Drupalは、CMSの中でも最も使うのがメンドクサイCMSになっています。Wordpressのようにブログや簡易サイトとして人気がありますが、DrupalであればWordpressでは出来ないようなユーザー管理から、コンテンツの多角的なマネジメントに至るまで、様々なプロジェクトを行う事ができます。CMSの中では最強と言えるかもしれませんが、それだけ扱いの難易度が高くなり、ほとんどの人はまともに扱えないままやめてしまいます。

日本では馴染みの薄いDrupalですが、アメリカを中心に世界では多くの国で利用されています。

クラウドワークスの中にあったコラムみたいな文章において、WordpressとDrupalが比較されていますが、全くDrupalを使った事がない人が書いた文章というのはすぐ分かります。ほとんどの場合にはウェブサイトの製作者にWordpressをお願いする事はできても、Drupalをお願いする事は出来ません。それは、Wordpressに比較すると、Drupalの方が使いこなすのが圧倒的に難易度が上がるからです。

シンプルに記事を書くスタイルの『ブログ形式』では、Wordpressの方が既に圧倒的に便利になってきており、Drupalを利用するメリットはほとんど皆無になっています。こうやって単にブログをかきかきするだけのサイトでDrupalを使う事はメリットがほとんどありません。Drupalは、アップデートが頻繁なのですが、それがモジュールに合うかどうかのテストに多大な時間がかかってしまって、それが凄まじい負担になります。テストを繰り返さないと使い物にならない代物になっていて、既に複雑すぎるのです。
 

Drupalで「まとめサイト」がどの辺まで実現できるか試してみました。香港の旅行サイトでテストを行ってみる事にします。まだ、未完成部分が多いですが、このサイトを踏み台にして、次のサイトで完成系に近づけていきたいと思います。今後の利用方法として想定しているのは、各地の情報の写真、動画、リンク、地図を1ページ、または複数ページで表示を行う事です。ある地点に関する情報を集約したページを作成するという事で、高度なまとめページを数分で実現しようというものです。

Drupal(ドルーパルは、プログラム言語PHPで記述されたフリーでオープンソースのモジュラー式フレームワークであり、コンテンツ管理システム (CMS) である。昨今の多くのCMSと同様に、Drupalはシステム管理者にコンテンツの作成と整理、提示方法のカスタマイズ、管理作業の自動化、サイトへの訪問者や寄稿者の管理を可能にする。 その性能がコンテンツ管理から、幅広いサービスや商取引を可能にするにまで及ぶことから、Drupalは時々「ウェブアプリケーションフレームワーク」であると評される。

Drupalは洗練されたプログラミング・インターフェースを提供するものの、基本的なウェブサイトの設置と管理はプログラミングなしに成し遂げることができる。Drupalは一般に、最も優れたWeb 2.0フレームワークの一つであると考えられている。



関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止