ステマ

言語: 

広告を大量に出している会社は信用できない

  • 19 April 2017
  • のぶやん

毎日のようにテレビ・新聞などを見ている人は、広告に洗脳されていると言われています。更には、インターネットの広告も、どれが記事で、どれが広告か非常に分かりづらくなってきています。Facebookなどには、記事のように広告を表示する機能があり、記事かと思ってクリックすると広告だったという事もあります。

勤勉に勉強しないと良い情報を見抜けない

事情に詳しくなっていて、勉強をしておかないと、良い情報を見抜く事ができません。例えば、レンタルサーバーを借りる時に勉強をしていない初心者だと、容量ばかりに目がいって、メモリを見落としがちになってしまいます。また、英語が少しぐらいできないと、海外サーバーを選択する事もできません。

良く勉強をしていれば、注意書きを読む大切さであったり、キャンセルポリシーを学ぶ重要性が分かります。

カテゴリ: 

イケダハヤトのステレスマーケティングはモラルを脱している

  • 1 December 2015
  • のぶやん

ライブドアブログのランキングで上位になっているとされるイケダハヤト氏だが、ステレスマーケティングの常連になってしまっている。彼が稼ぎたいのは良く分かるし、年収1000万円という個人事業主として成功?と言える数字になったのは、純粋におめでたい話だと思います。しかしながら、企業の宣伝を記事にして、捨てすマーケティングを行うのは、ブロガーとして悪質であり、記事の信頼性を損ねるやってはいけない行為でしょう。

広告と分からないステレスマーケティング

広告というものは、消費者が「広告である」と認識していなければいけません。これは、Google Adsenseなどでも厳しく定められていて、Google Adsenseは、広告と分からない表示を禁止しています。広告と分かるように表示して、ユーザーが必要な情報だと思ったらクリックすればいいのです。そういった意味からすると、広告なのか記事なのか分からない状態でユーザーが読み進めて、リンク先をクリックしてしまうというのは、広告の信頼性も、サイトの信頼性も損ねるので良くありません。

カテゴリ: 

関連記事