NAVERまとめにオーサーランクが登場!本人確認を導入で期待される投げ銭の機能


アドセンス広告

  • 30 November 2017
  • のぶやん

NAVERまとめにオーサーランクが登場する事が発表されました。

日本というのは、村社会なので『自由な発言をする為には匿名性の方がいい』と考え方は根強くあって、それが2chを今だに健在にさせたり、ツィッターを流行らせる原動力となっています。その一方で、日本でもFacebookに多くの人が登録していたり、インスタで写真を公開するなど、実名制や自分を出すセルフブランディング重視する動きも広まっています。

このような流れの中において、情報の信頼性を高める実名制をとっていくのは、NAVERまとめとしても自然な流れのような気がします。また、Welq問題などで匿名でアルバイトのライターが書いたような記事が溢れて問題になっているような事も起こって、情報を見る側の目が厳しくなっているという事情もあるでしょう。

NAVERまとめが進化を見せるか

本人認証は、ツィッターなどでもあって、著名人(インフルーエンサ―)が良く活用しています。ツィッターの場合には、著名人が自身のニュースや意見発信の場所として利用しています。NAVERまとめが本人認証を入れていくとなると、インターネット上の著名人に利用者が生まれるかどうかもキーポイントになるかもしれません。

一方のNAVERまとめの場合には、知名度が高くて誰でも参加できるプラットフォームとして機能しているので、本人認証が上手に機能して、著名人が開始していくようになれば、非常に面白いプラットフォームに生まれ変わる事は間違いないでしょう。例えば、著名人がイベントで自分のツィートをまとめましたとか。

自分を出すまとめが作れる

本人認証が行われる事によって、従来よりも『自分が出せるまとめ』が出てくる可能性があります。例えば、はあちゅう氏が『私がオススメのラーメン店はここだよ』と言えば、拡散される可能性が高くなります。今までは、ブログで行われていた事ですが、NAVERまとめの方がより簡単に手軽に作成する事ができます。

本人認証が行われる事によって、自分の仕事に活用したいという人が増える事が重要でしょう。フェイスブックのページでは、多くの企業がページを作ってプラットフォームとなっています。NAVERまとめでも、個人事業主であったり、企業の参入がもっとあれば、別の形での発展の可能性も出てきました。

投げ銭の機能が必要

本人認証を導入するのであれば、同時に『投げ銭』の機能を付けると良いでしょう。参考になったまとめに対しては、PV数だけではなくてお金を寄付できるシステムにすれば、PV数が少なくても稼げるというインセンティブが発生してきます。ビットコインのURLを記載しておいて寄付できるみたいな形も面白そう。

はあちゅう氏などインターネット上の著名人であれば、少数のファンから投げ銭の機能があれば、1記事で相当の金額を稼ぎだせる可能性があります。運営側にとってみても、お金を出さなくてもアクセスが集まるようになるメリットがあります。

カテゴリ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事