CMS

DrupalがCMSとしてWordpressに負けて衰退している理由

  • 2 May 2018
  • のぶやん
Drupal 10年チャート

Drupalは、CMSとして衰退を続けていて、10年後に存続しているか分からないような状況になっています。

Drupal 10年チャート

習得に時間がかかりすぎる

Drupalを使いこなすには、独自の様々な概念を理解しなければならず、習得に多大な時間を要します。Wordpressのようにインストールして、少しのモジュールを入れて、すぐに使えるような代物ではありません。様々な大量のモジュール(少なくとも10以上)をインストールしないと使いものになりません。

使いこなせるようになるまでに時間がかかる上、使いこなせるようになってからも、デザインを強化したりするのに膨大な時間がかかり、それなりの知識が要求されます。マニュアルがインターネット上に用意されているとは限らず、モジュールによってはテストに非常に多くの時間がかかります。日本語での情報は全く期待できないので、英語が多少なりできないと話になりません。

タグ: 

Drupalは、Drupal8にアップデートを失敗してオワコン化。

  • 26 March 2018
  • のぶやん
Drupalトレンド

高機能CMSとされてホワイトハウスでも利用されていたDrupalですが、Drupal7がリリースされてからDrupal8になるまでに開発が遅れて、Drupal8で利用者が激減しています。Drupal7からDrupal8にアップデートするメリットよりも、Drupal8を新しく扱うコストの方が高いからです。

Drupalが利用されたピークは2009年から2011年頃にかけてDrupal7が出た時であり、それ以降に下降曲線をたどっています。

Drupalトレンド

学習コストが高いDrupal

Drupalを扱うには、非常に高い学習コストを必要としています。簡単なサイト・ブログレベルであれば、DrupalよりWordpressが選ばれます。もちろん、Drupalの方がWordpressと比べ物にならないほど高度な機能を実践出来ますが、その開発に様々なテストと学習を必要とします。

カテゴリ: 
タグ: 

高度CMSであるDrupalの衰退が鮮明に!Drupa8アップデートが大失敗

  • 1 February 2018
  • のぶやん
Drupal

Drupalは、Wordpressより利用するのに相当の時間がかかるCMSです。その難しさによって、利用者数を激減させています。Google Trendsを見ると、Drupalの下降ぶりが明らかであり、2010年ピーク時の4分の1にまで落ち込んでいます。

Drupal8の大失敗

Drupal8の開発が始まってから既に7年以上を経過していますが、Drupal8がリリースされた後ですら『非常に不安定な状態』に陥っています。

Durpal7まで成功していた開発は、Drupal8になって方向性が定まらないまま迷走する事になります。

複雑になりすぎたDrupal

Drupalは、複雑化しすぎて『誰もが使える』という状況ではなくなっています。Drupalのサイト開発にあまりに時間がかかりすぎて、それだけコストが増大するという結果を招いてしまっています。

タグ: 

人気の2大CMSは、WordpressとDrupalと言っても、2つのCMSは全く別物なんだけど。

  • 24 December 2016
  • のぶやん

クラウドワークスの中にあったコラムみたいな文章において、WordpressとDrupalが比較されていますが、全くDrupalを使った事がない人が書いた文章というのはすぐ分かります。ほとんどの場合にはウェブサイトの製作者にWordpressをお願いする事はできても、Drupalをお願いする事は出来ません。それは、Wordpressに比較すると、Drupalの方が使いこなすのが圧倒的に難易度が上がるからです。

単なるブログサイトであったWordpressは、多くの人が利用するようになって、かなりのプラグインが出回るようになっているので、既にWordpressで出来る事というのもかなり増えています。以前であれば、Drupalを使わないとできなかった事であっても、Wordpressで出来る事が増えてきている事は確かです。しかしながら、大規模サイトとなると、Wrodpressで出来ないこともかなり多いです。その1つが投稿型サイトであったり、コミュニケーション型のサイトでしょう。

カテゴリ: 

日本発のCMS(コンテンツマネジメントシステム)XOOPSの終焉

  • 2 October 2012
  • のぶやん

日本人であるOnokazu氏が開発したとされるCMSのXOOPS(ズープス)は、国際的に認知度が高いCMSとして人気がありました。2002年頃に出てから爆発的に普及して、2004年頃から度々イベントが開催されるなど、日本で多くのユーザーを獲得していました。

しかし!日本の開発者、アメリカ側の開発者で意見が食い違ったり、日本国内において開発者が少なかった事などで、開発が途中で進まなくなり、ユーザーを大きく減らす結果となりました。

日本だけで有名な超ローカルCMSに

現在では、既に日本のみで使われる「超ローカルCMS」となってしまいました。以前にいたはずの「熱狂的なユーザー」も、「イベントに参加していたコアユーザー」も、ほとんど何処かに消えてしまいました。日本のソフトウェアで国際化できたものはほとんど無い中で、XOOPSはある時期に国際的に非常に大きなシェアを持っていたにも関わらず、残念な結果になってしまいました。

カテゴリ: 
CMS

関連記事


関連記事