ビットコイン


アドセンス広告

ビットコイン(英語: Bitcoin)とは、公共トランザクションログを利用しているオープンソースプロトコルに基づくPeer to Peer型の決済網及び暗号通貨である。 2016年5月以降、海外のビットコイン事業者が国内登録無く、日本国内の者にビットコイン取引を勧誘することは禁止となっている。

BitcoinとZclassicがハードフォークでBitcoin Privateが誕生!

  • 28 February 2018
  • のぶやん

2018年2月28日、17:00(UTC) 日本時間3月1日2:00にBitcoinとZclassicがハードフォークでBitcoin Privateが誕生します。

Bitcoin Privateの公式発表によると、今回のハードフォークでは、Bitcoinを保有するユーザーと、Zclassicを保有するユーザーに対して、1:1の割合で配布が行われるという事になっています。

Bitcoin Privateの特徴

Bitcoin Privateは、その名前の通りに匿名性が強い通貨になっています。また、ASIC抗体を持ってGPUでマイニングできるので、GPUを保有すれば誰でもマイニングが行えるようになっています。

ビットコインプライベート

カテゴリ: 

剛力彩芽CMの仮想通貨取引所Zaifにノミ行為疑惑?!

  • 19 February 2018
  • のぶやん

仮想通貨取引所のZaifがとんでもない事になっています。システムエラーで一時的にビットコインを0円で販売した事で、10億ビットコインが売られてしまった事で、ノミ行為を行っていた疑惑があきらかになったのです。これを受けて一部の利用者は、Zaifから退避する騒ぎになっています。

Zaifと言えば、剛力彩芽CMを行っている事で話題になっている仮想通貨取引所の大手です。

剛力彩芽CMのZaif








Zaifの疑惑を報告するユーチューバー

Zaifを使っていてビットコインの時価総額2246兆になった事をユーチューブで報告しています。


カテゴリ: 

仮想通貨が日本で大ブレイク!日本で仮想通貨の保有者が100万人以上!

  • 18 February 2018
  • のぶやん

2017年に仮想通貨が大ブレイクして、ビットコインが日本で大流行しました。日本人の仮想通貨取引者は、100万人とも言われていて、取引所の口座開設に1ヶ月もかかる有様でした。

2018年に仮想通貨市場が大暴落して多くの投資家が損失を出しましたが、仮想通貨の熱は収まりません。

仮想通貨が人気

仮想通貨では、ビットコインを購入したという20歳の仮想通貨女子がテレビで紹介されるなど盛り上がっています。

仮想通貨女子

ビットコイン市場で、世界の取引の半分が円建てで行われていて、『草コイン』と呼ばれるお金にも投資の資金が集まっています。

仮想通貨が人気

カテゴリ: 

コインチェックが入金のみ許可したのは、ビットコイン追証に対応するためだった?

  • 1 February 2018
  • のぶやん

コインチェックが入金のみを許可したのは、ビットコインの証拠金取引をやっていて追証になった人に対して入金を要求しているからだという話がツィートされています。それは、普通に考えるとそうなんでしょう。





カテゴリ: 

SBIグループがビットコインキャッシュ(BCH)の採掘を発表!

  • 30 January 2018
  • のぶやん

SBIグループが2018年3月期の決算で仮想通貨事業の概要を発表(SBI発表のPDF資料)しました。それによると、マイニングを海外で行うとしており、採掘を行う通貨はビットコインキャッシュ(BCH)と発表しています。

SBIグループがBCHを採掘

SBIグループは、SBIバーチャルカランシーという仮想通貨の販売所を整備しており、近いうちに一般の口座を受け付けるとみられています。

SBIがマイニングに乗り出すのは、ビットコインキャッシュ(BCH)
SBIクリプトカランシー戦略


 

Roger Verがビットコインキャッシュ押し

ビットコインを大量に保有しているRoger Ver氏もビットコインキャッシュを押しています。

Roger Ver「Bitcoin Cash is Bitcoin. Bitcoin Core is not.』

カテゴリ: 

日本の年金システムと仮想通貨のPoS方式は、どちらも『ねずみ講』である。仮想通貨を買うならマイニングが伴うPoW方式にすべき理由

  • 29 January 2018
  • のぶやん

日本の年金システムは、若者が収入の中から大金を支払って、それを高齢者に分配するというシステムで成立しています。

このシステムは、完全にねずみ講となっており、若い人が40年以上先に貰える訳もない年金を一生涯に渡って支払い続けるという国家詐欺のような状況になっています。

年金

仮想通貨に熱狂する日本人

今では、仮想通貨が連日のように報道されるようになり、ビットコインを知っている日本人も増えています。
パソコンをする美女

2017年に仮想通貨に熱狂したのは、主に日本人、ロシア人、韓国人などでした。このように仮想通貨に日本人が熱狂する背景には、社会の苦しい状況がある事が見て取れます。

実際、アメリカでも仮想通貨に投資している多くの人がマイノリティであるというデータもあります。現状に満足しているならば、それほどリスクが高い商品に手を出す必要性がないからです。

急増する仮想通貨の時価総額

仮想通貨

仮想通貨の時価総額は、非常に大きなものになっており、ビットコインの21兆円を筆頭として、上位9位までが1兆円となっています。

これほどの時価総額になってくると、価格を上昇させる事がますます難しくなっていきます。機関投資家が仮想通貨を買いに入らないとなかなか値上がりしなくなってくるでしょう。

  仮想通貨名 時価総額
1位
 ビットコイン  21兆1600億円
2位 
イーサリアム 12兆9500億円
3位 
リップル 5兆7900億円
4位 
ビットコインキャッシュ 3兆1400億円
5位 
カルダノ 1兆8200億円
6位
 ステラ 1兆2000億円
7位 
NEO 1兆1400億円
8位 
ライトコイン 1兆1100億円
9位 
EOS 1兆円
10位  NEM  9600億円


仮想通貨PoS方式はねずみ講である

リスク

仮想通貨のPoS方式は、最初にその仮想通貨を保有している人が収入を得続けて通貨を増やし続けるシステムになっています。これはお金で言うと金利に当たる訳ですが、金利が高い通貨ほど価値が低いという事になります。つまり、配当が高い通貨であればあるほどインフレを起こしやすくなり、価値が下落していきます。

PoS方式の価値が下落しない為には、金利を担う為に誰かが買い続けないといけない事になります。誰も買わなくなった時点で価格が暴落して、金利収入を吹き飛ばす事になります。

仮想通貨を買うならPoW方式

仮想通貨のマイニング

仮想通貨を購入するのであれば、マイニングという行為が伴うPoW方式にした方が良いでしょう。ビットコインというのは、このPoW方式であり、発掘の電力が非常に大きい事がその価値となっています。

カテゴリ: 

GMOコインに口座開設するだけでビットコインがタダで貰える!

  • 28 January 2018
  • のぶやん

GMOグループがGMOコインに口座を開設するだけでビットコインを貰えるキャーンペーンをやっています。実際、私も口座開設してビットコインをゲットしました。

ビットコインの最小単位であるSatoshiで20,000Satoshi(時価244円)をタダで貰える事ができます。244円と言っても、将来的にビットコインが値上がりすれば、2000円、5000円になる可能性が十分に期待できます。

GMOコイン

ノーリスクで200Satoshiゲット

GMOコインに口座開設を行うと、ログインした翌日には0.0002BTC(BTCの最小単位Satoshiで20,000Satoshi)の振り込みが行われます。

口座開設だけで、取引を行わなくてもビットコインをゲットできるなんてお得です。

ビットコイン

GMOインターネットグループの【GMOコイン】


カテゴリ: 

世界の仮想通貨の50%を日本人が購入!仮想通貨でぼろ儲け中の日本人たち

  • 15 January 2018
  • のぶやん

ビットコイン発掘の中心は、2013年からずっと中国が牽引してきて、仮想通貨=中国が保有するものでした。2016年頃から中国政府が規制に動いた事で流れが変わって、2017年に日本人が仮想通貨の主要なプレーヤーとなりました。

日本人の仮想通貨に対する目覚めは凄まじくて、既に100万人以上が口座開設を行っており、その数が増え続けています。特にインターネットを得意としている30~40代男性の仮想通貨に対する投資が大きいそうです。

激しい動きが人気の理由

仮想通貨の取引は、ボラティリティ(変動幅)が非常に激しくて、1日20%も動いたりしています。少額の資金を運用して大金にするには、ボラティリティ(変動幅)が大きい方が短期で資金を増やす事ができます。この為に少ないお金でリスクを取れる若者世代にも人気となっています。

韓国では、政府が仮想通貨の規制に乗りだそうとしましたが、韓国の若者たちが猛反発しています。韓国の若者は、ボラティリティが大きい仮想通貨に将来の希望を感じているようです。

日本人が世界に勝負する

日本人は、多くの仮想通貨をかなり買っている状況なので、国際的に仮想通貨が広まっていく事で、先行している日本人が『勝ち組』になることができます。今後、日本企業は仮想通貨を国際的に広げていく事に注力してほしいものです。

仮想通貨が暴落するような事態が起こってしまうと、仮想通貨に投資を行っている日本人が大きな損失を出す事になってしまうので、もっと価格が上がるように米国・欧州から仮想通貨に投資する流れが加速していけばいいですね。

取引所を慎重に選ぶ

仮想通貨を取引する場合には、取引所を慎重に選ぶことが重要になります。日本では、過去にも取引所が破産する事件(マウントゴックス事件)が起こっています。

仮想通貨GMOコインで安全に口座開設する方法』にも書いているとおり、信頼できる上場企業のGMOコインで口座開設を行う事が今の日本で最も安全な取引できる場所であると言えるでしょう。

広がりを見せる仮想通貨

仮想通貨は、三菱東京UFJ銀行が2018年1月に独自のものを採用する事を発表するなど、金融業界において活用が広がりを見せようとしています。日本の電子決済の普及に仮想通貨が役に立ちそうです。

既に国際送金の手数料を引き下げる為に仮想通貨の利用が試験されている段階で、今まで異常な手数料を取っていた国際送金は、国内送金と同じレベルで安価に出来るようになる可能性が指摘されはじめています。

不便すぎた今までの銀行

従来の銀行は、金利が全く付かないにも関わらず、手数料が100円以上もかかる事があります。また、自分の銀行口座にお金を移動するだけで、15時以降になると翌日扱いになる意味不明の『日本ルール』も存在しており、オンラインで買いものをして振り込みを行う時などに非常に不便でした。

海外送金に至っては、3万円を国際送金すれば、4000円以上も手数料が取られる20年前のシステムのままです。このように銀行の古いシステムが非常に非効率で、それが銀行の利用者負担となっていました。

今までの銀行は、高齢者を騙してぼろ儲けしてきましたが、そのビジネスモデルがジワジワと通用しなくなっていくでしょう。


カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事