フリーランスの個性が大活躍する社会!インターネットに作品を出す事でブランディングできる


アドセンス広告

  • 26 December 2017
  • のぶやん

アルバイトでは、マニュアルどおりの単純作業を任される事が多いので、自分の独自色を出さない事が求められます。

日本の学校教育では、徹底して個性を否定されるような教育を受けさせられてしまって、個性を出す人ほど辛い思いをさせらるような教育がなされてきました。マニュアル化された教科書の暗記は、コンピューター化の発達によって、必ずしも高い所得に結び付く保証がなくなってきました。

自分の個性が必要な時代

今の時代には、『個性がないと稼げない時代』になってきています。日本が経済成長していた頃のように個性を押し殺して会社員をやっているような方法では、世界中に沢山いる労働者と同じ競争になってしまって、大した賃金が得られなくなってしまいます。自分の考え方に沿った生き方をする方が注目されて、お金が稼げる時代になっている訳です。

ユーチューバーなどは、個性で稼ぐ職業であると言われています。個性的であればあるほど面白いと思って貰えて、視聴者が伸びる傾向があります。逆に『底辺ユーチューバー』と呼ばれる人たちは、先に出てきた人たちの真似をしている所が多くて、後から出てきた人で目だって稼げている人は多くありません。

作品を発表する事は容易

自分の作品をインターネット上で発表する事は、以前にも増して容易なことになってきています。インスタグラムで自分の作品をアップロードしたり、自分の注目する事を写真で発表すれば、多くの人の目にとまる事になります。オンラインで個性的な自分を発揮する機会は沢山あるので、特に企業などを通じなくてもオンラインでどんどん情報を発信していく事が大切になってくるでしょう。

フリーランスは、会社員のように拘束されていないので、自由に時間を使って個性的な作品を発表する事ができます。

フリーランスが大活躍する社会

アメリカの働き方が大きく変化を遂げており、2020年に約半数の労働者がフリーランスとして働くとされています。フリーランスとして個人が活躍する背景にあるのは、個人がインターネットを通じて世界中に情報が発信できるようになった社会において、古い従来の企業システムというものが非効率になってきているためです。

テレビ局のように組織化して多くの予算を組んで番組を作るより、ユーチューブのように1人で作って膨大なアクセスを集めた方が費用対効果が高いからです。ユーチューバー1人に1本50万円以上のお金を渡したとしても、テレビ局の制作費用に比べると非常に安価です。

カテゴリ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事