仮想通貨


アドセンス広告

仮想通貨は広義にはゲーム内通貨などを含めることもある。しかし、一般的には流通性や汎用性を持つ電子的な決済手段に限定して定義されることが多い。流通性とは人的な交換可能性が高く不特定多数の人々の間で決済手段として用いられる性質を言う。また、汎用性とは物的な交換可能性が高く特定の商品・サービスとの交換に限定されない性質を言う。 EUの決済サービス指令は利用が発行者による場のみに限定されている支払手段については非適用範囲としている。 日本では、資金決済に関する法律において「仮想通貨」の定義が導入されたことにより、英語圏でCryptocurrency(暗号通貨)と呼ばれているビットコイン(BTC)などが仮想通貨と呼ばれている。

アメリカ合衆国財務省の局である金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は、2013年に発表されたガイダンスで仮想通貨を定義している。欧州銀行当局は、2014年に仮想通貨を「中央銀行または公的機関によって発行されたものでも、決済通貨にも付随するものでもなく、支払手段として自然人または法人によって受け入れられ、電子的に譲渡、保管または取引される価値のデジタルな表現」と定義した。 対照的に、中央銀行によって発行されるデジタル通貨は「中央銀行のデジタル通貨」として定義される。 仮想通貨は中央銀行や政府などの国家主体が発行せず、規制が及ばない通貨としての性質が強調される用法もあるが、定義によっては、中央銀行などによる仮想通貨の発行は必ずしも排除されない。ベネズエラ政府が経済危機への対策として埋蔵原油を裏付けに発行したデジタル通貨「ペトロ」は仮想通貨と呼ばれているほか、中銀版デジタル通貨の検討・実験が始まっている。 一般に、ビットコイン(BTC)やオルトコインなどは、英語圏ではCryptocurrency(暗号通貨)と括られるのに対し、日本では、資金決済に関する法律において「仮想通貨」の定義が導入されたことにより、仮想通貨と呼ばれる。

コインチェックがハッキングでNEM580億円を盗まれた事件!

  • 27 January 2018
  • のぶやん

2018年1月26日に行われた記者会見では、社長の和田晃一良社長、大塚雄介取締役が現れて、顧客資産がNEMで時価580億円を盗まれた事を明らかにしました。

この会見は全てAbemaTVで放送され、夜中であるにも関わらず高い視聴率でした。

2018年1月16日のコインチェック
03:00AM ハッキングされる
11:30AM 異常を検知する
12:00PM NEM入金を一時停止
12:30PM NEMの売買を一時停止
13:00PM NEMの出金を一時停止
14:30PM 全ての通貨で出金を停止
17:30PM BTC以外の全通貨で売買を停止
 



コインチェックの責任は?

コインチェックがどのような責任を取るのかツィッター上でも話題になっています。






お金を預けていた人たち

実際にお金を数十万円単位で預けていた人たちは、引き出しが行えない状況に陥っています。




勝ち組はアフィリエイター?

イケダハヤト氏のようにコインチェックをブログで宣伝していたアフィリエイターが勝ち組という意見もあります。



コインチェックの税金問題






カテゴリ: 

DMM Bitcoinが仮想通貨の取引所を開始!ローラをCMに起用して宣伝中!

  • 25 January 2018
  • のぶやん

DMMが仮想通貨の取引所DMM Bitcoinを開設して、ローラをCMに起用して知名度を高めています。





カテゴリ: 

Trashボタンで資産消滅?!海外の仮想通貨の取引所が酷すぎる!C-CEXのトラブル急増

  • 25 January 2018
  • のぶやん

海外の怪しい仮想通貨の取引所として、C-CEXが話題になっています。出勤できないとか、何故か資産のTrashというボタンがあったりするとツィッターで複数の報告が寄せられています。

C-CEXは、日本発の通貨であるBitzenyを扱う数少ない取引所ですが、出金トラブルなどがあるので利用するのはオススメできません。



ログインできないトラブル


仮想通貨のトラブルの多くが取引所によるものです。仮想通貨の取引所は、国内ではGMOコイン、海外ではBinance(バイナンス)のように大手が運営する安心できる場所を利用するようにしましょう。

カテゴリ: 

仮想通貨のFX取引でスワップポイントが消費者金融並みに高額でヤバい!

  • 21 January 2018
  • のぶやん

数日前まで資産1億円を達成して『億り人』を自慢していた人は、ロスカットで口座残高がマイナス1600万円になるという悲劇が起こっています。自分の資産で売買する現物取引でこのような事は起こらないので、お金を借りて取引を行った結果、口座残高がマイナスになったのです。

仮想通貨の値動きは、外国為替FXより変動が大きいので、信用取引のレバレッジに細心の注意を払う必要があります。数千円の少額から遊ぶには、仮想通貨の値動きが激しいので面白いかもしれません。

マイナス1600万円

仮想通貨の信用取引

仮想通貨の取引所で金を借りて信用取引を行うと、金利が1日0.05%、1ヶ月で1.5%、1年で18.25%になり、クレジットカードで借金するのと何も変わらない状況になってしまいます。

レバレッジ手数料

大暴落で巨大損失が発生

2018年1月17日から1月18日にかけての仮想通貨の大暴落によって、多くの信用取引でロスカットが発生して、大きな損失を出した人がいました。


カテゴリ: 

モナコイン採掘の難易度が上昇!普通のCPUで採掘できるBitzenyがジワジワ人気

  • 21 January 2018
  • のぶやん

最近、モナコインの採掘難易度が上がっていて、GTX1060というグラフィックボード(約3万円)を用いたとしても、1日で僅かなモナコインしか採掘できない状況となっています。一般のPCに搭載されているCPUレベルでは、全く採掘できなくなっていて、GTX1060という比較的良いグラフィックボードであっても、僅かな量しか掘れなくなっています。

現状では、本格的にGTX1060を複数台使ったような採掘でないと、まともに稼ぐ事は難しいでしょう。マイニング専用マザーボードを購入して、複数のグラフィックボードを差し込んで、それなりの電源を用意して本格的に発掘しないと、まともに稼げません。日本では、電気代が高額なので、うまく調整できないと赤字になります。

今の発掘主力機は、GeForce GTX1080Ti

ASUS R.O.G. STRIXシリーズ NVIDIA GeForce GTX1080Ti搭載ビデオカード ベースクロック1569MHz STRIX-GTX1080TI-O11G-GAMING





誰でも掘れるBitzeny

基本的にCPUの採掘に特化されたBitzenyであれば、個人のパソコンで採掘する事ができます。非常に安いCeleronであったとしても、何とか採掘する事ができます。国産モナコインの採掘がとても厳しい状況にある中で、マイナーの中でBitzenyを始める動きも出てきています。

Bitzenyは、モナコインほど知名度がないので、現在でも時価総額10~20億円と少ないので、今のうちに採掘したり、購入しておくのはアリでしょう。将来的に値上がりする保証はないですが、どこかに上場されていれば換金する事はできます。


カテゴリ: 

GMOグループが北欧で仮想通貨を発掘!2018年に仮想通貨が更に盛り上がる!

  • 21 January 2018
  • のぶやん

2017年にGMOグループは、2018年から北欧で大規模な発掘事業を開始する事を発表(2017年9月7日プレスリリース)しています。1枚で5~10万円のチップを5万チップほど設置して発掘を開始するという事です。

GMOグループ

仮想通貨の安全性は、分散型ネットワークにより確保されているものなので、多くの事業者が参入する事は安全性が高まる事を意味しています。また、多くの事業者が参加する事で、発掘競争が行われて、取引が素早く活発になる事が期待できます。

ビットコイン投資化のロジャー・バー
ロジャー・バー

法定通貨が不便すぎて暴落する

日本で日本円で決済するだけで8%の税金がかかる事になってしまいます。外国から旅行に来た人が日本で買いものをした場合には、為替手数料、クレジットカードの手数料、消費税と3重税になる可能性があります。空港で税の返金とかありますけど、高額商品を買った人以外は、ほとんど手続きしないでしょう。

オンラインで商品を購入するには、クレジットカードを使わないと非常に不便です。日本の銀行は、何故かオンラインでも15時に閉まって翌日扱いとなり、お金を振り込むだけで1日もかかる事があります。アマゾンが即日配達できるのに、送金で1日かかるのはおかしいのです。




便利に利用できる仮想通貨

仮想通貨は、利用するシーンを考えると非常に便利なものです。将来的にビットコインが決済の中心になるか分かりませんが、仮想通貨が決済のちゅすいんになっていくとみられています。仮想通貨は、その安全性が高くて、誰でも簡単に利用する事が出来るので、今後は爆発的に広がる可能性があります。

現在、取引所で売買されている仮想通貨ですが、2018年から法的整備が進んで利用の動きが広まるものと期待されています。


カテゴリ: 
タグ: 

イケダハヤト氏が仮想通貨XPコインで1日18000円の不労所得!

  • 21 January 2018
  • のぶやん

イケダハヤト氏が仮想通貨XPで1日18000円の不労所得を得ている事がイケダハヤト氏のブログで明らかにされました。。サラリーマンが1日懸命に働いて1万円ほどしか稼げない中で、イケダハヤト氏がXPを保有しているだけで1日18000円も収入があるのは凄い事ですね。

イケダハヤト氏



保有で増えていくPoS方式

仮想通貨の中で注目されているのがPoS方式というものです。保有しているだけで増えていくというものです。イケダハヤト氏の場合には、このPoS方式を採用しているXPコインにお金を投下して、2000万円まで増やしたという事です。

2000万円を保有していれば、年間657万円の収入が得られるとすれば、利率が約32%ほどの超高利回りになります。一般的に金利が高くないと誰も買わない通貨というのは、価値がそれだけ低いという事にもなるので注意が必要です。金利が全くないのに買われるビットコインなどの通貨の方が信用性が高くなります。

高金利の通貨に似ている

日本円・米ドルなども、お金を保有しているだけで金利が付いてお金が増えていくので、『お金を保有しているだけで増えていく』ことは、不自然な事ではありません。今後は、金利の代わりにこうしたPoS方式の通貨を購入してくのも、資産を増やす良い方法かもしれません。

例えば、発展途上国など通貨の信用度が低い国の人は、インターネット上にある資産である仮想通貨の方が安全だと考えて、仮想通貨の保有に切り替える動きが出てきています。発展途上国の通貨は、近い将来に通貨の価値を失うかもしれません。

1%による法定通貨の独占

世界中で格差が問題になっていて、アメリカで1%の人が半分以上の富を保有しているとされています。最初に金持ちになった人が100年も金持ちで居続ける現在のスタイルは、変化していく必要性があります。仮想通貨は、どの国の人でも欲しい通貨を選択する事ができるので、従来の金持ち支配の構造が変化する可能性があります。

仮想通貨ビットコインの発行枚数は決まっていて、ビットコインの利用が不便だと感じる人が多ければ、ビットコインの価値が下落するからです。仮想通貨それ自体の価値は、便利かどうか、多くの人が使うかどうかで決まるようになっています。

仮想通貨を保有する重要性

日本円がハイパーインフレになって大暴落して価値を失った時の為に仮想通貨を保有するのは、良い選択肢と言えるでしょう。とりあえず、安心・安全な取引所であるGMOコインに口座開設を行って、日本円をビットコインにしておくと良いでしょう。

GMOコインの口座開設の方法は、『GMOコインで安全に口座開設する方法』に書かれている内容を参照してください。


カテゴリ: 

仮想通貨が日本で流行るのは、匿名文化が好きだから?

  • 20 January 2018
  • のぶやん

仮想通貨であれば、口座番号を教えなくても、アドレスを教えれば寄付して貰えます。活躍しているコスプレイヤーの方などで、寄付がほしいけど銀行口座を教えるのが嫌だという方は、仮想通貨の受け取りにすれば最適です。

仮想通貨には、様々な種類があって、匿名性が高いMonero、Dashなどの通貨が人気になっています。このMonero、Dashなどの仮想通貨は、誰が誰に送ったかの追跡が難しいとされています。


国内の取引所に匿名性なし

国内の仮想通貨の取引所は、本人確認が厳格に行われていて、匿名性はありません。海外の取引所には、ほぼ匿名で一定量の取引が可能な場所もありますが、携帯電話番号を求められたり、出金の際に本人確認書類を求められる事もあります。

今後は、海外の取引所でもマイナンバーのような共通番号を求められる可能性が高くなるかもしれません。

仮想通貨の時価で税金

仮想通貨の取引では、交換した時点における時価で利益が出ていると税金になります。多くの投資化は、仮想通貨を日本円 → ビットコイン → マイナー通貨 →利益をビットコインで確定させるのような形で買うので、マイナー通貨をビットコインにした交換して利益が出ると『円換算した税金』がかかります。

税金をビットコインで支払う事は出来ないので、税金を支払う為には、利益が出た一部を円に換金して税金を支払う必要が出てきます。

カテゴリ: 
タグ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事