年齢を重ねて成長する人としない人の差は?出来る事ばかりやっていたら危険信号!

  • 31 January 2017
  • WEB情報屋

人が成長しても、周囲から見ると『変わってないね』と見えるかもしれない。成長するのは、内面であって、外見は老けるばかりだからだ。そして、外見が老けたかは分かりますが、内面が変わったかどうかという事は、簡単に知ることができません。

人生において成長が大切

人生において成長ほど大切なものはないでしょう。変化のない人生がつまらないとか言うだけではなくて、成長というのが生きる為に必要な能力だと感じます。ダーウィンの進化論で有名な言葉に『生き残るのは環境に応じて変化できるもの』という言葉がありますが、人間というのは簡単に変化できるものでもありません。

人間の場合には、知能が他の動物よりも発達していて、お金を稼いだりするのを『能力』という訳なので、他の動物と違ってお金を稼げるようになる事も生き残る為の変化という事が出来るでしょう。

環境の変化に対応できない

日本人は、島国という事もあって、環境の変化に非常に弱いことは間違いないでしょう。中国のような大陸にあったり、アメリカのように大きな国であったり、そしてEUのように各国が統合されて混ざりあった国家に比べると、日本という東洋の島国は、地球のガラパゴスのような状況になっています。

日本は、このような環境の中で『ガラパゴス携帯』などを生み出して携帯電話が登場してからずっと独自の市場を持ってきましたが、それがスマートフォンが登場して以来、国内メーカーの多くが携帯電話事業を縮小、撤退して、駆逐されてしまいました。

チャレンジする事で成長する

人間というのは、常に楽な方を選択したいと思いがちで、分からない事を避けがちになってしまいます。例えば、パソコンの操作方法が分からないと、パソコンを使わなくても良い方法を生み出そうとします。しかし、仕事にはパソコンの操作が必要なので、仕事で使うようになってから『仕方なく学ぶ』という人も多いです。

成長できる人というのは、新しい事にチャレンジしていける人でしょう。難しい事を避け続けていると、30代、40代になってからの成長が限られてしまって、中高年になってから収入などで困り果てる事になってしまいます。

出来る事ばかりやっていると危険

自分が能力の範囲内で出来る事ばかりやっていたら、成長というのはあり得ません。例えば、会社員が営業活動をやっていて、遊んでいてもそこそこの金が入ってくるからと言って遊んでいたら、能力は全く伸びていきません。常に『自分ができないこと』にチャレンジしていく必要があると言えるでしょう。

人の多くは、集中して20時間ほど学習時間をかければ、非常に多くの事を学んでいけるというのです。集中して20時間ほど学習すれば、『何かできる』というレベルまで持ち込む事が出来るのです。

20時間の学習で出来る

20時間のレベルで、かなり出来るレベルまで到達する事が出来るのであれば、人生というのは、やる気次第で違った方向にいくはずです。例えば、20時間ほどでコミュニケーションが取れるほど言語が話せるようになるのであれば、20時間の学習をしてから海外旅行に行く事は、海外旅行を楽しむことに非常に有効です。

プログラミングが全く出来なければ、プログラミングの概念すら理解する事ができませんが、これを20時間ほどこなしてプログラミングの基礎が理解できているだけで、プログラミングの概念を理解して多くの事を知ることができます。

年齢を減ると学びのチャンスが減る

年齢が高くなってくると、学ぶ機会がなくなってくるというのは確かでしょう。子供などもできて、子育てなどに時間が取られる事もあり、学ぶための時間を取る事が難しくなってくるのです。更に誰かに教えて貰おうと思っても、教えてくれる人が年下ばかりになってくるという事もあります。相当の気力とやる気がないと、40代、50代から新しい事を学ぶという事は難しいでしょう。

『自分にとって難易度が高い』と思える事にチャレンジして、自分が成長していくのは、何歳でも出来る事です。確かにオリンピックチャンピオンに挑戦するという事は無理かもしれませんが、自分の難易度が高いチャレンジをする事は、何歳になっても出来る事です。そして、チャレンジによってのみ人は成長する事ができます。

何歳でもチャレンジで成長する

40代ぐらいになると、『人生の先が見え始める』と言いますが、平均寿命は70歳~80歳を超えていて、40代は人生の折り返し地点でしかありません。人間は、何歳になっても成長する事は可能ですが、成長しようと思うか、成長しようと思わないかで大きな差が出てくるでしょう。

良くあるパターンが40代ぐらいになって、全くサイトを作成するの知識がないのにインターネットで事業をやろうと思って語るのですが、本人にスキルがなければ非常に高額なお金を支払わないと何も作れません。本人としては、『今さらプログラムの勉強をやっても』とか言ってプログラムから逃げたらサイトやアプリを作れる訳がありません。本人が逃げないでやれば、数年頑張ればサイトが作れるようになるのにチャレンジしようとしない人は沢山います。

失敗を改善する事で次世代化する

今、デスクトップパソコンを使う事は、流行らなくなってきています。ノートパソコンの性能が十分に上がってきたので、ノートパソコンに液晶を繋げた方がデスクトップパソコン持ち運びに便利になっています。

液晶画面であれば、スーツケースに入れて持ち運んだり、パソコンをホテルの液晶画面に接続する事もできます。優れたノートパソコンがあれば、デスクトップのような大きなものは流行らなくなっているのです。

カテゴリ: 

Add new comment

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止