女性の価値が年齢とともに低下するのは仕方ない。子供を産めなくなるから


アドセンス広告

  • 28 October 2018
  • のぶやん

女性の価値は、30歳ぐらいまでが限界と言われています。頑張って32歳ぐらいまでにパートナーを探しておかないと、それ以降に『まともなパートナー』に出会うのは至難の業になります。

女性に重要になるのは(1)年齢(2)容姿(3)性格(4)知性というようになるでしょう。特に重視されるのは、年齢・容姿であり、25歳ぐらいまでは、良いパートナーに巡り合える最もな機会となります。多くの女性が25歳ぐらいの時に男性に『年収』を求めてきますが、20代男性の平均年収は250万~350万円ぐらいでとても余裕がない状況です。日本では、余裕なくても結婚して、子供を産めるような社会になっていませんので、婚期を逃す女性が急増中です。

女性の価値が年齢とともに低下するのは仕方ない。子供を産めなくなるから

お金がなくても将来有望そうな20代男性がいたら、もう付き合って手放さない方が良いという事になります。お金がないからではなくて、将来有望そうだからという理由で、さっさと結婚した人の方が良い人を捕まえられる可能性が高くなると言えるでしょう。何故なら、女性が30代になると、良い男性は相手にしてくれなくなります。

女性が30歳を過ぎたら、『これ以上良い男性は巡り合わない』と考えて、おおよそ間違いありません。もう早く結婚する事を考えた方が良いでしょう。『次の人に』と思っていると、33歳、35歳になってしまって、相当にレベルを下げないと結婚できなくなります。

男の価値は年収なのか?

年収で図ろうとする女性が多いですが、年収は非常に不安定なもので、10年後が保障されている訳ではありません。今の年収がそこそこでも、リストラで年収が激減したり、逆に年収が急上昇するという事もありえます。20年以上前の日本社会のように「計画的に動ける」という状況ではなくなってきています。

多くの女性が男性の価値を年収だと考えて、年収が高い男性を求める傾向にあります。しかし、現実問題として、20代男性の平均年収は250~350万ほどであり、余裕ある生活とは乖離している事が分かります。日本社会で20代に高年収を求める事は無理がある話であり、20代の男性の収入が低いうちに結婚するのが良いでしょう。もっとも、起業志望などになってくれば、20代に貧困に近い生活で、お金になるのが30代後半~40代になる可能性もあります。

かつて、『プロ野球選手と女子アナ』という組み合わせのカップルが多かったのですが、そういった組み合わせが減っています。その理由としては、プロ野球選手の厳しい現実が知れ渡るようになってきたからです。プロ野球選手は、一般的なお金の知識などがなく、プロ野球を辞めた後が本当に大変な事になるからです。女子アナの側の目が肥えた事によって、プロ野球選手と最終的に結婚する人が減っています。

保有している資産を見る

一般的に人間が保有している資産というのは、年収だけとは限りません。総合的に相手の資産を見るという事が重要になってきます。例えば、家庭の状況であったり、学歴であったり、思考回路、一緒にいて楽しいかなど判断材料になります。『政治的な話をしているかどうか』という事も、将来的に出世するかどうかの見極めに非常に重要です。

今の年収が低かったとしても、将来的に年収が上がる要件として、全体的に総合評価を加えておくことが大切になります。それによって20代のうちから、将来の有望株であるかどうかを見抜くことができます。一般的に、プロ野球選手などのスポーツ選手であれば、20代のうちに何とかならないと、30代からは体も衰えて年収として厳しい状況になります。

男性も女性と共に劣化する

女性が35歳ぐらいまでが限界と言われていますけど、男性の方も劣化しない訳ではありません。男性も女性と同じように肉体的に劣化して、40歳を過ぎた男性を相手にしたいと思う女性は激減します。40歳以上の男性であれば、平均的な収入であれば、相手として選べるのが35歳ぐらいの女性になり、平均を下回る年収であれば、同年代の女性しか選べなくなります。

女性のタイムリミットが35歳ぐらいで、男性のタイムリミットが40歳ぐらいと考えておいて間違いないでしょう。言い換えれば、女性が30歳ぐらいまでにパートナー探しが必修、男性が35歳ぐらいまでにパートナー探しが必修という事になります。それ以上の年齢になると、状況は深刻になります。

最も重要になる女性の30歳-35歳

女性で最も重要になるのが30歳-35歳の間です。この間が人生における『出産の最後のチャンス』とも言えるものであり、35歳を過ぎると、出産チャンスは『本当に厳しい絶望的な状況』になってしまいます。本当にレベルを落とさないと、パートナーを見つけるどころではなくなってしまいます。30歳ー35歳の間に、誰とどんな交流を行ったかというのは、女性にとって人生を決めてしまいます。30代前半で仕事に熱中して・・・なんて事になったらオワコン化です。この期間、子供を産むことが最優先であるのに、その最優先課題を完全に無視してしまったからです。

男性で最も重要になるのが35-40歳の間で、男性にとって『ここが最後の砦』となります。36歳、37歳ぐらいであれば、20代の女性パートナーを見つける事も可能になり、30代の女性パートナーであれば普通に見つけ出す事が可能です。最後のあがきで頑張れば、何とか20代後半の女性に相手にされる年齢と言えるでしょう。

女性が35歳を過ぎたら難しい

女性が35歳を過ぎた女性をパートナーに選ぶのは、ほとんど40歳以上の男性になります、下手をすれば45歳以上の男性という事になってきます。女子アナレベルの美貌が備わっていれば、35歳でも何とか同年代の男性を選べる可能性があります。美貌がなければ、35歳を過ぎたらもうオワコン化です。

女性の場合には、若い時よりも年齢を重ねると目が肥えるようになってきて、女性の男性に対する目線がどんどん厳しくなってきます。30歳を超えて男性に対する要求が厳しくなったとしても、自分の年齢価値は下落しているので、釣り合わないという事が良く起こってきます。

出産限界年齢35-40歳

女性の出産限界年齢は、35歳から40歳ぐらいであるとされています。それ以上の年齢になると、不妊治療をしたとしても、子供を産める可能性が決めて低くなってきます。おおよそ38歳ぐらいを境にして、女性の出産確率が大幅に低下する事が知られています。たとえ妊娠できたとしても、流産・何らかのハンディキャップを持って生まれてくる可能性が極めて高くなります。

35歳を過ぎた女性の出産は『高齢出産』と呼ばれていて、高リスクの部類になります。40歳を過ぎた女性であれば、不妊治療をしても、生まれてくる子供すらリスクがあるとされていて、不妊治療も42歳ぐらいまでとなります。38歳を過ぎると『更年期』と呼ばれるようになり、筋肉量が極端に衰えて、太りやすい体つきになります。特に女性は、男性に比べても筋肉がなくなり、腕が太くなっていきます。

15 votes
+
Vote up!
-
Vote down!
カテゴリ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事