炎上したDeNAのWELQと対照的にAbemaTVに全力を注ぎこむサイバーエージェント


アドセンス広告

  • 9 December 2016
  • のぶやん

サイバーエージェントのAbemaTVは、スマートフォンでテレビを見るという日本において新しい試みです。11月2日に累計1000万ダウンロードを突破した事が発表されていて、好調と言えるでしょう。残念ながら、筆者の周囲にAbemaTVの話題など聞いたこともないのですが、誰かがAbemaTVをダウンロードして視聴している事は間違いありません。

2016年4月に開局してから7ヶ月で1000万ダウンロードを達成したという非常に早いペースでの達成になっています。ただし、2016年10月に発表された数字では、アベマTVは投資がかさんで83億円の赤字になっているという事です。サイバーエージェントがゲームで稼いでいる預貯金をアベマTVに大がかりに投資している状況となっています。藤田社長によると『大赤字で他社がドン引きしてやりたがらない』としていますが、ゲーム事業で稼いだ金をまともなメディアを作るところに真剣に取り組んでいる姿が伝わってきます。

豊富なチャンネルが人気

アベマTVは、提供するコンテンツが非常に膨大である事が特徴となっていて、ドラマ、アニメ、スポーツ、ニュースなど非常に幅広いチャンネルを扱っています。この中でも特に『深夜アニメ』が人気という事で、アニメの視聴が非常に多いという結果が出ています。テレビ朝日と組んでいることから、見られる番組としては多彩で、テレビ朝日の『ニュースステーション』などを視聴する事も可能になっています。

チャンネルが豊富ではありますが、テレビと同じで時間を区切って『放送』が行われるので、見逃した場合に後から見る事ができません。今までのユーチューブチャンネルと違って、芸能人などが積極的に出演している特徴もあり、芸能人が好きな人にとっても楽しめます。

スマートテレビに対応

アベマTVは、スマートテレビにも対応しています。具体的には、Google Cast、Amazon Fire TV、Apple TVなどでアベマTVを見る事ができます。実際に画質が非常にいいので、テレビと同じように見れるという事です。テレビ局にとってみると確かに驚異にうつってしまいますが、テレビ朝日からすると、成長してほしい分野である事は間違いなそうです。うまく成功して上場などできれば、サイバーエージェントに引っ張って貰ったテレビ朝日に大金が転がり込んでくる可能性があるからです。

テレビ朝日は、サイバーエージェントに過半数以上の株式を持たせてネットテレビをやるというのだから、経営陣の決断力は凄いなと思います。もともと藤田社長がテレビ朝日の社長などとも仲良くしてきたご縁という事らしいですけど、83億円の赤字を見ても相当の覚悟を決めてやっている事業と感じます。そういえば、藤田社長がテレビ朝日の報道ステーションに生出演していました。このテレビ朝日の社長は、東洋経済のインタビューに答えて、『テレビの縮小は宿命だ』と話しています。

テレビを全く見ない人が増加

筆者は、大学生の頃からテレビを持たない生活を続けているので、1ヶ月に30分ぐらいしかテレビをみないのですが、実家などに帰郷した時にも、テレビをほとんど見ません。紅白歌合戦なども、ほとんどの歌手を知らないのでみる気にもなれません。インターネットであったり、スマートフォンに慣れた世代というのは、そもそもテレビを見る習慣がないのでしょう。でも、スマートフォンのアベマTVなら見る人もいるかもしれないというのは良く理解できます。

テレビを見る人がこれから増加する見通しもなく、テレビを見る人は更に減少していくと考えられています。

視聴の環境は微妙?

アベマTVが頻繁に止まってしまって動画視聴が思うようにできないという事が話題に上がる事があります。


財務内容が良いサイバーエージェント

サイバーエージェント社は、ソーシャルゲームで大成功をしているアプリを何本も抱えていて、財務基盤は安定しています。アベマTVに大胆な投資ができるのも、この財務基盤があってこそです。

カテゴリ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事