20万円あれば、個人株主として配当・株主優待を受ける銘柄を買える!日本で株主優待を受け取る事の有用性!リゾートバイトでお金を貯める


アドセンス広告

  • 12 December 2018
  • のぶやん

日本においては、貯蓄ゼロ世帯が増えています。貯蓄ゼロ世帯というのは、その日、その日を暮らす事が精一杯の人達であり、銀行残高が常に10万円以下の状態の人たちです。銀行残高が10万円以下の人は、働くのを辞めてしまうと一気に生活困窮者に陥ってしまうリスクを抱えています。

株式投資するお金を貯めること

個人株主になるには、20万円ほどの手元資金が必要です。その手元資金をためる事ができないと、配当・株主優待を受け取る事ができません。月額15万円ほどの収入で、貯蓄ゼロでその日暮らしをしている人にとって、20万円を貯めるという事は大変です。ボーナスもない非正規雇用で年収200万円ぐらいだと、まとまったお金を貯める事ができずに、ギリギリの生活をしている人が多いです。

20万円あれば、個人株主として配当・株主優待を受ける銘柄を買える

個人が株式投資でボーナスを得る時代

個人が会社に勤務して労働からボーナスを得られる時代は終わりました。今の時代は、労働からボーナスを得る時代ではなくて、企業の配当金からお金を得る時代に変わってきています。企業の配当金・株主優待を得るためには、株式にお金を投資する必要がでてきます。

簡単に言ってしまえば、かつて労働者に渡っていたボーナスは、株主の配当金・株主優待に回されるような時代になったという事です。

株主優待を利用して貧困脱却

日本の株主優待の特徴としては、その目的が『企業が多くの株主を抱える事』にあるので、最小単位100株(多くの株式で10万円~30万円)で株式を保有する事ができます。株主優待制度というのは、大株主に有利なシステムというよりは、むしろ個人株主にとって非常に有益なシステムと言えるでしょう。ほとんどの企業において、株主優待は『個人の楽しみ』として設計されているからです。

言い換えれば、日本の株主優待を上手に利用するには、様々な銘柄に幅広く投資する方法が効率が良いという事になります。

どのように20万円を貯めるのか

貯金が全くできない『貯蓄ゼロ世帯』が増加する中で、投資するために20万円という金額を貯める事は、簡単ではありません。先ずは、投資する種となるお金を貯める事が出来なければ、投資どころではありません。貧困状態から脱却するには、投資の資金を手元に貯め込む事が最優先課題になります。

1、実家に住んでお金を貯める
2、副業アルバイトでお金を貯める
3、家賃・交通費・外食費などを下げること
4、リゾートバイトなどで一気に貯め込む

お金を貯め込んで投資にあてると、さらに配当金・株主優待などを得る事ができるので、さらにお金を貯めやすい環境を構築する事ができます。最初に我慢して富を増幅させることが大切になります。最初に20万円を貯めて、次に50万円を目標にして、それから100万円を目標に設定して貯めていきます。10年~15年計画で貯めたお金を投資していけば、ジワジワとリターンを得る事ができるようになるでしょう。

リゾートバイトでお金を貯める

東京などでフリーターをやっていてお金が貯まらないという場合には、リゾートバイトに行けば、寮・食事付きなのでお金が貯まりやすくなります。正社員になれていない派遣社員・アルバイトは、いつでも辞める事が可能なので、とりあえずお金が手元に残る方法を選択する必要があるでしょう。

リゾートバイトならリゾバ.com

東京で働いていても、家賃・生活費でお金を貯める事ができなければ、全く豊かになる事ができません。東京で働くのではなくて、リゾート地で働くことで、寮費・食費が無料になるので、お金を貯めるのに最適です。

おすすめ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事