仮想通貨


アドセンス広告

仮想通貨は広義にはゲーム内通貨などを含めることもある。しかし、一般的には流通性や汎用性を持つ電子的な決済手段に限定して定義されることが多い。流通性とは人的な交換可能性が高く不特定多数の人々の間で決済手段として用いられる性質を言う。また、汎用性とは物的な交換可能性が高く特定の商品・サービスとの交換に限定されない性質を言う。 EUの決済サービス指令は利用が発行者による場のみに限定されている支払手段については非適用範囲としている。 日本では、資金決済に関する法律において「仮想通貨」の定義が導入されたことにより、英語圏でCryptocurrency(暗号通貨)と呼ばれているビットコイン(BTC)などが仮想通貨と呼ばれている。

アメリカ合衆国財務省の局である金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は、2013年に発表されたガイダンスで仮想通貨を定義している。欧州銀行当局は、2014年に仮想通貨を「中央銀行または公的機関によって発行されたものでも、決済通貨にも付随するものでもなく、支払手段として自然人または法人によって受け入れられ、電子的に譲渡、保管または取引される価値のデジタルな表現」と定義した。 対照的に、中央銀行によって発行されるデジタル通貨は「中央銀行のデジタル通貨」として定義される。 仮想通貨は中央銀行や政府などの国家主体が発行せず、規制が及ばない通貨としての性質が強調される用法もあるが、定義によっては、中央銀行などによる仮想通貨の発行は必ずしも排除されない。ベネズエラ政府が経済危機への対策として埋蔵原油を裏付けに発行したデジタル通貨「ペトロ」は仮想通貨と呼ばれているほか、中銀版デジタル通貨の検討・実験が始まっている。 一般に、ビットコイン(BTC)やオルトコインなどは、英語圏ではCryptocurrency(暗号通貨)と括られるのに対し、日本では、資金決済に関する法律において「仮想通貨」の定義が導入されたことにより、仮想通貨と呼ばれる。

ビットコインを開発したとされるSatoshi Nakamoto(中本聡)って誰だよwww

  • 26 November 2017
  • のぶやん

ビットコインは、ビットコインの最小単位で1Satoshi、2Satoshiと『さとし』という数え方するみたいです。それは、ビットコインの生みの親がSatoshi Nakamotoという男性で、公表によると37歳で日本人ということから来ているそうです。しかも、中国語のWikipadiaでは、漢字変換されていて、中本聡となっています。

日本でインターネット上では、中本哲史が一般的とされています。開発者が欧米系の人物であったとして、どうして日本人の名前が使われたのかなど、不明な点が多いところが多くの人の興味をひいています。

PR

Craig Steven WrightがSatoshi?

オーストラリアのCraig Steven Wrightは、自分がSatoshi Nakamotoであると自称しています。この根拠は、彼がcomputer scientistであることから信じる人もいます。しかし、このことはビットコインコミュニティの中で論争中(strongly disputed within the bitcoin community)であり、多くの人はこのことを信じていません。

イケダハヤトが仮想通貨で大儲けしているらしい

  • 25 November 2017
  • のぶやん

このブログで何度も「アフィリエイトは儲かりません」と書いていますが、一部の方は儲かっているそうです。とくにイケダハヤト氏は、ご自身のブログで1日10万円ほど稼いでいると書いていて、月額300万~500万も稼いでいるそうです。年収2000万円~3000万円も報酬があるなんて、さすがイケダハヤトさんですね!

サラリーマンの年収を1ヵ月で稼ぐ

イケダハヤト氏によると、月収が確定報酬で300万円ほどになりますので、サラリーマンの年収をわずか1ヵ月で稼ぎ出すということになります。その稼ぎ方は、ビットコインのアフィリエイトを行っているということだそうです。

ビットコイン自体は、QUOINEXで取引を行うことができたり、GMOコインでも取り扱いを行っています。イケダハヤト氏がどのぐらいのビットコインを保有しているかは良く分からないですが、過去に1000万円単位で保有していることを豪語していました。ブログに書かれている内容も、かなりウキウキとした内容になっています。

ビットコインが流行する理由

ビットコインが流行っている理由は、中国人が人民元を信用せずにビットコインを買いあさっているからという記事が多いです。実際には、それだけではなくて、世界中の様々な人が、いろいろな思惑でビットコインを買いあさっているのでしょう。そうでなければ、これほどまでに値上がりすることはありません。

10万円を超えたのが1年前かと思ったら、今では100万円に到達する勢いです。仮想通貨の需要それ自体は、銀行業務を置き換えるところまで継続される可能性があります。しかし、その仮想通貨がビットコインである可能性は不明で、どの通貨が値上がりするかは、未知数のところがあります。いずれにしても、必要とされる通貨はどんどん値上がりすることだけは間違いありません。

GMOは、2018年中頃を目途にして気温が低くて電気代が安くなる北欧にサーバー拠点を作って、ビットコインを自社で発掘しまくることを公表しています。日本で税金を払うより、海外にビットコインの発掘基地を作ったほうが良いと考えているのかもしれません。サーバーも一緒に設置されるなら、ConoHaのVPSなどでサーバー代金が安くなるかもしれません。

ちなみにGMO社長のプライベートジェットはこちら。

仮想通貨の方が現金より信用できる時代が到来!国家に対する不信と金融機関の取次ぎ業務が消失

  • 15 November 2017
  • のぶやん

仮想通貨は、どのような需要で値上がりしているかと言えば、国家に対する不信感です。現在、どの先進国においても、国債の発行残高が積み上がっていて、どの先進国もGDPの100%を超えるような大きな負債を抱え込んでいます。更に日銀のような中央銀行がどんどん通貨を発行しても、先進国の通貨は代替が効きづらいので暴落しないような『神話』がありました。しかし、仮想通貨の登場によって、その神話は終わろうとしています。

銀行が行ってきた通貨交換

今までは、通貨の交換というのは銀行が独占的に行ってきた業務でしたが、それが仮想通貨によって世界中のサーバーに『業務分散』されるようになってきています。銀行だけではなくて、証券会社の株式売買の取次業務まで全く不要になる事を意味しています。仮想通貨で証券売買を行って、企業が国家を限定せずに仮想通貨でお金の投資金を集めれば良いからです。

このように金融業者による仲介業務は、全て世界のサーバーが代行するようになっていきます。金融業務を世界のサーバーで分散して行った方が効率的で、かつ安全という事が立証されてきたからです。FXの証券会社が仲介手数料を抜き出す必要もなく、日本にいても、アメリカにいても国際通貨である『ビットコイン』を利用してそのまま決済すれば良いという状況になってきます。
 

仮想通貨発掘の競争が加速

仮想通貨を発掘するという事は、従来の金融機関が行ってきたトランズアクションをどんどん奪っていくような作業になります。世界中に置かれてリモートコントロールされたデータセンターでは、仮想通貨の発掘が活発に行われるようになってきており、それは半導体の消費の活況にも繋がっています。

仮想通貨は、今まで銀行が行ってきた業務を奪えるとあって、GMOなどのインターネット企業も参入の動きを見せています。

分散するエネルギー効率

発電設備を考えてみても、原子力発電所のようなものを作るメリットは、危険なばかりではなくて発電効率も悪いものになろうとしています。太陽光発電の効率がどんどん上昇して、太陽光で発電してそのまま自宅や工場で使えるような時代になってきました。太陽光発電の良い点は、近くで発電できるので、エネルギーロスが少ないという点もあります。また、原発のような事故を起こすこともないので非常に安全性が高い発電設備です。今後は、太陽光発電はエネルギーを生み出す主力になると言われています。

データセンターの運用コストの3分の1が電気代であり、電気代を安く抑える事は、データセンター運用に欠かせないものになっています。この為にさくらデータセンターが石狩に設置されるなど、熱効率が非常に良い北国にも注目が集まっています。データセンターの運用は、過疎地のような場所に多くの雇用を生み出しますし、場所を選ぶと環境問題も起こりにくいので、地元に歓迎されます。

マイニング機がAIの正体

AI(人工知能)がホワイトカラーの職を奪うとされていますが、真っ先に失業するのは、銀行員になりそうです。ビットコインなどが発達する事によって、リアル通貨を保有していなくても、リアルなものを手に入れる事ができるようになっています。例えば、サーバーの会社の中には、ビットコインの支払いを認めている会社も増えてきています。

銀行が数多くの銀行員を抱えて数多くの人員によってトランズアクションを行う事は非効率な事であり、マイニング機がそれを代替するようになってきています。テレビの芸能人がユーチューバーに置き換えられるのと似たような動きになっています。

カテゴリ: 
タグ: 

QUOINEX(コイン)でビットコインの取引を始めようと思う。

  • 20 September 2017
  • のぶやん

イケダハヤトが仮想通貨の営業をかけているけど、やってみないで文句を言うのもよろしくない事です。。そこで、QUOINEXで主要の仮想通貨であるビットコインとイーサリアムの仮想通貨を買ってみようかと思い始めています。

QUOINEXでビットコイン

仮想通貨の取引所を調べる

仮想通貨の取引所を調べてみると、アジア最大と言われる仮想通貨の取引所であるQUOINEXが評判が良い事が分かりました。手数料が掛からず、口座開設手数料、口座維持手数料も無料になっているので、無駄なお金がかからずに気軽に仮想通貨の取引を始める事ができます。

アジア最大の取引所コインの特徴

・ビットコイン、イーサリアムの仮想通貨の取引所を運営 
・世界最高水準のセキュリティ 
・業界最多の14通貨ペア数  
・標準で15種類のインディケーターを搭載するシステム 
・スマホ専用アプリでいつでもどこでも取引可能(iPhone, Android, iPad) 
・レバレッジは業界最大、個人25倍、法人50倍(予定) 
・BTCJPYの取引手数料が無料 
・大口トレーダーも大満足のロット制限、建玉制限なし(例外あり) 
・0.01BTCから購入可能(必要証拠金約130円) 
・一括決済ボタンでボラティリティの高い相場に備える 
・クイック入金提携数業界最多。約380の金融機関に対応。 
・業界では珍しいLINEを活用したチャットサポート

シンガポール本社のコイン

QUOINEXは、2014年にシンガポールでスタートした会社で、日本、ベトナムなどに取引所を開設しています。日本で2014年㋊に会社が設立されています。 日本で社長をしている栢森氏は、前職でソフトバンクグループのシニアバイスプレジデントとしてアジア統括を担当していました。今後の仮想通貨の伸びに期待して、会社の社長に就任しています。

社名:QUOINE株式会社
住所:東京都千代田区平河町2-7-3 PMO平河町2階
設立:2014年11月
代表取締役:栢森 加里矢
資本金:約20億円(資本準備金含む)

QUINEXでは、世界の仮想通貨で時価評価第1位ビットコイン、2位イーサリアムの取引が可能となっています。最初に仮想通貨の取引を始める時は、時価総額が大きいこの2つの通貨に絞って取引を行うのが良いでしょう。少し慣れてきたら、QUINEXで14通貨も扱われているので、他の通貨にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

24時間365日クイック入金が可能

約380の金融機関から24時間365日のクイック入金も可能になっています。どの銀行に預金を保有していたとしても、ビットコインの値上がりチャンスを逃さず、すぐにQUOINEX(コイン)取引所に入金する事ができます。

QUOINEXで仮想通貨

取引所に口座開設

QUOINEXの口座開設には、本人確認書類が必要ですが、オンラインでアップロードする事が可能で郵送する必要がありません。

・口座開設が可能な方は20歳以上の方
・最短で1〜2営業日で開設可能
・入金の金額は無制限
・日本国内在住者の外貨の入出金は対応していない。

【QUOINEX】アジア圏最大級のビットコイン取引所!

カテゴリ: 

【悲報】イケダハヤト氏が仮想通貨で500万円を失う!半年でサラリーマン年収分を喪失www

  • 15 September 2017
  • のぶやん

2014年に高知に移住したイケダハヤト氏がブログで『仮想通貨が500万円減少した』と報告していました。何故だか『売るどころか買い増ししています』と、買い増しの宣言までしています。

自分のカネが余っているかどうかは、自分の懐事情であって、相場には何も関係ない事です。株やFXでも言える事ではありますが、客観的に相場を見れなくなってしまうと、下落の時にナンピンを入れるなどして、負けが膨らんでしまう傾向があります。

イケダハヤトの評価損マイナス

イケダハヤト氏がブログで『マイナス500万円』と報告しているので、最大値からマイナス500万円かと思ってブログを良く読んだら、評価損失としてマイナス500万円を抱えている事が分かりました。VALUで調達した資金+自己資金で、仮想通貨を1,200万円くらい保有していたそうなのですが、それが800万円ぐらいになっているという事なのです。まあ、VALUで人から軽く貰った金なら、自分のカネじゃないし、いいんじゃないでしょうかね。

ブログの書き方を見ると、冷静に相場を分析しているようにはとても見えず、ど素人が冷静な分析を書いて感情任せに書いているようにしか見えません。相場に全く慣れていない様子が見て取れます。為替相場であれば、過去の値動きから安い、高いを判断したり、金利動向なども見ながら考える事もできます。しかし、仮想通貨の現状では、分析自体が複雑であり、よほどのプロでもない限りは、非常に難しい値動きになります。

イケダハヤトの仮想通貨

田舎でお金持ちイケダハヤト

田舎でお金が余っているなんて贅沢な話をブログで報告しているイケダハヤト氏。500万円あったら、、、と考えるのは、投資の世界ではNGです。含み益というのは、確定しなければ利益ではないですし、お金を現実に換算してしまうと、相場を客観的に見られなくなってしまいます。

そもそも、フリーランスとか事業をやろうと思っている人が、『汗を書く事を止めて相場で儲けよう』としている時点で、もうオワコンなのです。ブログを書きたくて、書きたくてしょうがない衝動で1日に10本もアップロードして、炎上させていた頃のイケダハヤト氏が懐かしいですね。

真面目に事業する事が大事

イケダハヤト氏のように『暇でギャンブラー』になってしまう人は多いです。サラリーマンで数百万円を貯めて退職して、それからFXで生活する!みたいなニートもいます。何か価値を作っているのではなくて、相場をこなして人のカネを自分の金に付け替えようとしても、なかなか上手くいくものではありません。

イケダハヤトの事業というのは、『ブログで自分の価値を高めて稼ぐ』というビジネスモデルでしたが、炎上などを使って自分の価値を高める事にある程度の成功して、その次にオンラインサロンなどで固定の月収を得る事までは良かった。その次に田舎に移住してから暇になって、ビットコインに燃え始めたのが運の尽きかな。

100億円カジノで負けた大王製紙の井川意高氏

大王製紙の井川意高氏は、億単位の年収を持ちながら、カジノで100億円以上も負けて、大王製紙の子会社などからお金を借りてギャンブルにのめり込みました。井川氏の本を読むと『もともと事業は楽しいと思った事がなかった』と仕事に対して前向きではなかった発言をしています。

大王製紙の井川氏が仕事に熱中しないで、ギャンブルに熱中してしまった姿は、イケダハヤト氏が相場に熱中している姿にも重なって見えます。

東京のように娯楽がない田舎ではパチンコやFXなどのギャンブルにはまりやすい!ビットコインにはまるイケダハヤト

  • 15 September 2017
  • のぶやん

イケダハヤト氏は、東京を出て高知に移住して、インターネットで騒ぐのに熱心な人たちの間で話題になりましたが、最近は仮想通貨・ビットコインの話題ばかりになっています。それだけ、ネタに困ったというか、田舎で他のネタがなくて、仮想通貨・ビットコインに熱中しているという事でしょう。

田舎では、東京のように刺激的にやる事がある訳でもありませんので、面白いお金の使い道がある訳でもなく、東京から移住した時には、『田舎はいいな』と思っている人でも、1年もいると田舎に飽きてしまうのです。そこで、イケダハヤトが見つけた新しい道が仮想通貨・ビットコインだった訳です。連日、ツィッターとブログに仮想通貨・ビットコインの事が書かれています。

田舎では娯楽も少ないし、語り合える友人もほとんどいない。そんなイケダハヤト氏を救ったのが仮想通貨だった訳ですね。

仮想通貨はギャンブル

ビットコインは、今のところ値動きも荒くてギャンブル要素が非常に強いものになっている事は確かです。仮想通貨の話が出てくる時には、かならず『採掘の過程』を良く理解する必要がありますが、イケダハヤト氏のブログにはそんなものはほとんど出てこず、出てくるのは相場の動きばかりになっています。まさに、ギャンブラーと化しているのです。

イケダハヤト氏は、仮想通貨に多額のお金をつぎ込んでいるので、日々の仮想通貨・仮想通貨の値動きが気になって、気になって仕方がないという様子がツィッターからも伝わってきます。

フォロワー離反を招く

イケダハヤト氏が東京を離れて高知に移住したのは、2014年6月頃であり、それから3年ほどの歳月が経ちました。田舎暮らしにも慣れてきたというよりは、田舎暮らしにも相当に飽きてきたと思います。何と言っても、田舎はやる事が少なくて、インターネットで面白い事でも見つけて熱中していない限りは、本当に話題にするものがないのです。そこでイケダハヤト氏が目を付けたのが仮想通貨でした。『仮想通貨でぼろ儲けしよう』と考えたらしく、仮想通貨に絡めたアフィリエイトにも熱心になりました。

以前にイケダハヤト氏のブログを熱心に読んでいたようなユーザーの中には、仮想通貨のギャンブルにほとんど関心を示さない人も多くて、イケダハヤト氏のフォロワーの離反を招いたことは間違いないでしょう。実際、ブログが仮想通貨の記事ばかりになってから、イケダハヤト氏のブログアクセス数は激減(Similarweb確認)しています。

イケダハヤト

1人で能力を伸ばせない

東京にいれば、イケダハヤトのように単独ブロガーだとしても、日常的にいろいろな人に会って交流する機会もあるでしょう。しかし、高知にいるといろいろな人に会って情報交換する機会が圧倒的に少なくなってしまいます。人に会わないという事は、得られる情報が少なくなってしまうという事でもあり、仕事上で社会勉強する機会が減る事にも繋がります。

日本の場合には、東京に高いスキルを持った人たちが集中しているので、田舎にいるだけで高いスキルを持った人と交流する機会が激減します。そうすると、新しい勉強を始めたり、技能を身に付けたりする機会それ自体が減る事になります。東京にいると、世界の情報が集約されている場所で、非常に多くのチャンスを自分から作りだせる事は事実です。様々な勉強会にも容易に参加できますし、イベントやセミナーに出席して情報を仕入れたり、多くの人とコミュニケーションを持てます。それが田舎にいると難しくなるのです。

子育てするなら田舎の方がいい

ビジネスの面で考えると、東京にいた方が圧倒的に良いですが、子育ての面で見ると田舎の方がいいことも沢山あるでしょう。何より、子供が自然の中で良い環境で育つ事も出来ますし、田舎の方が人が暖かくて余裕がある中で暮らせる事も間違いないでしょう。一般的に田舎の方が空気、水、食べ物なども綺麗で汚染が少ないとされています。

カテゴリ: 

仮想通貨に対する期待と不安。ビットコインの登場で新興国通貨が大暴落する可能性?

  • 30 May 2017
  • のぶやん

海外旅行に行って、ATMでお金を引き出すと、3%~4%という手数料が取られて本当に悩ましい問題です。海外で10万円ほど消費したとすると、それに新生銀行だとVISAレートに4%がかかってくると手数料が4000円なんです。海外の手数料が無料と宣伝していたのに、実態としては4%のレートを上乗せして手数料を稼いでいく詐欺まがいの行為を行っていた訳です。

ビットコイン

仮想通貨は海外旅行で使えそう

仮想通貨を使うメリットとしては、海外から引き出す時に有利なレートで引き出せる可能性が高いという事にあるでしょう。日本に居る時は日本円で引き出しますが、アメリカに居る時は米ドルで引き出したり、中国に居る時に人民元で引き出したりできる『可能性』があります。実際には、現段階においてそこまで仮想通貨が進んでいる訳ではなくて引き出しは出来ない訳ですけど、台湾の一部のコンビニでは、ビットコインなど仮想通貨の引き出しに対応しているところもあります。

仮想通貨が普及すると、海外で10万円を消費するのに4%も手数料を上乗せされる事はなくなるでしょう。手数料は取られるかもしれませんが、各国のATM利用手数料ぐらいのもので、多くても1%以下になるでしょう。海外のお金を考えると、ビットコインの可能性は広がるでしょう。オンラインのビットコイン送金であれば、ほとんど手数料がかからない形で瞬時に送金を行う事ができて、しかも安全性も高いとされています。

仮想通貨における法律

従来の仮想通貨と言われていたものは、楽天ポイントのようにポイントがほとんどでした。こうしたポイントは、地域で流通する消費券などに類似する性質を持っているので、日本の法律で実際の日本円に換金される事を想定した保護などが行われるようになっています。実際にポイントを換金しようとした時に換金できないと、消費者は『価値があるはずのポイント』で損害を被ってしまうからです。現在は、未使用通貨が1000万円を超えた場合には、金融庁に届け出ないといけないと定められていててゲーム通貨などは届け出が行われています。また、PASMO、SUICAなどプリペイド式の仮想通貨は、金融庁に登録を行っています。

2016年5月25日に改正資金決済法(仮想通貨法)が成立しています。これによって、ビットコインを扱う業者がFX業者のように届け出が義務化されて、取引所は1年に1回内閣府へ報告書を提出することが義務化されました。現段階では、取引所の開設はそれほど厳しいものではなく、1000万円の資本金、純資産がプラスである事などの要件を満たせば登録できるようになっています。2017年7月から仮想通貨を『購入』する時には、『換金』という定義に改められて消費税はかからなくなります。

新興国の通貨コントロール

新興国においてビットコインが広く流通するようになってしまうと、決済が自国通貨ではなくてビットコインになってしまって、自国通貨を全てビットコインに換金してビットコインで生活するようなスタイルになりかねません。そうすると、庶民も企業も新興国通貨を保有する意味は何もなくなってしまうので、新興国通貨が暴落するようになってしまいます。

従来、新興国通貨というのは、自国の通貨を維持する為にドルに連動させるなどしていました。ドルに新興国通貨を連動させるには、自国内でドルが多めに買われた時にはドルを売るなどして、自国通貨を防衛しながら調整するというものでした。しかし、1997年のアジア通貨危機などは、ヘッジファンドが仕掛けた新興国の通貨売りに中央銀行が対処できない事態が起こりました。新興国の通貨を誰もいらないとビットコインに誰もが換金した場合には、通貨暴落の危険が出てしまいます。

ビットコインを中国人が保有

ビットコインを中国人が保有しているのは、ビットコインの採掘を中国が行っているからです。ビジネスが大好きな中国人は、ビットコインが金になると知ると、競ってビットコイン採掘工場を建設して、ビットコインの採掘を始めました。採掘工場と言っても、安いパソコンを大量に買い揃えて、コンピューターを動かし続けるだけの作業です。ビットコインで大量にお金を稼いで金持ちになった中国人もいると聞いて、更に多くの採掘業者が現れました。

実際、ビットコインを中国人が採掘するのはそればかりではなくて、人民元からビットコインを通じて別の通貨に換金性を持っているからです。中国人は自国通貨である人民元をあまり信用しておらず、他の通貨を持った方が安全と考えています。そこで、外貨を保有できる換金手段としてビットコインを保有しているのです。

中国人が買い支えないとオワリ

ビットコインの価格が上がるのは、人民元の下落とも連動しています。中国人が買い支えなくなると、ビットコインの価格は一気に暴落するものと思われます。つまり、人民元が変動相場制になって、人民元が上がった場合に多くの人はビットコインではなくて人民元を保有した方が外貨を獲得するのに有利だと考えるようになるでしょう。ビットコインは決済通貨として有益ですが、あまりに価格が上下するようだと、決済機能として使いづらくなってしまいます。

中国の人民元が対外開放されていないので中国人がビットコインを買いに走っている訳ですけど、これから変動相場制になって対外開放されると、人民元安になる可能性はあるでしょう。しかし、所得水準、GDPなどを考えると、人民元に需要があるとも考えられ、人民元高になる可能性もあります。人民元がどのようになるかで、ビットコインの将来も変わってくると言えます。

確実に言える事は、人民元は金利のコントロールも可能な事を考えると、当たり前ですが今のところビットコインより人民元を買った方が確実性が高いです。

ビットコインを発掘するコンピュータの速度競争

  • 28 October 2016
  • のぶやん

不動産の資産と、コンテンツの資産は、『収益を生み出す』という点で同じです。しかしながら、収益が減少する速度は、不動産よりもコンテンツの速度が一般的に早いとされていて、10年前のコンテンツが価値を持ち続ける事が難しい社会になっています。

ビットコインの発掘は作業の報酬

ビットコインの発掘というのは、何らかの作業を行う事による報酬とされています。報酬がビットコインで支払われるという概念は、金利に非常に良く似ています。金利と言うものは、人にお金を貸した時のリターンとして計算されますが、ビットコインの場合『作業量に応じて報酬が支払われる』という概念になっています。

これを投資だと捉える場合には、スーパーコンピューターのようなハードで投資して、ソフトの数字を『発掘する』という作業に従事する事になります。一見すると意味のない行動に見えて、電子化されているようですが、その価値担保というのは、『将来のハードを誰かが消費する』という事によって担保されます。

機械の戦争からコンピューター競争へ

第一次世界大戦頃に出現した機関銃は、『機関銃1丁で歩兵1個中隊』と言われていました。航空機、飛行船などが出現して物資と兵器が物を言うの戦いになり、猛烈な砲撃が行われるようになり、人間と兵器が戦うようになりました。産業革命から更に発展した、『大量物資の消費・そして大量生産を行う工場』がここに確立していくことになります。

ビットコインは、ハード面の消費を後押しする効果があるので、大量にパソコンを使う可能性の後押しになっていきます。ビットコインの発掘は、パソコンの大量消費を促進するものである可能性があるのです。もし、そうでなければ、発掘の競争が行らない事になるので、ビットコイン自体が価値を持たないかもしれません。

ビットコインで起こった事件

日本では、渋谷にあった2014年のマウントゴックスでビットコインが100億円ほど盗難されたという事件が起こりました。また、香港に本拠を置く仮想通貨ビットコイン取引所、ビットフィネックスでも2016年8月3日に盗難が発覚しました。顧客の口座から11万9756ビットコイン盗難時の時価で7200万米ドル相当)が盗まれたという事です。そして、ハーバード大学では、大学のスーパーコンピューターを用いて、Dogecoin / ドージコインという仮想通貨を発掘していた学生がアカウント停止処分となりました。

他人のパソコンを使ってマイニングするという事は、ハーバード大学だけではありません。2013年4月にゲームで遊んでいたゲーマーが
オンラインゲーム会社E-Sportsのゲーム中にパソコンに余計に負荷がかかる事を発見して、ログを確認したところ、PCがチェコにあるビットコインのプールで他人のビットコインマイニングを手伝っていることが判明したという事です。

Pages


アドセンス広告

関連記事