トレード

言語: 

個人トレーダ―は、もう勝てません!AIに駆逐される個人トレーダ―たち

  • 7 December 2017
  • のぶやん

97年の外国為替法改正で、誰でも自由に為替取引が可能になり、98年4月から個人でも為替取引ができるようになりました。その後に1999年になると株式手数料も自由化によって、株式手数料が過去の7分の1に低下して、取引が活発化されました。2000年代からは、インターネットトレードが個人でも活発に行われて、株取引で頭角を現し手有名になる個人トレーダ―も現れました。

最近では、2000年代に活躍したような手動で活躍する凄腕トレーダーのような人たちは、ほとんど聞かれなくなりました。デートレードの手法が発達してきたことで、簡単には勝てなくなってきたからです。

手動の短期売買が難しい

現在では、手動で高レバレッジの短期売買をする事が極めて難しくなってきています。最近では、多くのトレーダーがシステムトレードを使うようになってきており、システムトレードも初期のころよりも複雑化するようになってきています。

人間というのは、画面に張り付いてトレードを行うと集中力が低下して判断力が鈍ったり、間違いを起こしたりすることも良くあります。最初に作ったシステムでトレードすることで、そのような人間が介在する余地をなくすことができます。売買のルールを設定して、過去のデータなどで検証を行ってトレードのシグナルを出すのがシステムトレードです。

カテゴリ: 

関連記事