家入一真さんは、22歳の時にpaperboy&co.を創業して、ジャスダックに史上最年少で上場した男は、上場で株式を売り払って手にしたお金、十数億円を僅か2年で使い果たしてお金がない身となりました。

お金がない身になってからは、家入さんは、お金のない中でどのように生きるかという方向にシフトして本を出版するなどの活動を行っています。

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止