1人で生きていく男女が急増中!生涯未婚率に見て5人に1人が生涯孤独者


アドセンス広告

  • 17 November 2018
  • のぶやん

必ずとは言わないけど、誰にでも『最後のチャンス』ぐらいは来るんだとおもいます。でも、最後のチャンスの時に仕事に忙しとか理由を付けて、プライベートの時間を疎かにしていると、その最後のチャンスの女神さまは、どこかに消えてしまうんだと思います。

例えば、はあちゅう氏が事実婚した事について、夫の職業であったり、事実婚であったりというのは、何も問題ないです。好きな人と一緒になって、人生を2人で過ごせれば、それは幸せへの近道。最も大切なのは、信頼できるパートナーを見つける事で、信頼できるパートナーと一緒に過ごせるかどうかです。

1人で生きていく男女が急増中!生涯未婚率に見て5人に1人が生涯孤独者

仕事なんて投げ出してもパートナーとの愛を深めた方が幸せな人生になれそうな気がしますね。仕事なんて辞めたって、アルバイトで食っていても生活できるけど、パートナーがいない人生は寂しさそのものです。

世の中で特にキャリアウーマンを中心に「忙しくて結婚できない」「忙しくてパートナーがいない」というのは、事実なんだろうと思います。仕事は、辞めて1年ぐらいフラフラ遊んでいても、後から何とでも挽回できますけど、結婚・出産は、タイムリミットで挽回できない場合もある事は、心にとめておいた方がいいでしょう。自分にとってどちらの価値が高いのかということで。

最後のチャンスが30代後半

生涯未婚率は、50代以上と定義されているんですけど、実際に40歳以上になるとパートナーが出来る可能性は激減します。最後のチャンスが30代後半なんです。その30代後半にも、誰にでも1回ぐらいチャンスが来るかもしれないんです。そのチャンスを逃すか、逃さないかで、人生が決まってしまうという事はあると思います。

35歳を過ぎてしまうと、男性、女性ともに、20代の頃のように選ぶことなんて出来ないんです。男性は、特に40歳を超えるとパートナー選びが難しくなるし、女性も35歳をを超えるとパートナー選びが極端に難しくなります。最後のチャンスは、誰にでも来ると思うんですけど、最後のチャンスと分かってないのか、分かっていても何もできないのか知らないけど、逃す人は多いです。

選べる時に頑張ること

男女ともに35歳ぐらいまでが限界です。それまでに、パートナーを何とか選んでおく必要があるんですけど、モテる男女だと、それが出来ないんです。もっと良い人がいるかもしれないとか、自分の事に集中したりして、そのうち35歳すぎて、あっという間に40歳です。40歳になれば、もう収入が高くても20代の女性からは、オッサン扱いになでしょう。女性の場合40歳を超えれば、もう結婚は絶望的です。

男性が低収入でも結婚できる人は沢山いるし、収入がゼロでも結婚する人は結婚します。女性も『あんなブサイク彼氏と結婚したの』とバカにしていた女性が婚期を逃して、ブサイク彼氏と一緒にいた人が幸せそうにしているのを見ると、本人が良ければそれでいいんだなと思ったりもします。

女性が美人で頑張れるのは35歳ぐらいまで。男性がイケメンで頑張れるのは38歳ぐらいまでが限界でしょう。それ以上は、美女もイケメンも単なるオバサン、オジサンとして扱われるだけで、勘違いない方がいいよーと周囲から見られる事は間違いないでしょう。

男性が孤立する50代

50代になると、周囲の男女で結婚してファミリーが増えていくので、男性の孤立化が深まると思います。それでも今の50代だと、若さを感じる時もあるから大丈夫なんでしょうかね。60代になってくると、もう孫がいてもおかしくない「お爺さん」となるので、社会での立場は、一層に厳しいものになりそうです。

カテゴリ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事