H&M


アドセンス広告

言語: 

シャネル(CHANEL)のチョイスは凄まじい。カール・ラガーフェルドだけじゃないシャネルが売れる理由!常に最新を取り入れるマニュアル化されないファッション

  • 27 January 2017
  • のぶやん

2015年に路上がきて、2017年にクラウドを持ってきている。ここまでやれるのは、他のブランドを突き放して、独走態勢と言えるでしょう。

世界中の20代、30代の女性がみんなスマートフォンを持ち歩いている中で、ファッションもその中にあるという強烈なメッセージになっています。

マニュアルが存在しない世界

ファッションには、『こうすれば成功する』というマニュアルが存在していません。毎年のように流行が入れ替わり、最新のファッションというものが世界で考えられる中で、シャネルだけ最先端を言っていると思うのは、シャネルの動画を見ても分かります。

シャネルは、美術館もあったし、レストランもあったし、ストリートもあって、空港もあった。その時代に合わせてファッションショーのあり方を変えてきた。まだ、水族館みたいなのはないから、次は魚が泳ぐ中で歩く事を期待したいと思う。

カメラの配置が鋭い

カメラを何台も使っていますが、後ろ側から撮影したり、回したりする映像を使っていて面白味があります。更にカメラワークに安定感もあって、見ていてストレスになりません。

人を入れて後ろ側から撮影

後ろ側から撮影した動きのある映像。

実際に自分が車に乗り込んだかのような風景のもあり、臨場感を出しています。まるで、自分が体験しているような。カンヌ国際映画祭の衣装をCHANNELが担当した時のものを映像にしたもので、Kristen Stewartを追いかけているものです。

ユニクロにない面白さ

シャネルを見ていると、ユニクロには絶対にない面白さがあります。今のユニクロは、『洋服を売りたい』というのが見えすぎていて、生活感というものがありません。錦織圭みたいな有名人を起用して、テレビで強引に見せるというのが一番面白味がないですね。ファッション業界が何やってんだよ、と。もっと面白いことを思いつくのがファッション業界だと思うんです。

効率と面白さというのは、反比例するのかもしれませんね。

H&Mでは、このCMが一番面白かったです。何がいいかと言えば、何となく身近な感じがしますよね。生活感が出ていて、ちょっぴり楽しむ女子会みたいな雰囲気があって面白い動画に仕上がっています。

カテゴリ: 

日本上陸した時に楽しめたファストファッションのH&Mがつまらない場所になってしまった。同じ服しか置いてない!努力する百貨店と飽きるファストファッション

  • 13 January 2017
  • のぶやん

2008年に日本上陸してきたファストファッションのH&Mですが、いつ行っても同じような服装しかおいておらず、ものによって『去年も置いてませんでした?』と思うような服装が増えて、行ってもつまらなくなって、あまり行かなくなりました。H&Mは、確かに安い商品を扱っていて、安いから行くんですけど、バーゲンで安いのしか買わないです。

お店に求められる面白さ

最近、熱帯魚屋さんに行ったら、凄く混んでいて驚きました。熱帯魚屋さんがデートスポットのようになっているのです。熱帯魚屋さんに行くと、見ているだけで水族館にいるような気分になって面白いんですよ。非日常の感覚が楽しめるというか、しかも熱帯魚を買わなければ、無料で楽しめる訳で、本当に多くのカップルが来店して楽しんでいました。

IKEAが良くできているのは、家具を売る場所なのに、何故だか安いレストランがあってコーヒーを楽しんでいけたりとか、名物ホットドッグがあって100円でホットドッグを楽しんでいけたりとか、エンタメ性があるから面白いのです。だから、デートで行こうとか、友達とIKEAに行こうという事になっていくんですね。販売しているのは、家具なんだけれども、家具だけじゃなくて『楽しさ』とか『雰囲気』が売り物なんです。

伊勢丹新宿本店の屋上庭園

伊勢丹新宿本店には、屋上庭園があります。屋上庭園「アイ・ガーデン」と呼ばれるシンプルな庭園なんですけど、気軽に屋上に行けて素敵だなと思うのです。地下でお弁当を買って屋上で食べたり、子供連れなどが屋上に行って休憩するなどファミリーにも人気があります。百貨店に行って単に買い物をしたという記憶ではなくて、こういった庭園で少し遊んだとか、別のものを見たという楽しみがあれば、百貨店に行く理由にもいいなと思うのです。屋上庭園だと、子供が動き回る時に写真も撮影できますしね。

百貨店は、特に地方の百貨店は非常に厳しい状況にあり、次々と閉店しています。駅前の百貨店などでも閉店する場所が多くなっていて、駅前の過疎化(シャッター商店街化)に加速をかけています。今では、既にイオンなどの郊外店舗に来るまで買い物に行く生活スタイルが普通になっているので、わざわざ街中の百貨店に行かなくなっているのです。

2016年だけでも大型の百貨店が大量に閉店しています。

2016年1月「伊万里玉屋」閉店
2016年2月「西武百貨店春日部店」閉店
2016年9月「西武百貨店旭川店」閉店
2016年9月「そごう柏店」閉店
2016年11月「千葉パルコ・西友千葉パルコ店」閉店
2016年12月「プランタン銀座」閉店

更に2017年に多くの百貨店が閉店予定となっています。

2017年2月「西武百貨店筑波店」閉店
2017年2月「西武百貨店八尾店」閉店
2017年春ごろ「三越千葉店」閉店
2017年春ごろ「多摩センター三越」閉店
2017年7月「阪急阪神百貨店 堺北花田阪急」閉店
時期未定「伊勢丹松戸店」
時期未定「伊勢丹相模原店」
時期未定「伊勢丹府中店」

こうして見ると、百貨店と言う形態が既に時代に合っていないという事が分かります。今の時代は、都心においてさえ、1つの大型ビルに何でも置いているというよりは、大型ビルにドンキ・ホーテのようにビル全体に1つの会社が入って商品を陳列していたりすることが増えています。H&Mなどのファストファッションも1階から3階までH&Mというように広大な売り場に大量の商品を配置するようなスタイルになっていて、百貨店のように狭い場所に陳列するというスタイルでは、客のニーズに応える事が難しい状況になっているのです。

カテゴリ: 

今年に入ってからユニクロに全く行かなくなってる

  • 26 August 2015
  • のぶやん

2014年は、ユニクロをフル活用した年でもありました。ユニクロとか、H&Mのファストファッションと呼ばれる店に1週間に1度ぐらいの割合で必ず行って何か買っていました。仕事柄、服装が必要だったというのもありますけど、ユニクロで新しいものを気軽に揃えておきたいと思っていたのだと思います。そして、仕事が変わった今年になってから、ユニクロには全く行かなくなりました。

今年に入ってからユニクロに全く行かなくなってる

価格が高いと感じる

ユニクロの価格設定について言えば、ズボンとか4000円とかするんですけど、消費税が8%付くと4320円ほどの価格になります。普段着として着ていると、思ったよりすぐにダメになっちゃうし、似たようなのをまた買うとなると、「あれ、前に4000円も使ったのに、また4000円はもったいないな」という気がしてくるのです。ユニクロじゃなくて、どうせ消耗品なら、H&Mの1500円ズボンでもいいかなと。

そうなんです、ユニクロは、消耗品として買うものというイメージが定着しているので、4000円ですら高く感じてしまうのです。消耗品で買うとすれば、3000円以下じゃないと庶民にとって高い買い物だと感じてしまいます。出来ればどの服装でも2000円以下で買えた方がいいかなと。4000円となると、オシャレに着て歩く服装も買える気がしてくるのです。

ユニクロにマジで飽きた

ユニクロで毎週のように買い物をしていると、似たような服ばかりで本当に飽きてしまうのです。特にズボンとかになると、自分が選びたいと思うズボンが何となく置いてなかったり、もう持っていたりするようなズボンになってくるので、新しいものが手に取りづらくなってしまうのです。

あー、これ前も買ったよな・・・別のは高いし、ユニクロでもう何も買うものないよな・・・・と思って、別のお店に行ったりする訳です。何度も何度もユニクロで買い物をしていると、自分が買うものなんて決まってくるし、それを新しく何度も買う気にはならないんですよね。

安いことが何より大事

ユニクロに限った事ではないですけど、私だってブランド服に興味がないわけじゃないんです。普通の人と同じように、高い服というのもそれなりに持っているのですけど、それを買う為に普段は安い服で押さえたいのです。普段から中途半端な服を買っていたのでは、高い服を買うお金までなくなってしまいます。普段は安い服で抑えておいて、いざとなった時に高い服を身に着けられるようにしておきたいという事です。

ユニクロに対するイメージは、「安くて良い服装」というものだったのですが、今のユニクロは、「普通の価格でまあまあ良い」というものになってしまいました。H&Mなどは、めちゃくちゃ安くてボロボロになるような服も多いのですが、H&M渋谷などでは、それなりのジャケットとか服装も置いていたりします。

H&Mの方が良さを感じる

H&Mでは、安いものはユニクロの比較でないぐらいに安く置いていて、ペラペラの生地で布地もそんなに良くないのに、外出する時にユニクロじゃなくてH&Mの服を選んで外出することが多いのです。それは多分、ファッション性が高いからという説明になると思うのですが、ユニクロだってファッション性に力を入れているはずなんですけど、何だかクールじゃないんですよね。

H&Mが私のスタイルに合っているというのもありますけど。ユニクロも大人でクールな感じを出してほしいと思っています。

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事