シャッターストックは、身分証が不要になった代わりに知的財産権が非常に厳しい状況


アドセンス広告

  • 19 November 2019
  • のぶやん

Shutter Stockに登録する時には、身分証が不要で簡単登録で写真のアップロードできるようになりました。そもそも、何で身分証が必要かと言えば、写真の知的財産権を争った時に必要になるんですよね。Shutter Stockでは、身分証の提出をを必要無くす代わりとして、知的財産権に非常に厳しい状況にしたのです。

いくら身分証を提出させても、知的財産権の裁判が行われたら、海外にいる人を呼び出すわけにも、簡単に請求された損害賠償金を払わせるわけにもいかないでしょう。全てShutter Stockの側が負担すると考えられるので、それならば最初から身分証を明らかにするより、アップロードされる写真の方を評価しようという発想になるわけですね。

知的財産権が異常に厳しい

観光名所を撮影しているだけなのに、知的財産権でNGを出される事が多いです。絶対に何も言われないようなものであっても、NGを出されると写真を掲載できません。

Pixtaも身分証明書を提出させるようになったのは、裁判に備えているからなんですけど、Pixtaの場合にはユーザーの大半が日本人なので、知的所有権の問題が争いになったとしても解決方法が提示しやすいということで、それだけ緩い状況になっています。

良い写真だと採用される

知的財産権が厳しいと言っても、Shutter Stockでは、「この写真はいけるだろう」という凄く良く撮れている写真であれば、知的財産権にもそれほど細かく言ってこないのです。Shutter Stockは、良い写真については、知的財産権の審査も甘くしています。

翻訳で問題になるシャッターストック

Shutter Stockは、翻訳が非常に問題になります。例えば、「出口」と非常に小さく書かれたものを「翻訳してタイトルに入れて下さい」というのは、いくら何でも全く意味がない注文です。複数の漢字が入っていると、もう提出出来ない状況になってしまいます。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事