長時間労働


アドセンス広告

言語: 

資産を10年単位の長期で保有すれば、誰もが豊かな生活ができるようになる

  • 12 December 2018
  • のぶやん

日本は、少子高齢化が進んでいますが、その大きな要因として『一部の高齢者に資産が偏り過ぎている』という事があります。個人の株式投資を行っているのも、ほとんどが高齢者になっていて、70代になっている高齢者たちが『将来を心配して株式投資を行っている』という状況が起こっています。

資産を10年単位の長期で保有すれば、誰もが豊かな生活ができるようになる

人脈・家族・お金という資産

人脈であったり、家族、お金というのは、自分の資産として保有できるものです。最近では、人脈もなく、家族を持てず、おまけにお金も持っていないという完全に無資産の悲惨すぎる労働者が増加しています。国は全くサポートする気がないので、国のサポートを受けずに自分たちでどうするかを良く考えないといけない事になります。特に悲惨なのは、生活費が高い都会において派遣社員・フリーター・アルバイトなどの職業に就いている人達です。

いかに自分の総合的な資産を増加させるかという事は、将来のライフプランにとって大変に重要になります。

労働者として厳しい時代

労働者としてキャリアパスを成功させるためには、長時間労働が欠かせないものになってきています。また、非正規雇用など年収が少ない労働者も増加した事で、『年収が少ないために結婚できない』という労働者も増えています。

女性の長時間労働は、少子高齢化に影響している事は確実で、日本では国の補助がないままに子育てが非常に厳しい状況で、世界で最も少子化が加速している国となっています。この状況は、しばらく変わりそうにありません。

30代がライフプランの分かれ目?

30代がライフプランの分かれ目になるのは、キャリアアップも30代で行わなければいけませんが、それと同時に結婚・子供などの家族形成も30代が最後のチャンスになる可能性が高いからです。40代になると、結婚する可能性が激減して、結婚できないので子供をもうける可能性も激減します。40代になる前の段階で、30代の中頃には、ファミリーとしてある程度の目途を付けておかないと非常に厳しい状況になると言えるでしょう。

35歳でライフプランの分かれ目に気づいて、36歳で行動すればギリギリ間に合うかもしれません。40代になってしまうと、結婚・出産を含めて、出来る事が本当に限られてしまいます。企業などで採用するのも35歳ぐらいまでの年齢制限がある事が多くなっています。

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事