仮想通貨こそが人工知能の正体になろうとしている事実!仮想通貨が銀行の事務員を退職に追い込む


アドセンス広告
  • 29 November 2017
  • のぶやん

仮想通貨は、実態のない物と思われがちだが、それを発掘するには投資が必要になります。仮想通貨全体の時価総額は20兆円にも達しており、時価総額10兆円を超えたとされるビットコインは、今のところ仮想通貨の半分を占めています。ビットコインの採掘の難易度が極めて高くなり、大型投資がなければ極めて困難な状況になっています。仮想通貨は、コインチェックなどの取引所で購入する事もできます。

仮想通貨のポイントは、発掘という形でトランズアクションのお手伝いをする人がいて成立しているところです。そこには、コンピュータと半導体の確かな需要が存在しています。そして、このコンピューター需要こそが人々の雇用を奪っていく可能性がでてきています。

コンピューターの頭脳CPU

ビットコインなど仮想通貨の発掘で主に使われるのは、CPU(中央演算処理装置)と呼ばれるものです。今では、ビットコインの採掘には、CPUでは不十分で、もっと高機能のGPUやらASICなどが使われるようになっています。ASICをAmazonなどで販売されているUSBのものを個人で手に入れる事も可能ですが、実際に利益を出すのは難しいようです。

ビットコインでないマイナー仮想通貨と呼ばれるものであれば、CPUでも十分に発掘可能です。時価総額10位に入っているような仮想通貨であっても、格安VPSで発掘可能であり、多くの人がVPSで発掘に参加しています。多くのソフトの初期設定では、CPU100%利用し続けるので、VPSによって停止措置を食らったりするという話もありますが、最近のVPSサーバーは、発掘されるのを見越して設計されている可能性があり、あまり停止された話は聞かなくなりました。さくらレンタルサーバーのVPSでさえ、発掘自体は許可しています。

世界中の採掘者がいる中で、1秒でも早く取引台帳の演算に成功して報酬を得ないといけないので、個人であれば『プールマイニング』と呼ばれる皆で掘るという手法が取られています。1人でソロマイニングしても、いつまでたっても成果が得られないからです。

安い電力の国が有利

仮想通貨の発掘を行う為には、『電力が安い事』が条件になっています。電力を抑える事は、仮想通貨の発掘コストを抑える事に欠かせない要素になっています。コンピューターを動かすと発熱するので冷却装置が必要になり、そこに電力を使わないように『寒冷地』にサーバーが作られる事も多くなっています。さくらレンタルサーバーも石狩にデータセンターを開設しました。

日本のように電気料金が高い国では、懸命に発掘を行っても電気料金を支払うと赤字になってしまいます。そこで、電気代が安いインドネシアであったり、資源が豊富で寒冷で電気料金も安いロシアなどでは、小規模な発掘主体であっても、仮想通貨の発掘で利益が出るとされています。

電気代が高い日本で掘るとなると、半分が電気代になってしまうので、仮想通貨が暴落すると初期投資を回収できなくなってしまう可能性があります。実際、こちらの記事で発掘を行っているプロのマイラーは、35万円の利益を得るのに30万円の電気代を使っており、日本で採掘する事のリスクの高さが分かります。

銀行員が失業する時代

アマゾンの登場によって、実態店舗が厳しい状況に追い込まれたのと同じ事は、仮想通貨の登場で銀行が危機に立たされる可能性を示唆しています。それまで証券会社が行ってきた株式の上場サポートであったり、銀行が行ってきた通貨の交換業務は、全て仮想通貨のトランズアクションに置き換わる可能性が出てきているのです。世界中のコンピューターが参加した『発掘』によって、銀行が伝統的に行ってきたトランズアクションは、非常に低コストなものになろうとしています。

日本でも、この流れを受けて大手銀行が銀行員を数千人単位で削減する発表を行っています。従来、銀行で大切にされてきた慎重で複雑な事務手続きなどは、多額のコストを要しており、そのコストが仮想通貨によって小さなものになろうとしてるからです。

仮想通貨の特色が面白い

各国が定める法定通貨に国の信用度合が反映されているように、仮想通貨にそれぞれの仮想通貨の特徴があります。ビットコインは、仮想通貨の時価総額で50%を占めていて、実際に家電量販店で買い物が出来たり、航空機の搭乗券を買えたりできるようになっています。また、リップルのように金融機関との親和性を強める仮想通貨もあります。Zcashのように匿名性が高いとされる仮想通貨もあります。

いずれにしても、仮想通貨の特徴に合わせた需要が存在しており、時価総額が上位の仮想通貨は、既にかなりのやり取りが行われるようになってきています。日本人であれば、日本発(2ch発?)という仮想通貨である『モナコイン』を採掘してみるのも面白いかもしれません。日本発なので、日本語の情報量が多い仮想通貨となっています。

自称ニートPhaさんも大儲け

自称ニートPhaさんもValuで貰ったビットコインが110万円以上に化けているそうです。ニートだったら、売却して利益がでても、税金がほとんどかからないのかもしれません。

 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事