当選できないのですが、現実を直視することができない(もしくはデーターを読むことができない)民衆にとってみると、甘い言葉に騙されやすいという性質があります。

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止