NAVERまとめは「奨励者」にならないクズは止めるべきか

  • 17 June 2013
  • WEB情報屋

NAVERまとめで稼いでいる人のブログやサイトを見ると、ほとんどの人が1-10万円ぐらいの収益のようです。注目まとめにかなり入ってくると、5万円ぐらい稼げて、大きく入ってくると10万円ぐらい稼いでいる人もいるようです。いずれにしても、稼ぎ続けるには、更新頻度がある程度は必要になるので、それなりに時間をかける事が必要でしょう。

奨励者にならない「キュレーター」は嫌われ者

NAVERまとめをやっている人のTwitterなどをたまに見ているのですが、似たような「まとめ」を作っていても、奨励者になっている人となっていない人がいるようです。奨励者になるかならないかというのは、基準が特に公表されておらず、運営側の「サジ加減」で決められているので、奨励者にならない人は嫌われたと思って、ブログで稼ぐ方法でも模索した方が良いかもしれませんね。

注目まとめに掲載されるまとめ、掲載されないまとめに関する基準も良くわからないところですが、奨励者になるアカウント、ならないアカウントも良く分からないところです。コピーだらけのアカウントが奨励者になったかと思えば、コピーなく独自性を追及したアカウントが奨励者にならなかったりと、完全にランダム判定のようなところがあるのでしょう。

ほとんど同じコンテンツを生産したとして、運営側がランダムで選んだ奨励者は1.0、更新し続けるクズは、0.2という差がどこから生まれるかは、永遠の謎という訳です。NAVERまとめの運営側が良いキュレーターを見抜ける?見抜けない?という問題よりも、もしかしたら広告の単価であったり、別の要素で奨励者を決めている可能性があると疑いを持ちますが、一切公表しないと決めているので、この辺もわかりません。言い換えれば、「お前が嫌なら、NAVERまとめを使うんじゃないよ」というメッセージと受け取りましょう。

奨励者にならないと稼げない

注目まとめにいくら掲載されたところで、奨励者にならないと、単価が0.2なのでそれほど大きく稼ぐのは難しいでしょう。数万円稼げれば良いと思う人であれば、それで頑張り続けるのもありでしょうけど、大きく稼ぎたいと思うのであれば、それこそNAVERまとめ以外の道も考えても良いでしょう。

奨励者になる為に3ヶ月間頑張った主婦であったり、学生などを見ても、奨励者にならない人の多くは更新を停止しています。奨励者のシステムは3ヶ月間という期間限定にはされていますが、奨励者にならない限りはNAVERまとめを続ける事は無意味と考えて良いのかもしれません。

奨励者を餌にしてキュレーターを騙す?

3ヶ月間頑張れば、あなたも奨励者になれるかもしれませんよ!そういう甘い文句に騙されて3ヶ月間頑張って、1年ほど頑張って奨励者にならないアカウントの方と良く連絡を取っているのですが、やっぱり運営側の意図が不明です。私ならば、この人を真っ先に奨励していきたいと思うような人なんですけどね。

3ヶ月間頑張れば奨励者になれるかもしれないという餌にして、いろいろ活動を頑張らせるのが目的なのか?キューレーターにプレッシャーをかけて、へんなまとめを作らせない目的なのか、その意図ははっきりしませんが、「真面目で稼げない」知り合いを見ていると、悲しい思いがしますね。NAVERまとめを勧めたのが私だっただけに。

NAVERまとめコンテストより奨励者

NAVERまとめのコンテストは、入選しても僅か3万円で、奇跡的に優秀賞に選ばれたところで10万円しか貰えません。奨励者になって注目まとめに掲載されるようになれば、月額20万円以上は「簡単に」稼げる可能性があるので、あっという間にコンテストの入選を超える金額を稼ぐ事ができます。半年に1回ぐらいの頻度で開催されるコンテストなどを目指すよりは、奨励者を目指した方が良いと考える人もいるでしょう。

そもそも「コンテンツの質」というものがどういったものなのかは、はっきりした定義があるわけではありません。注目まとめに掲載されるまとめが「良いまとめ」と言われているのか、それとも第1回のコンテストで入選するような「オフラインの編集者が好む」まとめが良いのか、それともTwitterで拡散される大衆の人気まとめが良いのかというところは、良く分かっていません。
 

カテゴリ: 

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止