AKB48秋元康が安倍晋三と癒着していた事実について。

  • 7 September 2016
  • WEB情報屋

オタクが握手会やらCD券なんかでAKB48に貢いだお金は、秋元康の年収50億円の糧になっているんでしょうね。AKB48メンバーの年収は、頂点で最も人気と言われた大島優子・前田敦子レベルで2000万円程度だというから、AKB48が稼いだ金の大半は、メンバーではなくてどこかに消えているという事になる。

安倍晋三と癒着するAKB48秋元康

秋元康が安倍晋三と癒着している事実は、少しずつ国民に知れ渡る事になりました。安倍晋三は、AKB48秋元康に対してクールジャパンなどの税金をプレゼントする見返りとして、AKB48メンバーを用いて自民党を支持すような方向性にオタクたちを仕向けていくような形になっています。

秋元康と言えば、1985年にフジテレビのテレビ番組『夕やけニャンニャン』から誕生した女性アイドルグループのスタッフとしても有名になり、フジテレビの絶頂期を支えた人物でもあります。その為にフジテレビ系と関係が非常に深い安倍晋三とも会食を繰り返すなど、癒着している事が様々な場所で報じられています。80年代、90年代の頃は、フジテレビの視聴率が好調であったので、フジテレビと一緒に日本をリードする所に関わていた事は間違いないでしょう。

1985年頃からおニャン子クラブのメンバーをソロとして次々とデビューさせて、全ての楽曲を作詞・プロでユースした事で、長者番付けにも名前が出てくるようになりました。フジテレビがオタクを『電車男』でドラマ化するなど、サポート役を果たしてオタク文化を浸透させていこうとします。このような経緯からフジテレビとの関係が非常に深くなっており、AKB48総選挙も5年連続でフジテレビから放送されています。

頻繁に取り上げられる秋元康と安倍晋三

週刊誌で取り上げられた安倍晋三と秋元康のスクープ写真です。2人が仲良く首相官邸で写真におさまっています。2005年に秋元康氏がプロデュースしたAKB48は、庶民感覚で『会いに行けるアイドル』を標榜したところで、秋元康が関係しているフジテレビなどを利用してテレビ露出を増やして行く事で、ブレイクしていく事になります。

国民の多くが触れる動画メディアがテレビだけであれば、テレビがトレンドを作り出していく事が出来ました。しかしながら、今では動画メディアの多様化が進んでいて、必ずしもトレンドがテレビから生み出される時代ではなくなりました。むしろ様々な場所から情報を集めた方が面白い情報になるという事を多くの国民が気が付くようになっています。、

 

安倍晋三フジテレビ視聴率低迷の要因はスマホ

安倍晋三の広報プロパガンダ放送局とされるフジテレビの視聴率がガタガタです。その理由としては、視聴者が流したい放送よりも、自分たちが流したい情報を流しているからです。例えば、笑っていいとも!のテレフォンショッキングは、芸能人たちの『宣伝の場』となっていました。視聴者からしてみると、最新の情報は欲しいけど、押し付けられた情報はいらないと思ているので、この宣伝コーナーは不評になっていき、笑っていいとも!視聴率低迷の要因ともなりました。

芸能人・タレントの情報と言うのは、既にテレビの楽屋風の会話から得るものではなくて、スマートフォンを使って、アメーバブログとインスタグラムから得る時代になっているのです。スマートフォンから情報を得ている時代には、アメーバブログで見たような内容であったり、宣伝の内容を話されても、面白くないと思うのです。インスタの写真を出したり、アメブロの話題を振ったりするなど、インターネットと絡めたような番組の方が共感が得られるようになるでしょう。

秋元康は、何故か2020年東京五輪組織委員会に就任しています。

安倍晋三が出演したミヤネ屋も、やはりインベントでインタビューするのがAKB48プロデューサーの秋元康であるから分かりやすい。プロデューサーと言えど、おにゃんことAKB48のブレイクによって、毎年のように年収50億円を稼いでいたというのだから、その資産と言えば、既に数百億円はあるものと思われます。

フジテレビに関して言えば、情報をオープンにしないで、自分たちの閉じられた社会で面白くできるはずもなく、テレビ利権と化したスタイルを改めない限りは、視聴率が上昇する事もないでしょう。

カテゴリ: 

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止