ユーチューバーなどは、Googleのユーチューブのプラットフォーム上に乗って活動する人が多いですが、基本的に時間を自由に使う事ができます。自分の時間を自由に使う事が出来るという事は、人間の生きる権利の1つと言えるでしょう。会社に縛られて、朝に出社して夕方に帰ってくるまで拘束されるというのは、人間の基本的な権利を侵害されていると考える事ができます。

お金持ちになる方法は多様である。 お金持ちになる方法は、1通りではありません。いろいろお金持ちになる方法がある中で、特に可能性が高いのは、自分のビジネスを起こして成功する事です。可能性は大きいですが、経済成長がない中で難易度は高い方法と言わざる得ないです。

自営業者がサラリーマンにはない強みと言えば、『自分で物事を決められる』という事です。これがなければ、自営業としての優位性というのは確保できません。サラリーマンをやっていた方が良いでしょう。

コンビニチェーン店のオーナーなどは、『自分で決定できること』というのは、採用するアルバイトであったり、入荷する商品などです。店舗の設計であったり、接客のシステム、入荷する商品のラインナップなどは全て本部が決めています。その中で自分がどう活躍するかというのを頑張る訳ですけど、決められたシステムの中で活躍するには限界がありいます。

私も様々な人に「インターネットで独立したい!」と言う人の話を聞きますけど、独立にしても、起業にしても、そんなに簡単に成立するのであれば、誰もサラリーマンをやっていない気がするのです。独立・起業の良い所は、自分の時間を朝から晩まで、ほとんど自由に使えると言う点です。「生活を何とかしなければいけない」とか「従業員の為に事業を何とかしなくてはいけない」というプレッシャーは、サラリーマン以上のプレッシャーがあるかもしれませんけど、少なくとも時間の選択だけは自由に行えるようになります。

アメリカにおいては、フリーランスで働くという働く形態が普及しており、働く人の4分の1ほどがフリーランスとして働いているという事です。フリーランスと言っても、働き方というのは様々であり、1人で企業と提携して働く働き方もあれば、小さい会社をやっている人をフリーランスとして定義する場合もあります。日本では、その多くが企業と人脈を通じて直接契約する人を指す場合が多いです。また、ジャーナリスト、カメラマン、撮影スタッフなど個人で契約して動く人もフリーランスと言えるでしょう。

アメリカでは、5000万人がフリーランスとして労働(4人に1人)しているとされていますが、日本では40人に1人しかフリーランスで働いていません。今後は、日本でもフリーランスで働く労働形態が増えていくと考えられています。日本では、派遣社員、派遣労働者の雇用形態などが度々問題になりますが、こうした労働者たちが自分たちでフリーを宣言して「会社との対等な関係としての契約」に基づいて仕事をしていかないと、自分の立場が危なくなるという事に気がつきはじめるのも時間の問題でしょう。言い換えれば、派遣社員・派遣労働者は、実力を付けてフリーとして会社と直接契約していく必要性が出て行くということでもあります。

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止