インフレ

言語: 

中央銀行のばら撒きマネーで達成された『完全雇用』が引き起こす貧富の格差

  • 12 March 2018
  • のぶやん

日米ともに完全雇用のような状況になっているにも関わらず、貧富の格差がどんどん拡大しているのはどうしてでしょうか?日米ともに貧富の格差は拡大し続けており、特にアメリカのインフレによって貧困層が非常に貧しい生活を強いられています。

米国が戦争経済から金融緩和に移行

ブッシュ大統領が戦争経済を遂行したのに対して、オバマ大統領になってから不動産の価格を釣り上げた金融緩和経済を行うようになっていきました。アフガン戦争では、多くの武器・弾薬・人命を失いましたが、それに比べて復興によるリターンが大きく得られませんでした。

米国の戦争による消費を拡大させる経済というものが限界にきており、オバマ大統領になってから国内の金融緩和を推進する経済に変化していきました。はっきり言えば、金融緩和の経済は、戦争に人命を失うよりマシではありますが、金融緩和で不動産の価格・株価を釣り上げる事には限界があります。

ばら撒いたお金が庶民に届かない

政府がお金をばら撒いたとしても、そのお金が庶民の手元に行き渡る事はありません。FRBがモルゲージを高値で買いあげて儲かるのは銀行であり、国債を高値で買いあげて儲かるのは銀行であり、株価の釣り上げで儲かるのは大企業の株主だからです。

カテゴリ: 

日本のハイパーインフレに備える方法!国家の財政破綻に備えて、今すべきこと

  • 6 March 2018
  • のぶやん
世代格差

アベノミクスによる金融緩和によって、日銀が市中の国債を大量に買いとって、日銀バランスシートが約500兆円まで肥大化しています。このような状況は長続きせず、日銀が出口戦略を模索して国債を売り始めると、国債が暴落して大インフレになる可能性が出てきています。

90年代頃から、アメリカ、日本、EU諸国などから工場が中国に移動して、中国が世界の生産工場の中心となっており、先進各国が中国から大量の物資を輸入している状況が続いています。アメリカが第一次世界大戦後にヨーロッパに物資を売りつけて好景気に沸いた状況と似ています。

カテゴリ: 

株価の大幅上昇でインフレ懸念が強まるアメリカ経済。2018年にFRBが大幅に利上げ

  • 26 February 2018
  • のぶやん

アメリカでは、株価、不動産価格が大幅に上昇してインフレ懸念が出ています。2018年にFRBが大幅利上げしていく事が発表されており、3回~4回の利上げの可能性があるとされています。

アメリカの労働者の賃金は、ほとんど上昇しておらず、多くのアメリカ人が借金で消費を行うような状況になっています。トランプ大統領は、大減税を行う事を決めており、財政悪化の懸念が出ているのでFRBが利上げで債権を魅力的なものにしようとしている訳です。

カテゴリ: 

関連記事


関連記事