仮想通貨は、もうバブル状態?仮想通貨取引所の口座開設に行列ができてる!

  • 14 January 2018
  • のぶやん

ビットコインの口座開設が相次いでおり、GMOコインの口座開設だけで3週間ほど待つようです。また、海外取引所の最大手バイナンス(Binance)に1日24万人の口座開設の申し込みがあり、この口座開設が続く限りは、仮想通貨の熱狂が続きそうです。

仮想通貨

どんどん増殖する仮想通貨

仮想通貨は、分裂という手法(フォークと呼ばれている)を使って、どんどん増殖しています。ビットコインから分裂したとして、ライトコイン、ダイヤモンドコインなど、様々なコインが生み出されています。特に日本人がどんどん購入しており、アルトコイン(草コイン)と呼ばれる通貨を買いあさっています。

日本人が買いまくる仮想通貨

今では、世界の半分の仮想通貨を日本人が保有しているとされています。今まで、株取引も為替取引もした事がなかった若者たちが、なけなしの10万円で仮想通貨を購入しています。

仮想通貨を活発に行っているのは、日本、ロシア、韓国、米国の順とされていて、2017年10月で日本円が55%、米ドル27%、ウォン10%と続いてユーロは5%にすぎません。


ビットコイン崩壊で日本人が大損?

当初のビットコインは、中国でその大半が発掘されていて、中国人が9割を保有していました。ビットコインに資金流出を嫌がる中国政府がビットコインの取引を禁止して以降は、日本人が主なプレイヤーとして台頭してきました。

多くの日本人がビットコインを高値で掴んでいるので、バブル崩壊すると日本人が大損する事になります。しかし、世界の通貨の信用不安などが起こって、法定通貨が信用不安に見舞われるような事があれば、ビットコインの方が買われる可能性はまだ残されています。

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事