キャンセル不可


アドセンス広告

言語: 

海外旅行のホテル予約は、『キャンセル不可』を利用するべき?ホテル予約のトラブル

  • 4 December 2018
  • のぶやん

海外旅行のホテル予約では、『前日までキャンセル無料』になっている場合と、『キャンセル不可』になっている場合があります。キャンセル不可の場合には、インターネット上で予約の時点で支払いが行われるので、『前払いのキャンセル不可』なので利用者にとって不利な契約となっています。その代わりに『キャンセル不可』では、その分だけ最安値料金が提示される事が多くなっています。

キャンセル不可の契約はいいけれど、1ヵ月ぐらい前までは、普通にキャンセルできるようにしてほしいですね。このために通常はキャンセル可能を予約しておいて、3週間ぐらい前に日程が固まった後でキャンセル不可に書き換える作業を行う人が多いようです。

海外旅行のホテル予約は、『キャンセル不可』を利用するべき?ホテル予約のトラブル

先にキャンセル無料を予約しておく

旅行の計画を立てた時点では、とりあえず人気ホテルで価格がそこそこのホテルで『キャンセル無料』を予約しておく人が多いです。そこから宿探しを始めて、後日にもっと安くて良い宿を見つけたら、以前に予約した『キャンセル無料』の宿泊をキャンセルして、新しく見つけた宿を取り直すという方法です。

注意しなければいけないのは、『キャンセル無料』のホテルをきちんとキャンセルできているかを良く確認する事です。先に予約したホテルのキャンセルを忘れると、自分の日程上のダブルブッキングとなってしまって、両方とも支払いが発生してしまう可能性があります。実際、忙しい人でダブルブッキングを発生させる人が稀に存在しています。

クレジットカードの支払い

『キャンセル無料』では、現地払いになっている場合にクレジットカードの引き落としが発生しない事は、『キャンセル無料』を選択する大きなメリットになっています。『キャンセル不可』の宿を予約してしまうと、その時点でクレジットカードの支払いが発生してしまうので、旅行に行く前の前払いになってしまいます。

ホテルとしては、前払いで先に決済して貰えば、料金を先に回収できるので、前払いで優遇した料金を設定しています。ホテルの予約は、まるで金融商品のような形態に近づいてきているとも言えるでしょう。『キャンセルできる権利』を購入するというオプション取引になります。

広がるホテルの直接販売

航空会社の予約にしても、ホテルの予約にしても、直接販売がどんどん広がりを見せています。航空会社が航空券をダイレクト販売する事で安値で販売したり、ホテルがチェーン店化して販売力を持ってインターネットでダイレクト販売する事が増えているためです。ホテルの直販を利用すれば、間違いなく最安値とはいきませんが、かなりの安値で予約出来る事は間違いありません。

特に高級ホテルであればあるほど、ホテルの直販を利用する方が高いサービスを受けられるとされています。特に海外旅行では、ホテルで「予約されていなかった」というトラブルを避けるには、ホテルの直販サイトからの予約が非常に有効になる事は間違いありません。

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事