ビットコインは、発行の上限が決まっていて、2100万ビットコインと言われています。 取引を承認した人に新規のビットコインが与えられるので、発掘者が懸命に承認する為に凄い頭脳コンピューターを揃えているというのが現在の状況になっています。当初は沢山発行されるビットコインですが、ビットコインの発行は4年で発行の半減期があって((1/2)^n)減少していきます。

ビットコインは、2000円を送るのに1500円の手数料がかかる事もあると言われています。それでもビットコインが値上がりしていくのは、どうしてでしょうか?それは、今まで2000円を送金するのに2000円の手数料がかかっていたからです。つまり、今までの送金手数料があまりに高すぎて、ビットコインの手数料が少し上がったとしても、ビットコインを使うメリットがまだあるのです。

ビットコインのコインチェックのような仮想通貨の取引所が開設された事によって、誰でも仮想通貨を簡単に売買できるようになりました。仮想通貨を購入する目的は様々で、投資目的でもいいですし、ビットコインを使ってオンラインショッピングを楽しみたいという人もいるでしょう。

仮想通貨の時価総額は、20兆円を突破しており、ビットコインだけで10兆円に達しているという事です。ビットコインは、仮想通貨の中心となっており、ビットコイン以外の通貨は『オルトコイン(代替コイン)』と呼ばれています。

ビットコイン以外の主要なオルトコインは、コインチェック取引所などで気軽に購入する事が出来ます。

ビットコインは、ビットコインの最小単位で1Satoshi、2Satoshiと『さとし』という数え方するみたいです。それは、ビットコインの生みの親がSatoshi Nakamotoという男性で、公表によると37歳で日本人ということから来ているそうです。しかも、中国語のWikipadiaでは、漢字変換されていて、中本聡となっています。

日本でインターネット上では、中本哲史が一般的とされています。開発者が欧米系の人物であったとして、どうして日本人の名前が使われたのかなど、不明な点が多いところが多くの人の興味をひいています。

このブログで何度も「アフィリエイトは儲かりません」と書いていますが、一部の方は儲かっているそうです。とくにイケダハヤト氏は、ご自身のブログで1日10万円ほど稼いでいると書いていて、月額300万~500万も稼いでいるそうです。年収2000万円~3000万円も報酬があるなんて、さすがイケダハヤトさんですね!

サラリーマンの年収を1ヵ月で稼ぐ

イケダハヤト氏によると、月収が確定報酬で300万円ほどになりますので、サラリーマンの年収をわずか1ヵ月で稼ぎ出すということになります。その稼ぎ方は、ビットコインのアフィリエイトを行っているということだそうです。

イケダハヤトが仮想通貨の営業をかけているけど、やってみないで文句を言うのもよろしくない事です。。そこで、QUOINEXで主要の仮想通貨であるビットコインとイーサリアムの仮想通貨を買ってみようかと思い始めています。

2014年に高知に移住したイケダハヤト氏がブログで『仮想通貨が500万円減少した』と報告していました。何故だか『売るどころか買い増ししています』と、買い増しの宣言までしています。

自分のカネが余っているかどうかは、自分の懐事情であって、相場には何も関係ない事です。株やFXでも言える事ではありますが、客観的に相場を見れなくなってしまうと、下落の時にナンピンを入れるなどして、負けが膨らんでしまう傾向があります。

イケダハヤト氏は、東京を出て高知に移住して、インターネットで騒ぐのに熱心な人たちの間で話題になりましたが、最近は仮想通貨・ビットコインの話題ばかりになっています。それだけ、ネタに困ったというか、田舎で他のネタがなくて、仮想通貨・ビットコインに熱中しているという事でしょう。

ビットコインの通貨マイニングは、普通にやったとしても、『既に儲けが少なすぎる』と言われています。今では、自宅のパソコンでマイニング作業をして稼げるのは、1日1円程度のもので、このマイニング速度では、パソコンの代金どころか、電気料金にもならないというのです。もっと、大規模にマイニングする事が求められています。

ビットコイン(英語: Bitcoin)とは、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網及び暗号通貨である。 2016年5月以降、海外のビットコイン事業者が国内登録無く、日本国内の者にビットコイン取引を勧誘することは禁止となっている。



関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止