LINEを使う人が減少?LINEの返信が面倒すぎて未読が急増中


アドセンス広告

  • 25 December 2017
  • のぶやん

LINEは、メールに比べると通知が来るので友達と気軽に連絡が取れる手段として日本人に広く活用されています。しかし、友達と気軽に連絡が取れる半面で、リアル友達と『常に繋がっている煩わしさ』もあります。LINEに既読機能があるので、未読にして放置しておくと、未読のものが沢山になってストレスにもなってきます。

そして多くの人が『未読スルー:』を使うようになった事で、今では『未読スルー』も普通に当たり前になりました。特にグループ機能は、大量の情報が飛び交うと不必要な情報が多くなるので、読まなくなると放置しておく場合が増える傾向があります。

インスタグラムのDM

インスタグラムのDMの良さは、フォローしてなくてもメッセージがやり取りできる点にあります。LINEの場合には、わざわざIDを聞いて本人特定が必要ですが、インスタグラムでは何となく友達を辿っていくと、知り合いの所にたどり着く事ができます。LINEのガチガチの繋がりに比べると、インスタグラムの繋がりというのは、ゆるいものになっています。

友達というのは、環境によって入れ替わるもので、ずっと同じ友達と連絡を取り合う訳ではありません。5年後とぐらいに友達の入れ替えが起こったりする事が普通で、それでSNSの友達を削除しようかどうか迷う人も多いでしょう。中学、高校、大学、職場と、環境が変化すると、人間の繋がりも変化するので、SNSを変えたいと思う人が多くなります。

SNSアプリの多様化

SNSの同じようなアプリをいくつも使う人が多いので、状況に応じて使い分ける人が増えているのでしょう。人に寄っては、インスタ、Facebookに写真を同時投稿している友達もいます。更にインスタでアカウントを複数作って、オープンなものとクローズなもの、仕事用とプライベート用に分けている人もいます。

ツイッターのアカウントは、自分の本名がバレない匿名性が高いので、友達に教えないで自分の趣味などで知らない人と繋がっている人も多いです。学校などで出会えない友達にツィッターなどを通じて出会いを広げていくという使い方です。また、インスタも、知らない人と繋がって出会いに繋げて結婚したという人もいます。

LINEに広告は無理がある

LINEスタンプを貰って広告主をフォローしていると、広告主から通知がくる事がありますが、かなりネガティブな印象を持つ事になります。メールアドレスに送られてくるスパムと似たような扱いになる訳で、企業イメージが悪くなる可能性すらあります。特に利用頻度が下がったLINEで、広告の通知が来るとイライラする人もいるでしょう。

カテゴリ: 
タグ: 

アドセンス広告

関連記事