海外に投資する場合の投資手法を考えてみる

  • 17 June 2017
  • webplatform

海外に投資するというのは、日本国内で通貨暴落などが起こった時に有効です。

ロシアでは通貨危機が起こった時には、銀行封鎖されて国内銀行では外貨の引き出しすら難しくなりました。それを考えると、国内の銀行・証券会社に預けている資産を外貨にしておいたところで資産の分散になるかは疑問が残ります。やはり、外国にお金を預けておく事は、それなりに資産を分散する上でかなり有効な事である事は間違いありません。ただし、それをコントロールする能力が必要になります。

現地に知り合いが複数いること

私の知り合いで海外不動産に投資している人は、外国人の妻がいる人がほとんどです。それ以外であれば、現地に友達という人もいますけど、友達のレベルにもよりますけど、普通のビジネスパートナーレベルではあてになりません。相手の事を良く知っているという事は、最低でも相手の親ぐらいは知らないとお話になりません。

日本人で、フィリピン、マレーシアに投資する人は多いですが、フィリピンやマレーシアで非常に信用できる友達を持っている人は少ないでしょう。現地にお金を共有しても大丈夫なぐらいの友達がいない場合には、海外投資は大変に難しくなります。日本人でハワイ投資が容易なのは、日本人がアメリカにアクセスしやすいという事と、何かあった時にすぐに行くほど距離的に近いという事もあります。航空便も多く、航空券も安いので日本人がハワイに不動産を保有しやすいのです。

自身が現地の事情に精通していること

現地の不動産を購入する前には、必ず現地に半年以上、出来れば1年以上住んでみる必要があるでしょう。日本国内であればまだしも、現地の事情が良く分からずに買う不動産ほど危険なものはありません。マレーシアであれば、英語が出来れば、現地でそれほど困る事はなさそうなので英語ができれば大丈夫です。ヨーロッパでは、フランス語、スペイン語など英語以外の言語が必要になる事もあるでしょう。

一部の日本人は、中国での資産運用を行っています。中国語が必要になることと、政治的なリスクがあるという事もありますが、中国の今後の経済成長を考えると有力な投資先の1つである事は事実でしょう。とにかく自分が現地の言葉を話せて、現地の情報に精通している事がとても大切です。

カテゴリ: 

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止