仮想通貨


アドセンス広告

仮想通貨は広義にはゲーム内通貨などを含めることもある。しかし、一般的には流通性や汎用性を持つ電子的な決済手段に限定して定義されることが多い。流通性とは人的な交換可能性が高く不特定多数の人々の間で決済手段として用いられる性質を言う。また、汎用性とは物的な交換可能性が高く特定の商品・サービスとの交換に限定されない性質を言う。 EUの決済サービス指令は利用が発行者による場のみに限定されている支払手段については非適用範囲としている。 日本では、資金決済に関する法律において「仮想通貨」の定義が導入されたことにより、英語圏でCryptocurrency(暗号通貨)と呼ばれているビットコイン(BTC)などが仮想通貨と呼ばれている。

アメリカ合衆国財務省の局である金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は、2013年に発表されたガイダンスで仮想通貨を定義している。欧州銀行当局は、2014年に仮想通貨を「中央銀行または公的機関によって発行されたものでも、決済通貨にも付随するものでもなく、支払手段として自然人または法人によって受け入れられ、電子的に譲渡、保管または取引される価値のデジタルな表現」と定義した。 対照的に、中央銀行によって発行されるデジタル通貨は「中央銀行のデジタル通貨」として定義される。 仮想通貨は中央銀行や政府などの国家主体が発行せず、規制が及ばない通貨としての性質が強調される用法もあるが、定義によっては、中央銀行などによる仮想通貨の発行は必ずしも排除されない。ベネズエラ政府が経済危機への対策として埋蔵原油を裏付けに発行したデジタル通貨「ペトロ」は仮想通貨と呼ばれているほか、中銀版デジタル通貨の検討・実験が始まっている。 一般に、ビットコイン(BTC)やオルトコインなどは、英語圏ではCryptocurrency(暗号通貨)と括られるのに対し、日本では、資金決済に関する法律において「仮想通貨」の定義が導入されたことにより、仮想通貨と呼ばれる。

グラフィックボードの価格が高騰!GTX1060が1万円の値上がり!

  • 22 February 2018
  • のぶやん

2018年に入って、グラフィックボードの価格が高騰しています。2018年1月後半~2月前半にかけて、価格が大きく上昇して、GTX1060 6Gなどに至っては、1万円も上昇を見せています。

価格.comのチャートでは、2018年2月から大きく値上がりしている事が分かります。
グラフィックボード








NVIDIA GeForceシリーズ

グラボ型番 TDP/電力 5ch参考
GEFORCE GTX 1080Ti 250W 65MH/s
GeForce GTX 1080 180W 50MH/s
GEFORCE GTX 1070Ti 180W 45MH/s
GeForce GTX1070 150W 37MH/s
GEFORCE GTX 1060 6GB 120W 25MH/s
GEFORCE GTX 1060 3GB 120W 20MH/s
GEFORCE GTX 1050Ti 75W 13MH/s

コスパを考えるならGTX1050Tiがオススメ

玄人志向 ビデオカード GEFORCE GTX 1050Ti搭載 グラフィックボード GF-GTX1050Ti-4GB/OC/SF
実売価格:18000円~22000円

リップルを選ばれない理由は、中央集権なのに仮想通貨を装っているから。

  • 19 February 2018
  • のぶやん

基本的にリップルは、従来の中央集権的な送金システムを激安で行えるようにシステム改良しただけの代物です。仮想通貨と言わず、正確に表現するとリップル社のICOと言った方が良いでしょう。

リップル社の将来に期待するならリップルを購入するのは悪い事ではありませんが、リップル社の株を買うと思って購入しましょう。


リップルの中央集権メリット


カテゴリ: 

仮想通貨が日本で大ブレイク!日本で仮想通貨の保有者が100万人以上!

  • 18 February 2018
  • のぶやん

2017年に仮想通貨が大ブレイクして、ビットコインが日本で大流行しました。日本人の仮想通貨取引者は、100万人とも言われていて、取引所の口座開設に1ヶ月もかかる有様でした。

2018年に仮想通貨市場が大暴落して多くの投資家が損失を出しましたが、仮想通貨の熱は収まりません。

仮想通貨が人気

仮想通貨では、ビットコインを購入したという20歳の仮想通貨女子がテレビで紹介されるなど盛り上がっています。

仮想通貨女子

ビットコイン市場で、世界の取引の半分が円建てで行われていて、『草コイン』と呼ばれるお金にも投資の資金が集まっています。

仮想通貨が人気

カテゴリ: 

日本生まれの仮想通貨Kotoはいつになったら上場する?

  • 16 February 2018
  • のぶやん

2017年12月13日にリリースされた仮想通貨Kotoは、Zcashをベースにした匿名系の通貨です。

採掘者は沢山いるようですが、まだ上場されていません。上場されていないので、価格も不明ですが、匿名系通貨なので日本の取引所に上場される見通しは低いでしょう。

Koto

CPUマイニングに適した形になっており、どんなパソコンでも採掘できます。まだ出たばかりなので、簡単に100Kotoぐらい採掘できいます。

Algorithm: Yescrypt
Block reward: 100 KOTO
(SlowStartInterval: 43200 block)
Block time: 1 minutes
Total Coins: 212,000,000 KOTO
Halving Interval: 1051200 bock
Premine: 1.849% (for Bounty, Faucet)
プレマイン:392万koto
マイニング:CPUで採掘
公式:http://koto.cash
Wiki:http://koto.cswiki.jp
Discard:https://discordapp.com/invite/HmsTDww
Ask Mona:http://askmona.org/9527
 
Zcashのクローンコインで匿名性が高いとされています。Zcashより発行枚数が多く(2億1200万koto)なっていたり、アルゴリズムがyescryptに変更されるなど改良点があります。392万kotoほどプレマインが行われています。
 

プレマインの炎上

Kotoについては、2ch上で作者のプレマインが問題になりました。同じ2017年に出された円天であったり、2018年に出されたTincoinなどにプレマインがなかったからです。Kotoは作者が392万Kotoを取るという事が多すぎると問題視されて炎上した訳です。

作者の取り分があるのは当然なのですが、あまり多いと上場する際に売りがかかって価格が暴落するという『Scam(詐欺)』にも似た状況が起こるので、購入者がいなくなって荒廃するのです。警戒される背景は、過去にそうした仮想通貨があったからです。
 

JamBTCにKotoが上場


2018年2月下旬、中国系と見られるJamBTCという取引所でKotoの取引が開始されました。2018年2月下旬時点では、1Koto2.5円~3円ぐらいで推移しています。Kotoは、この取引所でしか取引できなかった事から、Kotoの取引を求めたユーザーが売買しています。

https://www.jambtc.com/

Kotoマイニングに最強コスパCPU Ryzen7

カテゴリ: 

マイニングの電気料金はいくら?500Wを使い続けて1ヶ月で約1万円!

  • 16 February 2018
  • のぶやん

日本における『マイニングの電気料金』は非常に高額であり、500Wを1ヶ月間ほど使い続けると、約1万円にもなります。マイニングでは、とにかく大量の電力を消費する事になるので、本気で取り組むとすぐに数万円になってしまいます。

100W × 24時間 = 約2000円 / 月
500W × 24時間 = 約10000円 /月

GeForce GTX 1080 Ti =250W / 1台
GeForce GTX1060 = 120W / 1台

性能が良いビデオカードほどコストパフォーマンスが良くなる傾向からGeforce1080Tiは特に人気になっています。



玄人志向 ビデオカード 新シリーズGALAKURO Whiteモデル GEFORCE GTX 1080Ti搭載 GK-GTX1080Ti-E11GB/WHITE

日本で電気料金が高い場所

日本は、世界で最も電気代が高い国として知られていますが、その中で特に高いのは、送電線が長くなる北海道、発電が難しい沖縄、人口が集中している東京です。この地域でマイニングを行うのは、電気料金から見ると非効率になりますが、北海道は寒冷地として冷却費を節約できるメリットもあります。

最近では、GMOが電気料金が安い寒冷地である北欧にマイニング設備を建設する事にしています。日本は、電気料金が高いのでマイニングに不向きであり、海外にマイニング設備が出来てしまうのは残念ですね。



省エネでコスパの良い電源が必修

玄人志向600Wは、私も何台も購入しているマイニング用の電源としてコストパフォーマンスが最高の電源です。Bronze電源で安心の3年保証付きです。

玄人志向 NEXTシリーズ 80 PLUS Bronze 600W ATX電源 KRPW-N600W/85+

価格:5000円~8000円

カテゴリ: 

激安1万円以下でGPUマイニング機を作る方法。激安の中古PCに激安グラボを搭載

  • 14 February 2018
  • のぶやん

日本では、仮想通貨Bitzeny、Yenten、Kotoなどで気軽に『CPUマイニング』をする事は可能です。しかし、CPUでマイニングできる仮想通貨は限られており、学生などお金がない人にとってGPUマイニングのハードルが高くなっています。

GPUマイニングするには、通常では10万円以上(特にグラフィックボードが高額)の予算が必要になり、学生などでお金がないとGPUマイニングできない状況にあります。そこで、お金に制限がある人でも、GPU機を手に入れる事ができる方法を紹介します。

激安の中古パソコンに激安の新品GPU(GT710)を搭載して1万円以内でGPU機を作る方法です。

スロットがある中古PCを買う

最初に必要になるのは、グラフィックボード付きのGPU中古パソコンです。中古パソコンは、楽天市場などで『中古 デスクトップ』と検索すると、最安値で4000円~6000円ぐらいで売っている中古PCを利用します。

マイニングに利用する中古デスクトップパソコンを買う時には、『グラフィックボードのスロットがある』という事が絶対条件になります。激安の中古PCでグラフィックボードのスロットが付いていたり、付いていなかったりとまちまちなので、購入する時に「PCI Express x16」スロットがあるかを確認しましょう。

「PCI Express x16」スロットは、多くのメーカー製のデスクトップPCに付属してます。
PCI Express x16

激安のグラボGT710を買う

Geforce GT710は、中古PCなど『電源が非常に弱いグラフィックボード』に最適の省エネタイプのグラフィックボードで、最安値3000円~4000円で売られています。20W以下なので、電源を交換せずにそのまま装着する事が可能です。このGT710なら240Wほどの中古デスクトップPCでも、電源不足になる心配はほぼありません。

ちなみに、このGT710以上のグラボを購入すると、激安の中古PCに搭載すると電源不足になってしまいます。このGeforce GT710以上の性能のグラフィックボードを激安中古PCに搭載したい時は、電源の交換をしなければ危ないです。

玄人志向 ビデオカードGEFORCE GT 710搭載 ロープロファイル 空冷FAN GF-GT710-E1GB/LP


価格:3000~4000円

非力なグラフィックボードなので通常ではマイニングに使われる事はありませんが、中古デスクトップに搭載してGPUマイニングを行いたいという事であれば、このGT710が優れた選択肢となります。

*富士通製のパソコンであれば、Geforce GT710をそのまま取りつけれる事が多いですが、HP製のパソコンなどで取り付け口がそのままで合わない場合、購入したGT710の先端を外してD-sub端子(VGA)を分離する簡単な作業が必要になります。

「PCI Express x16」スロットにGT710を差し込むだけで簡単に取り付け完了。
GT710

購入したパソコンに不幸にもPCI Experss x16がなくて、PCI Express x1のみある場合は、PCI - Express x1 to x16 延長 変換 ケーブルまたは、PCI Express x1 - x16変換カードを購入する事で、PCI Express x1を利用する事が可能になります。

BIOS画面で優先度を変更する

メーカー製のパソコンは、通常で優先度がグラフィックボードに向いていない場合、グラフィックボードを認識しない事があります。パソコンを立ち上げた時に『F2』ボタンを押すなどしてBIOS画面(青とか黒の起動画面)に移行して、優先度の変更を行います。

富士通製のパソコンなどでは、BIOS画面において、詳細 > プライマリディスプレイ >「自動」になっているものを「ICPE」に変更するだけで、ICPE優先になります。これでパソコンを起動し直すと、グラフィックボードのインストールが可能になります。HP製の中古パソコンのように、この作業をしなくても認識するパソコンもあります。

メーカー製のパソコンでも、BIOSでオーバークロック(CPUのブースト)設定ができるものがありますが、メーカー製のパソコンでオーバークロック(OC)を行うのは、電源回路の負担、冷却の問題などがあるので避けましょう。

GPUマイニングが行える

中古のパソコン+GT710を使うと、最安値8000円ほどでGPUマイニングが行えるようになります。GT710は、GPUのマイニング機としては非常に非力であり、まともにマイニングが行えない事も事実です。しかし、初期の通貨などのマイニングができたり、複数台でマイニングも可能など使い方と工夫次第です。

予算不足で、どうしてもCPUのマイニングしか行えない人にとって、GPUマイニングが行えるようになる事は選択肢を広げる事になります。僅か8000円~10000円ほどでGPUマイニング機が手に入り、しかもCPUと同時にマイニングできるという事であれば、やる価値は十分にあるでしょう。

電源の交換で高性能グラボ搭載

中古デスクトップPCでも、電源さえ交換すれば、高性能のグラフィックボードを搭載する事も可能です。そうは言っても、メーカーの特殊電源を交換するのは難しい場合(箱のサイズが合わない)も多いですし、サイズが大きいグラフィックボードを装着できない場合もあります。

電源を交換すれば、高性能グラボも搭載可能ですが、デスクトップPC電源まで交換するならマザーボードを買って新しく組み立てた方がいいと考える人が多いでしょう。玄人志向600Wがコスパ最高すぎます。


玄人志向 NEXTシリーズ 80 PLUS Bronze 600W ATX電源 KRPW-N600W/85+
価格:5000円~8000円

玄人志向 600W

GTX1050ti・・・300W以上
GTX1060・・・400W以上
GTX1070・・・500W以上
GTX1080・・・550W以上

電源を複数にして強化する方法もあります。もう1台を外部電源とすれば、ADEA 電源ケーブル デュアル マイニング用 24ピンデュアル PSU ATX 20+4ピン 30cm (1個)で拡張する事ができます。

デスクトップの電源強化が成功すれば、『USB3.0拡張カード・PCI増設ボードなどを利用する事で、ライザーカードの差込口を増設して複数のGPU搭載が可能になります。

マイニング カード 採掘 4 カード 1 PCI-E ライザー アダプター ボード 1 ~ 4 Usb3.0 マイニング特別なライザー カード採掘効率 4 Tim 4PCI E の PCI-E スロットを回す (1 turn 4 PCI express)


ライザーカードを利用する事で、複数のGPU搭載できるようになります。

Grehome USB 3.0 PCI-E Express PCI-E 1X to 16X ライザー エクステンダーカード

GT730でも大丈夫

GT710は19Wとグラボの中で特に非常に省エネですが、GT730も30Wなのでデスクトップに取りつける事は可能です。実際にGT730を電源200Wの中古パソコンに設置している人もいるようです。

玄人志向 GALAXY ビデオカード Geforce GT730搭載 GF-GT730-LE1GHD/D5
価格:6000円~8000円


 

HDDをマイニング用SSDに交換する

中古デスクトップパソコンのHDDをSSDに交換する最大のメリットは、『消費電力が大幅に下がって省エネ』になる事です。言うまでもなく、24時間のマイニングでは、省エネは非常に重要になります。

HDD・SSDを接続するSATAの規格には、SATAⅡ(300Mbyte/s)とSATAⅢ(600Mbyte/s)がありますが、中古デスクトップパソコンのほとんどがSATAⅡであり、SATAⅢ対応のものを接続する事は可能ですが、速度はSATAⅡの速度しか出ません。SDDは2.5インチですが、マウンタと呼ばれる金属に乗せて3.5インチの所に設置可能です。

BIOSでSSDを認識させた後で、専用ソフトを使ってHDDのデータをSDDに移行します。USBからLinuxを起動いて使う場合は、HHD・SSDがなくてもパソコンを動かせますが、4000円で購入できるのであれば買っておいた方が安心です。

マイニング専用の格安SSD

Biostar製 マイニング向け 内蔵SSD2.5インチ 90GB TLC SATAⅢ SG681S2E39-SM1B9-BS2 3年保証
価格:4000円~5000円

自作パソコンの構成例

自作パソコンを組み立てた場合には、中位CPU1台、中位GPU1台を含めて、最低5万円~7万円ぐらいの予算がかかってしまいます。

CPUAMD CPU Ryzen5 1600 65W AM4 BOX
マザーボードBIOSTAR AMD B350 ATXマザーボード TB350-BTC
GPU玄人志向 GEFORCE GF-GTX1050Ti-4GB/OC/SF
電源玄人志向 80 PLUS Bronze 600W ATX電源 KRPW-N600W/85+
SSDBiostar製 マイニング向け 内蔵SSD2.5インチ 90GB TLC SATAⅢ

結論

古い中古デスクトップPCにグラフィックボードを搭載してすれば、1万円以下でCPU+GPUの同時マイニングを行う事ができて、マイニング機としてそこそこ実用性があるものを完成させる事ができます。

手軽にマイニングを行える半面で、常時100Wほどの電力を消費するので、コストパフォーマンスが良いとは言えません。

本体・電気代のコスパを考えるなら激安の中古ノートパソコンでCPU専用マイニングも1つの選択肢です。中古ノートパソコンならi5で1万円台で購入出来て、1ヶ月の電気代を1000円ほどに抑える事ができます。Bitzenyの価格が上がれば、1年以内で本体代金を回収できます。

カテゴリ: 

ビットコインで人生が変わった女子大生の美女がツィッターに現る

  • 12 February 2018
  • のぶやん

ミヤネ屋で『ビットコインで人生が変わった』と発言していた女性大生がツィッターに現れました。

ビットコインではなくて、テレビに出た事で人生が良い方向に変わればいいですね。





カテゴリ: 

仮想通貨の税金支払いに含み損を抱えた投資家が涙目!仮想通貨同士の交換でも税金が発生。

  • 12 February 2018
  • のぶやん

既に国税庁は、公式サイトで国税庁の仮想通貨に対する見解(PDF)を出していて、それに従って徴税するとしています。これについては、税理士などが『国税庁の見解より、法律が優先されるべき』と疑問を呈しており、この見解が正しいかどうかも含めて議論になりそうです。

国税庁の見解によると、仮想通貨の交換でも税金が発生するとしています。






カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事