高級ホテルの接客の質が大幅に下がっている理由


アドセンス広告
  • 14 May 2022
  • のぶやん
高級ホテルの接客の質が大幅に下がっている理由

超高級と言われる都内のホテルなどは、接客の質が大幅に低下してきています。その理由は、設備に金がかかりすぎて、人件費に充てる金を削り続けているからです。まともに頑張る人材は次々と退職して、転職できないような人材だけが残る状況になってしまう現実があります。

ビジネスホテルの質が向上

高級ホテルの満足度が低下する背景には、ビジネスホテルの質が大幅に向上してきていることも影響しています。ビジネスホテルの質が大幅に向上すると、高級ホテルが差別化することが難しくなってしまいます。高級ホテルは、設備にお金がかかるので、人件費を削減するために学生アルバイトなどを使うようになっていて、質が低下してきています。

設備とサービスが不釣合い

高級ホテルは、どこも設備が最高の設備を取り揃えていますが、そこで働く社員の収入が低いこともあって、そのサービスを維持できないようになっているのです。かつて、お台場にある「ホテル日航東京」に宿泊した時に感じた大きな違和感は、最高の設備に対しての最低の接客でした。最近では、どの高級ホテルに宿泊しても、そのような傾向が強くなっています。

高級ホテルのレストランがヤバい

高級ホテルのレストランは、いかに高級ホテルと言えども、誰もやりたがらないサービスになっています。

働かないという選択を取ること

給料が安くても働く人がいれば、会社側も賃金を見直すことはないでしょう。自分自身に選択肢を持たせて、「給料が安ければ働かない」という選択をできるようにしておくことが大切です。会社の側は、働き手がいなくなると困るので、時給を上げて募集を行おうとするでしょう。そこで時給があがった時に応募すればいいわけです。

世間に無知だと損をする構図

世間に無知で「他の選択肢が取れない状況」になると、損をしてしまいます。企業側は、他の選択肢が取れない社員の足元をみて、こき使おうとするからです。会社ときちんと交渉したり、自分と会社の関係性をきちんと考えることが必要になります。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事