インチョン国際空港は、プライオリティパスのラウンジで楽しむ!

  • 23 May 2017
  • WEB情報屋

インチョン国際空港は、ラウンジで言えば世界最強であると言えるでしょう。特に楽天ゴールドカード(楽天プレミアムカード)に付帯して使えるプライオリティパスで入れるアシアナビジネスラウンジは、世界最強のレベルです。マッサージチェアあり、シャワーがあり、パソコンルームがあり、食事ができます。

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカード

1万円の会費でプライオリティ・パスが付帯してくるという世界最強のコスパを誇るカードで人気があります。使用する航空会社、利用するクラスに関係なく、プライオリティパスを提示するだけで空港のラウンジを利用しまくれます。海外旅行が更に楽しめる事は間違いありません。

ラウンジで楽しむインチョン国際空港

インチョン国際空港は、多くのラウンジを備えているので、一般的に夜を過ごさないトランジットで困る事はありません。空港のラウンジは、多くの人で賑わっていて、インチョン国際空港もラウンジを強化して収益を見込んでいる事が分かります。

空港ラウンジを使う方法は、基本的にプライオリティ・パスを使います。プライオリティパスは、楽天ゴールドカード(楽天プレミアムカード)に年会費1万円を支払う事で誰でもゲットする事ができて、世界中のラウンジが使い放題になります。乗り継ぎ(トランジット)を利用すると、1回の旅行でラウンジを利用できる回数が増えるので、さらにラウンジを使い倒すことができます。

インチョン国際空港のラウンジ

インチョン国際空港で利用するラウンジは、主に3つのラウンジがあります。それぞれ特徴があって、使い分けが必要になります。先ず、最も広くて設備が充実しているのが『アシアナビジネスラウンジ』である事は間違いありません。アシアナ航空が運営していて、朝5時から24時まで運営されています。

朝食を食べる食事専用としてオススメなのがMatinaラウンジです。食事内容が充実していて、デザートまであります。そして、全体的に評価が高いSkyHubラウンジは、食事、休憩のどちらにも使う事ができます。長時間滞在であれば、アシアナビジネスラウンジで間違いありません。

・SkyHubラウンジ
・Matinaラウンジ
・アシアナビジネスクラスラウンジ

乗り換え利用で年会費を回収

楽天ゴールドカード(楽天プレミアムカード)は、年会費が1万円しますが、それ以上に世界中の空港ラウンジを利用しまくれるプライオリティ・パスの強さは半端じゃないです。特に乗り換え便を利用する時には、プライオリティ・パスがあるだけで、ラウンジの時間を優雅に楽しく過ごすことができるのです。

プライオリティ・パスがないと、空港で18時間という待合時間を過ごすことは非常に難しいですが、プライオリティ・パスがあるだけで空港の待ち時間が長時間に及んでも、全く苦痛でないばかりか、楽しく待合時間を過ごすことができるようになるのです。

トランジットで寝る場所がない

インチョンのトランジットでは、最も夜遅くまで営業しているアシアナビジネスラウンジが24時に閉まってしまうので、それ以降に過ごすところがありません。トランジットホテルは、8000円以上と高くて5時間ほどの休憩で宿泊するのはあまりにもったいないですし、だからと言ってわざわざ韓国に入国してサウナに行って出国するとなると、時間ロスばかりではなくて、自動チェックイン機が動いてないと出国できなくなってしまいます。

HUBラウンジの近くに休憩スペースがありますが、ここは常に誰かに占拠されているので、競争率が激しくて良い場所を取るのは至難の業と言えます。北京空港のラウンジが24時間営業であるのに対して、インチョン空港のラウンジは、24時-5時までの運営を行わない事で韓国に入国させようとしているようです。

カテゴリ: 

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止