取引所



アマゾンが超セール中!!
言語: 

仮想通貨の分散型取引所Crypt Bridgeが30秒で利用開始できて最高に便利すぎる

  • 1 March 2018
  • のぶやん
Cryptobridge

Crypto Bridgeは、分散型と言われる仮想通貨の取引所です。仮想通貨と同じように、世界中の様々な場所にデータを所持しているので、ハッキングされてGOXする心配ゼロなのです。

Crypto Bridgeは、日本語にも対応しており、非常に多くの仮想通貨を扱っているので便利に利用する事ができます。オンライン上にアクセスして利用したり、自分のPCにダウンロードして利用する事もできます。

Crypto Bridge:https://crypto-bridge.org
Twitter:https://twitter.com/CryptoBridge

Cryptobridge

30秒で簡単に口座開設できる

口座開設は、ユーザー名を入力するだけ(パスワードは自動的に決まっている)で完了するので、30秒ぐらいで完了します。表示されたパスワードをUSBメモリにコピーしたり、自分でメモを取っておけば、口座開設は完了で非常に簡単です。

中央集権型の取引所では、わざわざ住所を記入したり、身分証明書を出したりする面倒な作業がありますが、分散型取引所にそんな煩わしい作業はありません。

仮想通貨をすぐに取引できる

自分が保有するウォレットから、取引所に仮想通貨を送金して、すぐに取引を開始する事ができます。非常にお気楽に仮想通貨の取引を行う事ができます。

取引所に仮想通貨を送金したままにしておけば、ウォレットとして活用する事もできます。

カテゴリ: 

仮想通貨取引所Zaifでビットコインが急落!サーバーダウンで投資家の強制決済ロスカット祭り

  • 23 February 2018
  • のぶやん
Zaif chart
zaif 502 Bad Gateway

2018年2月22日の夜、テレビCMで剛力彩芽さんを起用したZaifでビットコインが90万円台から60万円台の急落が発生して大変な事になっています。

Zaif chart




zaif 502 Bad Gateway








カテゴリ: 

ビットコインをハッキングで失った人がツィッターで状況をツィート!1.5BTC(約200万円)を盗まれる被害

  • 14 January 2018
  • のぶやん
ビットコイン

仮想通貨の取引所にフリーメールを使うだけであり得ないですが、特に評判が悪いYahoo!メールを使うなんて考えられません。他のサイトとメールアドレス・パスワードを使いまわしていると、取引所にも簡単にログインされてしまいます。資産を守る意識がない人は取引所を利用すべきではありません。

こうした事態を防ぐ為には、仮想通貨に専用のメールアドレスをドメインを購入して生成するか、安全なメールアドレスを有料で購入して使います。GmailとかYahoo!メールを使いまわすのは最悪です。更にパスワードは、その取引所に固有のものとして、最低でも11文字以上で大文字・小文字・英数字・記号を混ぜたものにします。このぐらいは、オンラインの資産管理では常識です。

ビットコイン

中国の取引所で盗難されたビットコインを回収するのは、ほとんど不可能と言えるでしょう。ちなみに、中国の場合には、運営側の内部者がグルである可能性もあります。仮想通貨の取引所を利用する場合には、国内で知名度と実績があるGMOグループのGMOコインを使いましょう。




 

200万円も稼ぐとなると非常に大変なので、200万円を盗まれたショックは大きいでしょう。仮想通貨を自分でセキュリティを意識して防衛しながら、取引所選びも慎重になりましょう。
 

カテゴリ: 

仮想通貨の取引所クラーケン取引停止状態が続く

  • 13 January 2018
  • のぶやん
仮想通貨の取引所クラーケン
仮想通貨の取引所クラーケン

サンフランシスコに本社を置いている仮想通貨取引所クラーケンは、システム更新と称したサイト停止を行っていましたが、それから48時間を経てもサイトが再開されず、ユーザーに懸念が広がっています。

日本でも良く分からないベンチャー系の仮想通貨取引所を使う人もいますが、私は日本で最も信頼できるGMOコインを利用しており、海外取引所はBinanceを利用しています。取引所を選ぶことは、仮想通貨という資産を防衛する上で非常に重要です。

クラーケンのサイト上にある短いメッセージ

取引どころか出金できない

ツィッター上では、仮想通貨取引所のクラーケンに出金の問い合わせをしたが返信がないという嘆かわしい声があります。このような状況では、既に取引所としての信頼を失っており、取引所を再開したとしても出金の嵐になる事は目に見えています。

1月12日時点でメンテナンス中と書かれたクラーケンの通知
仮想通貨の取引所クラーケン

アメリカの仮想通貨に関する掲示板などでは、クラーケン騒動について議論がされており、『ここ1ヶ月は全く信頼できない取引所だった』『みんな、もう逃げ出して使っていない』などの声が見られました。


取引所に預けている資産

仮想通貨は、取引所に預けている資産なので、取引所が運営されないとなにも出来なくなってしまいます。取引所が運営されない場合には、取引所で取引が行えないばかりではなくて、仮想通貨の引き出しすら出来なくなってしまいます。

日本においては、かつて2013年にマウントゴックス社がビットコインを盗まれる『マウントごックス事件』が発生しており、現在の日本が行っている仮想通貨取引所の認定制度にも繋がっています。


カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事