コンサルティングの時代!大事になるHow to

  • 22 March 2015
  • WEB情報屋

多くの人は出会い系サイトで誰かと出会いたいという場合には、結婚相談所を利用するなどするでしょう。【婚活ジャパン】 のように40万人以上の出会いプロデュース実績!があるサイトを利用すれば、確かにそれなりの出会いがある事に間違いはありません。

収益を生み出す「モデル」の重要性

金融の営業は、コンサルティング業務に変化していきているのと同じで、結局の所は、「どうやってやるか」という方法論が大事に鳴ってきます。アップルだって、アイディアの部分を作っているけど、製品を作る部分だけプロにお任せしているわけです。少数の精鋭たちがマーケティングなどを行って、次回の製品の決定を行っていく訳です。開発・改善という仕事が一番上流にきて、製品の製造が下流にくるという「スマイルカーブ」と言われるものなんですけど、そういったものがサービス業と言われるIT業界でも普通になってきました。

例えば、あるウェブサイトを作って、マーケティングして、記事を作成してアクセスを集めるとします。そうすると、どのようにアクセスを集めてくるかという部分が非常に重要になるのです。何と言ってもアクセスが集まらないサービスというものは継続する事ができませんから、アクセスをとにかくどっかから引っ張ってくる必要性が出てくる訳です。アクセスを集める為のサイトを量産したり、記事を生産したりするのは、外部の専門業者にでも任せてしまえばいいのです。要は、その戦略を考える部分でどのように動くかという事が重要になってきます。

新しい分野に進出するとき

何か新しい分野に進出したりする時には、コンサルティングが非常に大きな役割を果たす事になります。多くの会社では、新しい事業というものが必要になっていますが、それをする為には、経営者が未知の分野であったり、社員も新しい分野に精通したりした社員がいないなど、多くの困難な事が予想されます。そこで、様々な情報・専門スキルを保有しているコンサルティングに企業の内部に入って貰う事によって、新しい分野の開拓を試みようという場合があります。

新卒採用を採用を行ったり、企業内部でリストラを行ったり、人事評価・新しい社員評価システムを決める場合にも、外部のコンサルティング業者を入れる事が良くあります。半分ぐらいの場合は、企業内部をごちゃごちゃにかき回すだけで、良い結果を生み出す訳ではありません。コンサルティング業者は、企業を横断しているという意味で、他社の事例などを良く知っていますが、クライアント企業の内部事情を良く知らず(外部コンサルタントの弱み)に他社と似たような提案をした結果として、企業が余計に傾くという事も良くあります。例えば、外資系企業の真似をした給与の評価システムが日本の会社でうまくいかなかったようにです。

コンサルタントの役割

経営者の役割というのは、何か事業をやりたいと表明して、それに社員を盛り上げて先頭に立つ事ですが、経営者が全ての方法を熟知しているとは限りません。そこでコンサルタントを入れて、実際に事業をする時の手順を指南して貰うという事があります。軍師の役割なわけですけど、社内に執行役員を置いて経営者の考える方向性を実現していくのと似ています。執行役員は実際に業務を行うのに対して、コンサルティングは、方法を示して実際に実務を行うのは社内の人間という違いがあるという事です。

大きな会社になると、社外取締役、相談役などがコンサルタントの役割を果たす事が多いです。外部から優秀な経営者などに社外取締役になって貰う事によって、様々な相乗効果が得られるからです。しかしながら、中小企業であれば、そのように優秀な社外取締役を抱えておくよりも、必要になった時に専門のコンサルタントに頼んだ方がパフォーマンスが良くなる事も多いです。

コンサルタントに対する勘違い

コンサルタントを雇っている企業の中には、かなり勘違いしているアホ経営者・アホ社員というのも一部に存在しています。たまにあるのが、「コンサルタントとして雇ったのだから、後は全部やっておいてね」というものです。そこには、事業者としての主体性というものが感じられず、自分たちで何とかして稼ごうという姿勢が感じられません。こういう企業では、コンサルタントを付けたとしても、まともに話も聞いていないので、いつまでたっても業績を改善することはできません。コンサルタントは、その会社の経営者ではないので、事業の主体となる人はあくまで事業者です。それを野党側が間違えてはいけないでしょう。

コンサルタントから手順だけを教えて貰って、すぐに稼げるようになると考えるのであれば、それは大きな間違えです。コンサルタントの手順に従ってやって、更に企業側が一生懸命に努力を行ってはじめて稼げるようになるのです。その情熱が持てなければ、どのような事業をやったとしても明らかに失敗するでしょう。今まで成功してこなかった企業、もしくは伸びなかった企業と言うのは、そういった情熱を持てず、単に短期目線で金を稼ごうとしてきたという事なのだと思います。コンサルタントを付ける意味はほとんどないので、やめておきましょう。

コンサルタントは成功まで誘導しますが、事業を本当に成功するかどうかは、事業者のやる気次第です。

成長力がある人と付き合うべき

友達でもビジネスパートナーでも、クライアントでもそうなんだけど、何らかのお付き合いを持つのであれば、「これから伸びる可能性がある人」と一緒にビジネスをすべきでしょう。ビジネスの世界は厳しいので、何年も成長しないようなところで一緒に頑張ったとしても、全く進歩する事がありません。大切だと思うのは、日々の成長を重ねて、社会の競争の中で勝ち残る事であり、その為には成長力がある人と付き合っていく事が必要になると感じています。

成長をする為には、我慢する期間が必要で、そういった我慢する期間が嫌で多くの人は新規事業を諦めてしまったり、成長できなかったりします。成長力がある人どうしで付き合うという事は、この「我慢するということ」を一緒に取り組むパートナーがいるという事になるので、非常に心強い事です。

成長力がある人の多くは「若者」なんですけど、その若者の多くが自分の部下レベルだと思い込んでる頭がガチガチの中高年の人も多いです。年齢に関係なく対等に話を聞くべきなのです。

カテゴリ: 

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止