何故、戦争法に強く反対する私が日本共産党を『絶対に』支持しないのか

  • 9 March 2016
  • WEB情報屋

私は安保法(戦争法)に強く反対する立場の人間として、様々な場面で日本共産党の議員のお話を聞いてきました。『安倍政権は最悪だ』と言っているのは分かりますし、それは嫌なぐらい聞いてきたのですが、それで『あなたは何がしたいのか?という所がさっぱり聞かれないのです。だから、日本共産党を支持する事はあり得ません。ちなみに、民主党も好きか嫌いか?と言われれば嫌いな方で、好感を持っていないです。無党派なんてそんな人ばかりじゃないでしょうか。

共産党は反対ばかりの政党イメージ

共産党と言えば、は『反対する政党』というイメージがあり、それ以上でもそれ以下でもありません。議員さんの話を聞いても、猛烈に反対する割には、その代替として何がやりたいという提案が抜け落ちているなど滅茶苦茶です。安倍政権が悪い事なんて、そんな事は誰でも知っています。問題は、安倍政権が悪いから、どこをどういう風にしていけば良くなるという事です。

戦争法に反対する!と叫ぶ中で、共産党の経済政策も見えづらくなっていて、何がやりたいのかさっぱり分かりません。消費税を撤廃する具体的なロードマップを描いているとも思えませんし、大学を無償化するという話も聞こえてきません。結局、何やりたいんでしょうかね。自分たちがやりたい事を国民から隠してるんじゃないですか?

日本共産党が経済を良くしてくれるのか

日本共産党は、経済分野に疎い気がします。志位さんは、工学を勉強されていた理系の方ですし、山下さんの専門分野は農業でした。そして小池さんの専門がお医者様なので医者です。こういった理系を並べているところは中国共産党と同じで頭脳派で好感が持てるのですけど、弁護士やらも多くて、経済に詳しい人は誰なんだ?というイメージが湧いてこないのです。

経済分野に詳しい人が党の中核にいないと、ダメな時代だと私は思っているのですが、日本共産党にそれを感じることができません。だから、経済議論が薄くなるのだと思います。それは有権者に見透かされてるんですよ。私は、安保法の廃止の演説ばかり聞き飽きました。もっと、経済・金融分野の話を多くすべきだと思います。

良く理解できない2000万人署名

戦争法に反対するする声を国会に届けるという事で始められたらしい2000万人署名ですけど、そんなに膨大な労力をかけてやるほど必要な事かな?と良く理解できません。2000万人署名のうち、半分の1000万人の部分を共産党が担当するというのもまた、良く分かりません。民主党などは2000万人署名に参入していないようで、その変もどうなのかなと思います。

戦争法に反対すると言えば、日本共産党が2000万人署名の活動を行っていますが、私は2000万人署名に対しても、『どうして2000万人署名を行っているか理解できない』ので、2000万人署名にも署名しないつもりです。

Add new comment

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止