恋愛テクニック


アドセンス広告

年収・条件にこだわっていると、結婚・ご縁が遠のく理由

  • 18 November 2018
  • のぶやん

婚活をしている女性で、条件を先にあげている人は、結婚しづらいだろうなーと思います。条件よりも、『2人が一緒にいて楽しいかどうか』というのが非常に重要です。年収300万円の生活と、年収500万円の生活は、サラリーマンであれば、それほど大きな違いはありません。6000円のビジネスホテルか、8000円のビジネスホテルという違いぐらいになります。

イケメンで年収が高いという条件が良い人は、男性35歳前後でもいる事はいますけど、それなりに女性に求める要求が高くなるのが通常です。普通は、25歳ぐらいの女性を選んだり、超高学歴を選んだりなど、「まさに普通の女性」を選んだりはしません。

年収・条件にこだわっていると、結婚・ご縁が遠のく理由

健康と人柄が重要

健康である(現在のところ特に病気がない)という事と、人柄が良ければ、もうそれ以上の事を求めても仕方ありません。タバコを吸わない、お酒を適度に飲む程度、ギャンブルをやらないぐらいの「人柄」を重視して、それ以上の条件を深くみていくと、ほとんど結婚ができなくなってしまいます。

自分が好きに慣れそうで、相手も結婚したいと思っている時期には、考えすぎずに結婚した方が良いでしょう。あれこれと悩んでいると、相手が別の人のところに逃げてしまいます。1度、チャンスを逃すと、次のチャンスがいつになるか本当に分かりません。

カテゴリ: 

恋愛に見える『選ぶ立場』と『選ばれる立場』とは?女性のお尻を追いかける男性がモテない

  • 21 June 2016
  • のぶやん

女性の恋愛で、自由に男性を選べるのは、一般的に30歳ぐらいまでが限界とされています。30歳を過ぎた女性の見た目劣化は著しいので、30歳を過ぎた女性は、一般的に『賞味期限切れ』とされて、選べる立場ではなくなってしまいます。20代のまま、選べる立場だと思って相手を見ていると、全く相手にされないという事も起こってくるでしょう。特に33歳を超えた女性を選ぶ男性は、年齢だけでほぼ皆無になり、40歳以上のオッサン男性ぐらいしか見当たらなくなります。良い男性は既婚なので、不倫する女性が急増します。

逆に言えば、30代の代の女性を相手にしなくても良いという事にもなります。自分が選べる立場にある場合には、30代の女性を相手にせず、20代の女性に優しくしておけば良いでしょう。30歳までと言われていますが、現実的には29歳が限界で、それ以上の年齢になると『おばさん』と言われかねません。

男性が選べるのは、35歳まで

男性の場合には、一般的には選ぶ立場ではなくて、選ばれる立場です。しかし、ある程度の見た目であれば、35歳までは『選べる立場』に立つことができます。選べる立場にあるうちに誰かを選んで結婚するのが男性としての道なのですが、そう簡単にいかずに35歳をすぎると、男性の場合には女性以上に厳しいハードルが待ち受けています。

35歳以上になったら、いけてるオジサンを目指さないと、女性に全く相手にされなくなってしまいます。特に今まで女性に相手にされてこなかった男性は、35歳を過ぎれば、もうオワコン臭がただよってきます。周囲から近寄る女性も少なくなり、全く女性に相手にされなくなってくる年齢です。

合理的に頑張るようにする

女性に受け入れて貰う為には、男性としての魅力を欠かす事ができません。清潔感を持ちながら、服装などに日頃から気を使う事が大切です。清潔感を出せばいいという事ですが、清潔感は1日で見に着くものではありません。清潔感というのは、いかに良い服装を身に着けたとしても、体全体から出てしまうからです。

清潔感を身に着けるのに最も重要なのは、筋トレをする事です。筋トレで体つきが良くなると、それだけで清潔感が増して見えます。何故なら、筋トレによって肌に張りが出て、清潔に見えてくるからです。他人の目を気にして清潔感を保って生きる事は、オジサンの魅力を高める上で非常に重要になります。

モテる男性を装う事が大事

モテようが、モテまいが、モテる男性を装うという事は非常に重要になります。婚活番組などを見れば分かりますが、女性に人気がある男性というのは、圧倒的な人気で女性を集めます。番組に出演する女性が30人だったら、10人~15人の女性が1人の女性を奪い合うという事も珍しくありません。どうしてこういう事が起こるかと言えば、女性側からすると『最も良い男性を落とせば、良い遺伝子が残せる』と考えているからです。

女性の尻を追いかければ追いかけるほど、女性というのは、その男性を『モテない男性』と認定してしまいます。その為にますますモテない男性になってしまうのです。こういった余裕のある行動を取るためには、常に多くの女性を目にしておいて、代替を定めておく必要性があるでしょう。代替がない環境では、人は容易に1人の女性に集中しがちになってしまいます。

最近の負け組女性は追わない

良い男性をゲットするためには、女性側から追う事も大切になります。しかも、追いかける女性の側は、筋トレしたり、完璧な化粧によって、『選ばれる女性』にならないと良い男性をゲットする事は出来ません。

女性のケツを追いかけても無駄

女性のお尻を追いかけて女性がゲットできるのであれば、全く苦労しないでしょう。男性は、女性の尻を追いかけるのではなくて、自分の魅力を高めて女性を惹きつける事が大切です。女性の側から言い寄られるようにならないと、女性から見ると『男性として魅力的』とは言えないのです。

女性から言い寄られる男性になる為には、周囲の女性たちの評判を良くしておく必要があるでしょう。そして、1人の女性が追いかける男性は、何か価値があるような気がして、他の女性も追いかけ始めるのです。

よれた服装を捨ててきちんとした格好をする

よれよれの服装を着ていると、それだけで清潔感が大きく損なわれてしまいます。



11 votes
+
Vote up!
-
Vote down!
カテゴリ: 

人間の相性と言うのは、会った時に分かる

  • 28 January 2016
  • のぶやん

相性というのは、後から良いか悪いか分かる時もあるけど、最初に会った時に相性がいいか悪いかが分かる事も多いですね。要は、相手に興味を持てるか、興味を持てないかということなんですけど、男性というのは、興味を持った女性の前では笑うし、興味を持った女性には、他の助成よりも優しく接するという特徴があります。そういった態度を見て、女性の方も『この人は優しい』というように感じる事が多くなるのでしょう。

相性が悪い相手と何をやってもうまくいかない

相性が良い相手というのは、自分と性格が同じとか、自分と性格が違うという問題ではなくて、ぱっと見た感じとか、少し話した時に『なんとなくタイプだ』と感じるものなんだと思います。それで近くにいることが多ければ、恋愛に発展する事も多いので、職場恋愛などはかなり多いと思います。

男女が会った時には、必ず『この人と付き合ったらどうなるか』と連想してしまうのが普通だったりするのですけど、その時に『幸せな気持ちになれそう』と考えるならば相性が良いという証拠でもあります。最初にポジティブに捉えた人に対して、人というのは優しく当たることが多いでしょうし、最初にネガティブに捉えた人に対して、人というのはネガティブに捉える事が多くなるでしょう。

誰とどのように出会いたいか

最初に『お金持ちの男性』をゲットしたいと思うのであれば、お金持ちの男性が出入りしている場所に身を置くのが一番でしょう。簡単に言ってしまえば、ビジネスクラスに座っていれば、隣の人は全部ビジネスクラスです。エコノミークラスに座っていれば、周囲の人は全部エコノミークラスです。エコノミークラスに座っているにも関わらず、ビジネスクラスの人と出会うという事はほとんど不可能です。

ビジネスクラスの人と出会いたいのであれば、ずっとビジネスクラスに乗りつつけていればいいのですが、普通にそんな事をしていたら破綻してしまいます。ビジネスクラスにたまに乗った時に出会いを求めるか、少しずつ自分を向上させてビジネスクラスに乗るチャンスを伺うという方法もあります。あるいは、会社のお金でビジネスクラスに乗るという事もあるでしょう。どこに住むかというのは、周囲の人を大きく決定づけてしまいます。特に日本でも格差社会になってきており、住む場所が大きく影響するようになってきています。

場の雰囲気をどのように作るか

ある箱の中に人が座っていたとして、その場を作り出すのは人な訳ですけど、教室に若者が座っている場合と、高齢者だけが座っている場合だと全く印象が異なります。誰かと会うときには、自分がその相手に失礼がないように『しっかりとした格好』をして挑む必要があるでしょう。相手がスーツで来た時に、こちらがジャージではダメなわけです。汚いと思うような格好があれば、すぐに捨ててしまうのが良いでしょう。

最初に格好を見て付き合いたいかどうかを決めるという人は多いですね。汚い格好の人だと、誰も熱心に付き合いたいと思わなくなってしまいます。

先生と生徒の相性もある

天才的な生徒というのは、先生に理解されない事が多いようです。先生の言うことを良く聞いていたのでは、先生のレベルにしかなれないという事でもあります。もちろん、先生が素晴らしい先生で良い影響を与えてくれるという事は多々あるかもしれませんが、それと同じぐらい先生が生徒の才能を良く理解せずに生徒を潰すという事も良くあります。

良いことが連続して起こる

人間の良いことというのは、連続性を持っているようです。それは、自分の余裕と大きく関係していると思います。余裕がなくなると、人間というものは、様々な悪い行動が連続するようになってしまうのです。例えば、お金に余裕ができていれば、友達から誘われたとしても気軽に応じることができるし、楽しい旅行にも行けるかもしれない。そして、その余裕が様々に良い方向に作用してくのです。良い友だち関係が増えたりとか、良いチャンスが巡ってきたりとか。良い循環というのは連続して起こるし、それは更に良い循環を生み出していきます。

余裕がない状況というのは、いくらチャンスがあったとしても、そのチャンスをゲットする事ができないのです。

 

カテゴリ: 

好きだけど避けしてしまう恋愛の心理

職場や学校でなんだか好きな人に避けられている気がすると悩んでいる人が沢山います。 恋愛経験が少なく、異性に慣れていない未熟な男女は 、好意を持っている相手を前にすると、ついついそっけない冷たい態度をとってしまうという。 奥手で小心者、恥ずかしがり屋のシャイボーイやシャイガールはこの好き避けの 症状が露呈してしまうことが頻繁にある。 好きなのに嫌いであるかの行動をしてしまうのです。 具体例を挙げると、近づくと逃げるように遠ざかってしまう、目を見つめると目を合わせない、 サッと目を逸らされてしまう、 話しかけると笑顔がなく無表情、不機嫌そうで怒っているような表情を浮かべているなどのパターンがよくある。 好き避け男女の性質としては、基本的にあまのじゃくであり、 本命、本気の気持ちで好きな人であればあるほど、本心とは裏腹の行動をとってしまう。

アドセンス広告

関連記事