奴隷不足に悩む企業が急増!コンビニのアルバイトが足りない


アドセンス広告

  • 20 March 2018
  • のぶやん

コンビニのアルバイトは、日本人が誰も働きたがらないので、片言の日本語しか出来ない外国人が就業する事が増えています。松屋、すき屋などの牛丼チェーン店においても、外国人のアルバイトが増加しています。

アルバイトで豊かになれない

アルバイトの多くが最低賃金ギリギリのお金しか貰う事ができないので、いくら頑張っても豊かになれない貧困状態で働く事になります。さらに、アルバイトは『誰でもできる仕事』なので、何も学ぶところがありません。

高度化されていく社会の中で、底辺でアルバイトを行っていると、ますます貧困になっていくという負のスパイラルに陥ってしまう事になります。抜け出そうとしても、抜け出すことはほとんど不可能な状況で、一生涯のアルバイトをしている人も少なくない状況です。

アメリカに起こるアルバイト不足

アメリカにおいても、マクドナルドの働き手が不足している事が話題になっています。マクドナルドで働く事は、誰でもできる仕事しか出来ないという証明であり、社会の最底辺層であるとされています。その社会の底辺層のマクドナルドで働く人が不足しています。

マクドナルドで働いても人生が豊かにならない事は誰の目にも明らかであり、誰も望んでマクドナルドで働きたいと思う人はいないでしょう。他の就職先が見つからないので、仕方なくマクドナルドでアルバイトしている人がほとんどです。

ハンバーガーを食する男性

低賃金でサービス競争時代

日本のあらゆる場所にコンビニが出店された今日では、もう新しくコンビニ出店できる場所がほとんどなくなってきています。その中で、コンビニが『サービス競争時代』に突入しています。

作業量が非常に多いにも関わらず、賃金が低くて将来も不安定なので、コンビニで望んで働きたがる人はほとんどいません。暇な時間を持て余している近所の主婦などがアルバイトをしている事が多いですが、外国人が就業する例も増えてきました。

格差社会における奴隷階級

アメリカで80年代に海外に工場が移転して、日本で90年代に海外に工場が移転しました。そこでブルーカラーが仕事を失って、いわゆる『奴隷階級』に転落していきました。まともな職業に就けないので、マクドナルドでアルバイトをするハメになっています。

カテゴリ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事