日本のクラウドソーシングは、単なる人件費の搾取!ワーカーが多重に搾取される構造


アドセンス広告

  • 7 January 2018
  • のぶやん

日本のクラウドソーシング事業は、クラウドソーシング企業の状況を見ると厳しい状況にあると言わざる得ません。利用が広がっているとは言い難く、多くの働く人たち『クラウドソーシング事業の搾取構造』に気が付いてしまっています。

高度なエンジニアであればあるほど、どの企業からも必要とされているので、クラウドソーシングを必要としません。何も考えずクラウドソーシングを利用すれば、残酷に搾取される事になります。

他社の営業力に依存するべきでない

クラウドソーシングのサービスを利用すると、フリーランスになれるどころか、逆に残酷に使われてしまいます。フリーランスの受注で大切なのは、自分の宣伝力であり、それをクラウドソーシングという他者のサービスに依存するべきではないからです。

他者の営業力に依存していては、いつまでたっても自立できません。クラウドソーシングをいくら頑張ったとしても、自分に残るものは単なる実績であり、基本的にライティングした内容などを残すことができません。


二重に搾取される構造

クラウドソーシングでフリーランスが『二重に搾取される構造』になっています。先ずは、発注者がクラウドソーシングを利用して激安で発注しようとしてきます。明らかに最低賃金を下回るような搾取と言える価格で発注して請け負えという条件を投げかけてきている発注者が多いのです。

発注者以上に搾取しているのがクラウドソーシング事業を展開する事業者です。10~20%という高額な仲介手数料で、微々たる金額しか貰えないワーカーから賃金を搾取します。この2重の搾取によって、ワーカーが絶対に儲からないように出来ています。

安価な仕事を要求される

クラウドソーシングのサービスで要求されるのは、単価を極限まで安くする事です。あくまで『仕事が貰えるならいい』という人向けの案件であって、能力が高い人が受けるような単価が高い案件の数が極めて少ない現実があります。多くの発注者が要求するのは、単価が激安で高度な技能です。

特に日本の現在の状況においては、クラウドソーシングを利用しなければ仕事が入らないのであれば、会社員として働いていた方が100倍マシです。フリーランスで活躍している人のほとんどがクラウドソーシングを利用せず、自分の人間関係から様々な仕事の受注を受けています。

誰も幸福にならない搾取ビジネス

搾取が行われるビジネスというのは、長期的な目線で見ると、誰も幸福にならないビジネスです。ゲーム会社のDeNAは、買収していたMERYがパクリ記事を量産していたと非難されて謝罪・サイト閉鎖に追い込まれました。DeNAが自分の事業者名を伏せた上で、クラウドソーシングを利用していた事が話題にもなりました。DeNAなどの発注側は、激安単価でパクリを行わせて、それをライター責任に押し付けようとしていました。

時給1000円で90分で1本の記事を仕上げたとすると、その記事単価が0.5円になってしまいます。そんな激安で請け負う事は不可能なので、インターネット上から適当にパクリで即座に仕上げるような記事が量産されていく事になりました。

自分で営業行為をする大切さ

はあちゅうが『フリーランスは食べていきたいぐらいではできない』と言ってました。中途半端な覚悟では、フリーランスはやっていけないという事です。実際、サラリーマンを辞めてフリーランスになる人は多いですが、その中で稼ぎ続けられる人はごく僅かと言ってよいでしょう。はあちゅうのように継続して仕事を得ていく事は、非常に大変な事です。

自分の能力を高めて、自分で営業・宣伝行為を行って、自分で価格設定を行う事が大切になります。自分で価格設定を行えば、それ以下の価格で仕事を拒否する事が出来るようになるからです。仕事の単価を下げない事(=自分の価値を下げない事)がフリーランスが生き抜くために何よりも大切になるでしょう。


フリーランスになったのであれば、仕事の単価を自分で決めるようにしましょう。ホームページで価格を案内したり、仕事の最初に見積書を出して、自分の求める対価をきっちりと要求します。多くの発注者は、激安の仕事を求めてくるので、そのまま『お断り』となりますが、それでいいのです。

単に自分の大切な時間を切り売りして働くのであれば、フリーランスではなくて、サラリーマンをやるべきです。

カテゴリ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事