ネットで情報収集はしたいけど、投稿はしない?ナゼそんな都合が良いことになるのか?


アドセンス広告

  • 21 April 2021
  • のぶやん

最近では、インターネットを情報収集ツールとして捉える人は増えてきていますが、自分では全く投稿しない人も増えています。

自分に都合の良い情報が欲しい

良い情報が無料で手に入るはずもなく、自分が投稿しないのに「良い情報だけ手に入れたい」というのは、都合が良い話になります。実際には、多くの人が良い話を投稿したいけど、そのメリットが見出せない状態で「投稿しない」という選択をしているのです。個人の投稿は、インスタなどで大量にオンラインに流れたはずですが、その半分以上がクローズのものです。

都合が良く立ち回るのに慣れる

自分では都合よく立ち回っている気がしても、結局のところ情報を出さない人の所に情報は集まってきません。

投稿することにメリットがない

自分が誰かに情報を与えてもメリットがないと感じることが多いと、自分が与えることを最小限にしようという意図が働いてしまいます。いつもはダラダラしてるけど、自分がタイプの「いい女がいたら本気出す!」というタイプは、いい女に見向きもされないということが起こってしまいます。

カテゴリ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事