高知


アドセンス広告

更新しなくても月額19万円ほど稼げると自慢するイケダハヤト氏!自称・最強アフィリエイターがここに君臨!

  • 9 November 2014
  • のぶやん

イケダハヤト氏は、ブログの更新を始めて5年を経て、不労所得になってきたという事をブログの記事で公表しています。 それによると、イケダハヤト氏が書いているブログというのは、最近になってGoogle検索に評価されるようになってきたらしくて、Google検索で30%ほど検索エンジンからの流入がアップしていると言っています。イケダハヤト氏は、「不労所得」という言葉を使っていますが、私はこの言葉は好きではないですね。ブログを書くという労働をしっかりと行っているので、不労所得ではないですよね。

不動産の運用などと比較すると、確かに効率が良いということは言えると思います。何故ならば、不動産などの固定資産というものには、自動的に固定資産税などがかかってきて収益を減らすのに対して、コンテンツ性資産に対して税金がかかってくる事はありません。また、不動産のように物件が不要になったから売却しなければ固定費用がかかるという事もなくて、ウェブサイトを閉鎖するだけで済むというメリットもあります。ここ最近、「コンテンツのバブル」と言われる状況が発生しているのは、不動産などに比較して扱いやすいという点があるからだと考えられます。

イケダハヤト氏ブログのアクセス数推移(上記URLより引用)
イケダハヤト

個人のブランディング化

イケダハヤト氏のような人は、個人のブランディング化して売っているというところもあるでしょう。実名を出した上で、突っ込みどころのある意見をストレートにいう事で、インターネット上に議論を巻き起こして、ブログにアクセスを集めるという手法をとっています。そうした事を繰り返していく結果として、多くの人に認知されるようになって、個人部ランディングの確立がはかられています。それに加えて、BLOGOSなどライブドア系サイトの支援もあったという事も良かったのでしょう。

個人のブランディング化というのは、フリーランスとしてやっていくのは良いかもしれないですが、更に発展させて大規模な事業にしていくのは難しいように感じます。単にブログで自分の意見を自由に発信して、それを注目して貰うという単純な手法だけでは、限界があるのだろうなと感じます。最初はそのやり方でもいいと思うのですが、何年も同じ手法を続けていたら、先細りになる事は間違いありません。

視点を広げること

イケダハヤト氏の文章と言うのは、多くの人にも理解できるように書かれていますが、5年も文章を書いているのだから、更に深みがあって視点の多様性がある記事を期待したいところです。高知に行って東京とは違った視点を見れるというのであれば、更に高知の記事ばかりを書いて、もっと高知のデーターであったり、高知の人口統計などを含めて、ガンガン議論を巻き起こしてほしいものです。坂本竜馬はどこいった?高知の歴史はどうなんですか?まだ、イケダハヤト氏の高知の記事は薄っぺらに感じます。

売り上げが50万円ですとか、100万円ですとか、ぶっちゃけそんな数字はどうだって良くないですか?サラリーマンだってそれぐらいの数字をあげているのだから、自営業者がそのぐらいの稼ぎがないと生活できないのは当然です。確かに多くの人が「イケダハヤトはいくらぐらい稼いでいるの?」という事に興味はあるかもしれないですけど、そんな事を記事にするよりも、もっと深みのある記事を沢山書いてほしいですね。プロのブロガーというのであれば、1つ1つの記事にメッセージ性を込めたぐらいのものに仕上げてほしい。

プラットフォームを作り出すこと

単なるブロガーというだけではなくて、自分自身がプラットフォーマーになる努力をしていく必要があるのだと感じます。簡単に言えば、自分が記事を書くという行為を行うだけではなくて、人を巻き込んで(コメントをして貰ったり、記事を書いて貰ったりする作業)いくという事でもあります。単に自分の意見を発信しているだけでは、プラットフォームと言えるかどうかは微妙です。そこを発展させて、人々を動かすようにしていく必要があるでしょう。

生活できれば良いというのであれば、不労所得がどうのこうのというのも良いでしょう。しかしながら、ある程度の事業をやっていきたいというのであれば、自分がどうやってプラットフォームを作り出していくかとか、人々に影響を与えるかをもっと親権に考えていくのも良いかもしれません。その為に誰かと手を組むのも良いですし、プログラムを勉強するのも良いかもしれません。人を動かすプラットフォームを作るのは、ブログを書いて一方的に情報発信するより難易度が上がりますが、その分だけやりがいがあるでしょう。

 

37 votes
+
Vote up!
-
Vote down!
カテゴリ: 

中央集権の日本で若者は地方に居るべきではない理由

  • 10 August 2014
  • のぶやん

日本では、過疎化が深刻になってきており、「限界集落」(過疎化などで人口の半数が65歳以上の地域)と呼ばれるものまで出現してきています。地方の多くの地域において、働き手である若者がおらず、町内会は大半の老人と少数の子供で占められているという事も珍しくなくなってきています。

増え続けている都市の人口

過疎化が深刻で、夕張市のように現実的に破たんする市町村まで現れている北海道ですが、札幌市の人口は190万人を突破するなど増え続けています。北海道の過疎化が進んでいるのは、北海道の交通が不便な地域で、実際に札幌市だけは北海道の他の地域から人口流入が見られると言うことです。人口流入が見られると言う事は、不動産価格もそれほど下落せず、経済の下支えとなっているという事でしょう。

札幌市は、千歳空港までのアクセスも良く(快速エアポートで35分ほど)て、首都圏まで飛行機の格安航空で飛べば、1万円以内で東京に到着する事もできます。大都市なので生活のインフラに不便する事もなくて、千歳空港を利用すれば、海外に行くのも容易で住みやすいと考える人も多いです。

中央集権で地方を捨てるべき理由

日本は、アメリカやヨーロッパの国々ほど地方分権が進んでいない中央集権国家を維持しています。今まで、幾度となく道州制の議論などが行われてきましたが、日本に合わないなどの理由から、道州制が導入される見込みは全くたっていません。そうしているうちに日本の少子高齢化が深刻化して、特に地方を中心に深刻な過疎化が進行しています。

地方に住んでいて思ったのは、地方に住んでいると新しい情報を取得する為に都会に何度も足を運ぶコストがかかるという事です。情報を持った人の多くが都市に住んでおり、情報を持った人に会うのに都市に何度も足を運ばないといけないんです。そういったコストは馬鹿にならないので、結局は仕事を順調に進めて行く為に都市に出るしかないという選択になります。そうしないと、自分が人に会う事すらままない状況になるからです。

高地移住のイケダハヤト氏は成功するか?

イケダハヤト氏は、ずっと都会育ちだったそうで、東京周辺しか住んだ事がないという事です。地方で情報が取得できないというのがどういった事かを体験して、それについて真剣に考えるのは良い事だと思います。家族で過ごすという点に焦点を当てた場合には、地方に移住するというのは正しい選択ではあるかもしれないのですが、事業を行うと言う点においては大きなマイナスになる事は間違いありません。

高知なんかで、誰に会えると言うのでしょうか?

人はどうしても周囲に居る人たちの影響を受けてしまいます。周囲に居る人たちが高齢者であったり、ITに理解のない人たちであれば、そういった人たちの影響を受けて、自分でも知らないうちに多くの人に影響力を与えられる情報から遠ざかってしまうのです。高知なんかに住んでいると、高齢者の方が多いので、そういった人たちに共感する事によって若者の情報から疎くなってしまいます。

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事