KDDIは、ハウツーサイトのNanapiというサイトを77億円で買収したという事で、市場を驚かせました。

このNanapiというサイトですが、今の状況は完全に個人サイトレベルのアクセス数しか集めておらず、Similarwebで見ると日本で1万位にも入っていない状況となってしまっています。77億円という数字がガチであれば、KDDIにとっては、1億円以下のものを77億円で購入した事になって買収は完全に失敗だったと言えるでしょう。

DeNAの執行役員をしていた村田マリ氏は、業界では『iemo社を高値で売却した人として有名人であり、News Picksでも『村田マリがシンガポールに移住した理由とは?』という形で取り上げられていました。確かにシンガポールにいながら事業をするなんて、傍から見たら凄いことをしているようにも見えますし、iemo社を売却しただけではなくて、子育てをしながら大手IT企業とされるDeNAno執行役員まで引き受けるなんて、これまた凄い。

NanapiがKDDIグループに株を取得されてその傘下になったという事ですけど、ほとんど儲かってないことが明らかになりました。Nanapiが広告モデルで儲からないことは以前のブログでも指摘した通りですが、Nanapiが儲からない理由としては、検索エンジンのみに依存するところが強すぎるという事があります。

関連記事

税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止