仮想通貨



アマゾンが超セール中!!

仮想通貨は広義にはゲーム内通貨などを含めることもある。しかし、一般的には流通性や汎用性を持つ電子的な決済手段に限定して定義されることが多い。流通性とは人的な交換可能性が高く不特定多数の人々の間で決済手段として用いられる性質を言う。また、汎用性とは物的な交換可能性が高く特定の商品・サービスとの交換に限定されない性質を言う。 EUの決済サービス指令は利用が発行者による場のみに限定されている支払手段については非適用範囲としている。 日本では、資金決済に関する法律において「仮想通貨」の定義が導入されたことにより、英語圏でCryptocurrency(暗号通貨)と呼ばれているビットコイン(BTC)などが仮想通貨と呼ばれている。

アメリカ合衆国財務省の局である金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は、2013年に発表されたガイダンスで仮想通貨を定義している。欧州銀行当局は、2014年に仮想通貨を「中央銀行または公的機関によって発行されたものでも、決済通貨にも付随するものでもなく、支払手段として自然人または法人によって受け入れられ、電子的に譲渡、保管または取引される価値のデジタルな表現」と定義した。 対照的に、中央銀行によって発行されるデジタル通貨は「中央銀行のデジタル通貨」として定義される。 仮想通貨は中央銀行や政府などの国家主体が発行せず、規制が及ばない通貨としての性質が強調される用法もあるが、定義によっては、中央銀行などによる仮想通貨の発行は必ずしも排除されない。ベネズエラ政府が経済危機への対策として埋蔵原油を裏付けに発行したデジタル通貨「ペトロ」は仮想通貨と呼ばれているほか、中銀版デジタル通貨の検討・実験が始まっている。 一般に、ビットコイン(BTC)やオルトコインなどは、英語圏ではCryptocurrency(暗号通貨)と括られるのに対し、日本では、資金決済に関する法律において「仮想通貨」の定義が導入されたことにより、仮想通貨と呼ばれる。

仮想通貨の税金支払いに含み損を抱えた投資家が涙目!仮想通貨同士の交換でも税金が発生。

  • 12 February 2018
  • のぶやん

既に国税庁は、公式サイトで国税庁の仮想通貨に対する見解(PDF)を出していて、それに従って徴税するとしています。これについては、税理士などが『国税庁の見解より、法律が優先されるべき』と疑問を呈しており、この見解が正しいかどうかも含めて議論になりそうです。

国税庁の見解によると、仮想通貨の交換でも税金が発生するとしています。






カテゴリ: 

仮想通貨のマイニングがますます盛り上がる!世界中で仮想通貨が採掘されている現実

  • 11 February 2018
  • のぶやん
仮想通貨のマイニング

パソコンの基礎的な知識があり、手元にパソコンがあれば、誰でも仮想通貨の発掘を行う事ができます。

CPU専用で発掘できる仮想通貨も増えてきているので、GPU(グラフィックボード)のような専用のマイニング機材がなくても大丈夫です。

仮想通貨のマイニング

マイニングについて学ぶ

マイニングを行う上で売られている書籍としては、マイニングの教科書2017(定価300円)のみであり、この本を読めば、マイニングについて理解を深める事ができます。

プログラミングの知識は全く必要なくて、エンジニアとしての知識もほぼ必要ありません。本を読まなくても、ブログなどで情報を調べる能力があれば、独学でマイニングを行う事ができます。

非エンジニアがマイニング

マイニングを行っている人は、主に技術を良く分かっているエンジニアが行うものでした。最近では、オンライン上に情報が充実してきた事に寄って、非エンジニアも増えてきています。

基本的には、パソコンにソフトをインストールして立ち上げるだけでマイニングができます。最初に自分のPCでCPUを使って仮想通貨を発掘して見るのが良いでしょう。

個人がプールを作って戦う

本来であれば、企業が資本を使って大規模に乗り出してくると、個人がマイニングする事が不可能になります。しかし、それが可能になるのがマイニングプールの存在です。

マイニングプールでは、個人から企業まで、誰でもプールに参加する事ができて一緒に採掘を行います。そして、ブロックが発見されると報酬を分け合うシステムになっています。

信用できるソフトを使う

信頼できるソフトは、公式サイトからのリンクがあったり、Githubに公開されていたり、Githubに多くの人がコメントを寄せているなどで判断します。オンライン上の誰か良く分からない人がオススメしているようなソフトを使うと、ウィルスを仕込まれている可能性があるので注意が必要です。

ダウンロードは、必ず信頼できるサイトの公式リンクを使ったり、Githubから行うようにしましょう。

マイニングに賛否両論

仮想通貨のマイニングにも賛否両論があります。



コインチェックが日本円の出金再開!みなし業者に対して営業期限でコインチェックピンチ!

  • 9 February 2018
  • のぶやん

コインチェックから仮想通貨の出金が再開される見通しとなりました。金融庁は、みなし業者に対して営業期限を設定するとしており、コインチェックがピンチに陥っています。




仮想通貨の規制に賛否両論


カテゴリ: 

仮想通貨の大暴落で税金の支払いに個人投資家が課税に涙目( ;∀;)

  • 5 February 2018
  • のぶやん
ビットコインの税金

1月になって仮想通貨の相場が大暴落したり、コインチェック騒動でお金が引き出せなかったりして、仮想通貨の税金支払いが大変な事になっています。

特にコインチェックに資産を預けたままにしている人は、日本円が引き出せないと税金の支払いが行えないような人が多数になっています。

ビットコインの税金















カテゴリ: 

金融庁が「みなし登録業者」15社を公開!資金決済法でコインチェックの立ち入りへ

  • 2 February 2018
  • のぶやん

金融庁がインターネット上で「みなし仮想通貨交換業者を公開(サイト上のPDFファイル)しました。

金融庁が公表した「みなし仮想通貨交換業者」は以下の15社

・みんなのビットコイン
・Payward Japan(Kraken)
・バイクリメンツ
・CAMPFIRE
・東京ゲートウェイ
・LastRoots
・deBit
・エターナルリンク
・FSHO
・来夢
・ビットステーション
・ブルードリームジャパン
・ミスターエクスチェンジ
・BMEX
・bitExpress
(・コインチェック)

資金決済に関する法律第 63 条の 15 第1項の規定は、以下の通りで、この法律を根拠にして、みなし業者であるコインチェックに立ち入り検査が入りました。

第63条の15第1項

内閣総理大臣は、仮想通貨交換業の適正かつ確実な遂行のために必要があると認めるときは、仮想通貨交換業者に対し当該仮想通貨交換業者の業務若しくは財産に関し参考となるべき報告若しくは資料の提出を命じ、又は当該職員に当該仮想通貨交換業者の営業所その他の施設に立ち入らせ、その業務若しくは財産の状況に関して質問させ、若しくは帳簿書類その他の物件を検査させることができる。

2ちゃんねる上で金融庁がコインチェックに指導している様子が書き込まれていました。

カテゴリ: 
タグ: 

仮想通貨TravelFlexが取引所に上場!価格が20分の1になってICOの購入者が涙目( ;∀;)

  • 2 February 2018
  • のぶやん
Travelflex Chart

旅行に使える何とかをうりにしたTravelFlexが取引所に上場しました。価格が20分の1になるという悲劇が待っていました。

マイナー銘柄なので、売買が非常に少ない状況で、激しい値動きとなっています。

Travelflex Chart






仮想通貨ビットコインが大暴落!個人投資家が悲鳴!

  • 2 February 2018
  • のぶやん
Ripple

仮想通貨が大変な暴落をして、個人投資家が大きな含み損を抱え込んでいます。

仮想通貨市場は、2018年1月7日頃をピークに下落に転じて、そこから下落が止まりませんでした。そして、コインチェックがNEMをハッカーに盗まれてから更に暴落が続いています。

Ripple


















カテゴリ: 
タグ: 

日本の年金システムと仮想通貨のPoS方式は、どちらも『ねずみ講』である。仮想通貨を買うならマイニングが伴うPoW方式にすべき理由

  • 29 January 2018
  • のぶやん
年金
リスク
仮想通貨
仮想通貨のマイニング
パソコンをする美女

日本の年金システムは、若者が収入の中から大金を支払って、それを高齢者に分配するというシステムで成立しています。

このシステムは、完全にねずみ講となっており、若い人が40年以上先に貰える訳もない年金を一生涯に渡って支払い続けるという国家詐欺のような状況になっています。

年金

仮想通貨に熱狂する日本人

今では、仮想通貨が連日のように報道されるようになり、ビットコインを知っている日本人も増えています。
パソコンをする美女

2017年に仮想通貨に熱狂したのは、主に日本人、ロシア人、韓国人などでした。このように仮想通貨に日本人が熱狂する背景には、社会の苦しい状況がある事が見て取れます。

実際、アメリカでも仮想通貨に投資している多くの人がマイノリティであるというデータもあります。現状に満足しているならば、それほどリスクが高い商品に手を出す必要性がないからです。

急増する仮想通貨の時価総額

仮想通貨

仮想通貨の時価総額は、非常に大きなものになっており、ビットコインの21兆円を筆頭として、上位9位までが1兆円となっています。

これほどの時価総額になってくると、価格を上昇させる事がますます難しくなっていきます。機関投資家が仮想通貨を買いに入らないとなかなか値上がりしなくなってくるでしょう。

  仮想通貨名 時価総額
1位
 ビットコイン  21兆1600億円
2位 
イーサリアム 12兆9500億円
3位 
リップル 5兆7900億円
4位 
ビットコインキャッシュ 3兆1400億円
5位 
カルダノ 1兆8200億円
6位
 ステラ 1兆2000億円
7位 
NEO 1兆1400億円
8位 
ライトコイン 1兆1100億円
9位 
EOS 1兆円
10位  NEM  9600億円


仮想通貨PoS方式はねずみ講である

リスク

仮想通貨のPoS方式は、最初にその仮想通貨を保有している人が収入を得続けて通貨を増やし続けるシステムになっています。これはお金で言うと金利に当たる訳ですが、金利が高い通貨ほど価値が低いという事になります。つまり、配当が高い通貨であればあるほどインフレを起こしやすくなり、価値が下落していきます。

PoS方式の価値が下落しない為には、金利を担う為に誰かが買い続けないといけない事になります。誰も買わなくなった時点で価格が暴落して、金利収入を吹き飛ばす事になります。

仮想通貨を買うならPoW方式

仮想通貨のマイニング

仮想通貨を購入するのであれば、マイニングという行為が伴うPoW方式にした方が良いでしょう。ビットコインというのは、このPoW方式であり、発掘の電力が非常に大きい事がその価値となっています。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事