外国人労働者


アドセンス広告

言語: 

外国人労働者が駆逐すると見られる地方マイルドヤンキー層

  • 12 May 2019
  • のぶやん

日本において、地方経済の疲弊は言うまでもないんですけど、高校卒業してから田舎で働いているような『マイルドヤンキー層』という層というのは、幼稚園・小学校からの付き合いで成人してからも地元に残り、地元の企業で働いて・・・近くのイオンでお買い物という具合に地元に密着した生活を行っています。

外国人労働者が駆逐すると見られる地方マイルドヤンキー層

地方に進出する外国人労働者

日本社会においては、マイルドヤンキーのような若者が地方で働いているのですが、最近では地方でも外国人労働者を見かけることが多くなってきました。外国人労働者の特徴としては、日本語・外国語を話せるので、例えば地方都市のホテルに外国人の観光客を誘致したい場合などに活躍するのです。知能レベルがマイルドヤンキーより高い場合も増えており、マイルドヤンキー層で出来ない仕事をやりこなします。

マイルドヤンキー層というのは、地方都市で働いても手取りの月収15万円ほどで、技能レベルも低いという特徴があります。安い賃金でも働く外国人労働者が大量に入ってきた場合、職を競争するハメになるのは、マイルドヤンキー層と見られています。

知識階級で起こりうる競争

大学の教授・助教授などの知識層においては、既に国際的な競争にさらされています。論文などは、国内のみならず、英文で発表することで国際的な知名度を求められるようになってきているのです。

実際、大学の教員などがどんどん非常勤に置き換えられて、超高学歴とされる人たちの低すぎる給与、不安定な労働環境などが問題になってきています。今後、国際競争が進んでいけば、この流れが更に加速する方向性にあると考えられます。

カテゴリ: 

東京駅・八重洲口のマクドナルド店員が外国人だらけだった件

  • 14 April 2019
  • のぶやん

日本の人口が大幅に減少する中において、日本の移民受け入れは、国際的な流れから考えても仕方ない事だと思います。。日本の雇用を奪うのか?と言えば、確かに海外の労働者の方が優秀で良く働くのだから、日本の雇用は奪われる方向にあるかもしれません。特に日本における中高年が行うべき単純労働の雇用環境というのは、外国人の若者労働者に奪われる可能性があるでしょう。

東京駅の八重洲口でマクドナルドを見てビックリしました。本当に外国人の店員しかいなかったんです!いつの間にか知らないですけど、外国人の店員だらけのマクドナルドも増えてきていたんですね。日本人のアルバイトも必死で募集している様子がありましたが、忙しくて給料が低いので、応じる人はいないでしょうね。

東京駅・八重洲口のマクドナルド店員が外国人だらけだった件

グローバルの雇用が流動化

グローバルの流れの中で、グローバル雇用が流動化しており、日本で外国人を採用することも当たり前に行われるようになりました。言い方は悪いですけど、日本で誰もやりたがらないような仕事が外国人労働者に押し付けられている現実もあります。その1つが東京駅・八重洲口のマクドナルドでしょう。

外国人労働者は、英語にも対応できるというメリットがあり、東京駅のような場所で外国人の利用が増えてくれば、外国人労働者の需要が高まる可能性もあるでしょう。

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事