毎日のようにテレビ・新聞などを見ている人は、広告に洗脳されていると言われています。更には、インターネットの広告も、どれが記事で、どれが広告か非常に分かりづらくなってきています。Facebookなどには、記事のように広告を表示する機能があり、記事かと思ってクリックすると広告だったという事もあります。

ライブドアブログのランキングで上位になっているとされるイケダハヤト氏だが、ステレスマーケティングの常連になってしまっている。彼が稼ぎたいのは良く分かるし、年収1000万円という個人事業主として成功?と言える数字になったのは、純粋におめでたい話だと思います。しかしながら、企業の宣伝を記事にして、捨てすマーケティングを行うのは、ブロガーとして悪質であり、記事の信頼性を損ねるやってはいけない行為でしょう。

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止