40代でリストラされても生き抜くことができる人生設計


アドセンス広告

  • 17 September 2021
  • のぶやん

40代で500万円ぐらいの貯金であれば、今までどおりの生活を続けていたのでは、1年~2年ぐらいでお金を使い切ってしまうでしょう。家族がいたなら、もっと早く使い切ってしまう可能性があります。もはや、お金がない状況では自由はないというような危機的な状況になりかねません。

リストラに備えておくこと

いつリストラされてもいいよに、「その日」の覚悟を持っておくことが必要です。そして、5年~10年の準備をコツコツと行っていくことが必要になっていくのです。40代で給与の高い職業を探すのは難しいとされているので、自分が得意とする専門分野に特化して、能力を伸ばしておくのが良いでしょう。

他人と別の行き方を模索する

40代になる前に「他の人と違った生き方を模索」しておた方が、人生が豊かになる可能性があります。40代になってリストラされて「再就職が危機的な状況にある」場合には、再就職しなければいいのです。そういう選択肢が取れるようになっておけばいいということになります。40代になるまで、生き方を鍛え続けておけば、40代になってから再就職しない生き方も模索できるようになります。

30代から生活防衛術を考える

40代でリストラされてもいき抜けるのは、30代できちんと「生活防衛術」を考えていた人たちだけです。生活防衛をきちんと考えて置けない人は、40代でリストラされると悲惨なことになってしまいます。普通のサラリーマンをやっていたのでは、40代のリストラに耐えることはできないでしょう。

家賃負担を下げること

労働しないために、最良の策と言えば、「家賃を大幅に下げること」です。家賃さえ下げることができれば、あとは食費が何とかなれば生きていくことができます。地方に引っ越して家賃を大幅に下げるなど、家賃負担を軽くすることができれば、出費を大幅に抑えることができるようになります。

カテゴリ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事