NAVERまとめの記事『ネトウヨが自民党工作員だった事実が判明!バイトの大量動員でネット対策』という記事は、NHKの取材が元になったものであり、かなり真実味が高そうだ。NHK放送の画像キャプチャを見た限りでは、自民党が独自のネット対策チームというものを持っていて、外部の業者を通じて自民党に不利な限度などがないかを常時監視しているというのだ。

市民連合が主催した「第一回新宿西口の街頭宣伝」に参加してきました。

市民連合については、先日もこのブログで書いたように、民主党の呼びかけで集まった学者の会、ママの会、SEALDs、総がかり行動、立憲デモクラシーの会が発起団体となっているのですが、どちらかと言えば学者寄りであり、社会人の私としてはやや違和感があるというか、距離を感じるわけです。ただ、それは市民連合に始まったことではなくて、国会前で既にあった違和感で、「同世代の人がいないなー」と思っていたのがそのままきているので仕方ないです。

インターネットの電子掲示板上などで、右翼的、国粋主義的、国家主義的、保守的な主張をする人たちを意味する。ただし、後述するように、単に自尊自大で排外的な表現を用いる人たちを指したり、そのような集団心理的な傾向を指すこともある。略称はネトウヨだが、メディアによっては「ネット保守」という用語を使用するものもある。

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止