仮想通貨


アドセンス広告

仮想通貨は広義にはゲーム内通貨などを含めることもある。しかし、一般的には流通性や汎用性を持つ電子的な決済手段に限定して定義されることが多い。流通性とは人的な交換可能性が高く不特定多数の人々の間で決済手段として用いられる性質を言う。また、汎用性とは物的な交換可能性が高く特定の商品・サービスとの交換に限定されない性質を言う。 EUの決済サービス指令は利用が発行者による場のみに限定されている支払手段については非適用範囲としている。 日本では、資金決済に関する法律において「仮想通貨」の定義が導入されたことにより、英語圏でCryptocurrency(暗号通貨)と呼ばれているビットコイン(BTC)などが仮想通貨と呼ばれている。

アメリカ合衆国財務省の局である金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)は、2013年に発表されたガイダンスで仮想通貨を定義している。欧州銀行当局は、2014年に仮想通貨を「中央銀行または公的機関によって発行されたものでも、決済通貨にも付随するものでもなく、支払手段として自然人または法人によって受け入れられ、電子的に譲渡、保管または取引される価値のデジタルな表現」と定義した。 対照的に、中央銀行によって発行されるデジタル通貨は「中央銀行のデジタル通貨」として定義される。 仮想通貨は中央銀行や政府などの国家主体が発行せず、規制が及ばない通貨としての性質が強調される用法もあるが、定義によっては、中央銀行などによる仮想通貨の発行は必ずしも排除されない。ベネズエラ政府が経済危機への対策として埋蔵原油を裏付けに発行したデジタル通貨「ペトロ」は仮想通貨と呼ばれているほか、中銀版デジタル通貨の検討・実験が始まっている。 一般に、ビットコイン(BTC)やオルトコインなどは、英語圏ではCryptocurrency(暗号通貨)と括られるのに対し、日本では、資金決済に関する法律において「仮想通貨」の定義が導入されたことにより、仮想通貨と呼ばれる。

仮想通貨を取引する時の注意点は?自分の資産を守る為に大切なこと

  • 20 January 2018
  • のぶやん

日本で既に100万人以上が仮想通貨の取引に参加していて、その数が増え続けているとされています。仮想通貨は、取引所に口座開設する事で誰でも簡単に取引する事ができます。一方、セキュリティの安全性が懸念されている事も事実です。

日本が借金漬けになって危険とされている中で、仮想通貨が日本円の避難先になりうるとされていて、仮想通貨を保有しておく事は重要です。


安全な取引所を利用する

仮想通貨の取引所は、仮想通貨を取引所に預けている状態になっています。取引所がハッキングされたり、破産したりすると、仮想通貨を引き出す事ができなくなってしまいます。安全な取引所を利用する必要があります。

上場企業が運営している【GMOコイン】 のように管理体制がしっかりとしていて、技術力もある安心できる取引所を利用する事が大事です。海外の取引所では、香港を中心とした世界で最大手のBinance(バイナンス)がオススメです。

パスワードを強化する

パスワードの強化は、セキュリティにとって非常に重要です。自分しか分からない『11桁以上の英数字+文字』を利用しましょう。簡単なパスワードだと、機械的に入力されて簡単に破られてしまいます。また、他のサイトと使いまわしを絶対にやめましょう。

カテゴリ: 
タグ: 

仮想通貨が大暴落でイケダハヤト氏が3600万円マイナスで涙目の引退宣言

  • 16 January 2018
  • のぶやん

2018年1月18日に仮想通貨が軒並み大暴落して、イケダハヤト氏も一時、日本円で3600万円以上の損失を出していた事がツィッターで明らかになりました。

イケダハヤト氏は、引退を宣言しながら取引を継続しています。


2018年1月18日の仮想通貨下落が非常に大きなもので、1929年『ウォール街の株価暴落』の仮想通貨バージョン化してました。








カテゴリ: 
タグ: 

仮想通貨で最後に勝つのは誰か?日本人?ウォール街?

  • 16 January 2018
  • のぶやん

かつて『ビットコインは中国人に占拠されている』と言われていましたが、中国政府の規制強化によって、人民元を使った仮想通貨の取引が出来なくなりました。代わって仮想通貨を購入し始めたのが日本人です。

2017年に日本人が大きな仮想通貨の相場を作りだして、100万人が既に仮想通貨に投資していると言われています。ここから世界の人々が仮想通貨に投資するか否かは、日本人の投資家に大きな影響を与えます。

日本で開設される取引所

GMOコインで口座開設する方法』でも書いてある通り、日本に次々と仮想通貨の取引所が開設されて、口座開設の審査(今まで不正取引をしてないなどの簡易審査)で3週間かかるという情報もあるほど、GMOコインなどで口座開設の行列待ちが出来ています。

日本政府は、税収を期待して仮想通貨の取引にも前向きになっており、世界で最も仮想通貨の法整備が進んでいる国として世界から注目を集めています。仮想通貨の取引所に認定制度も出来ました。

注目されるウォール街の動向

今後、注目されるのはウォール街など外国人投資家の動向です。日本人が買っている仮想通貨に対して、ヘッジファンドなどが入ってきている事が知られていますが、その規模については未知数です。今後、本格的にファンドの資金が仮想通貨に入るか注目されます。

2018年に世界の資金がウォール街などを通じて仮想通貨に入ってくるようになれば、仮想通貨の市場が更に値上がりして、初期に投資している日本人投資家が更に利益を上げられる可能性があります。

政府が創設する仮想通貨

ロシアなどは、旧ソ連の6か国からなる『ユーラシア経済共同体』で仮想通貨を取り入れる可能性が報じられています。もともと経済の結びつきが強い地域であり、共通の通貨を用いる事で、経済活動を活発化させる狙いがあるものと見られます。

各国政府は、ビットコインなどの仮想通貨で経済を統制できなくなると考える半面で、国際的な経済活動がスムーズに行われるようになったり、現在のドルが基軸通貨になっている状況を変化させる可能性にも注目しています。

仮想通貨の発掘事業で動くお金

仮想通貨の値動きが注目される事が多いですが、裏側で行われている発掘事業の規模も拡大しています。ビットコインの発掘事業は、現在でも電気代が安い中国で盛んに行われていると言われていますが、世界中で事業者の参入が相次いでいます。

日本でもGMOが北米で2018年から発掘を開始すると発表しています。大規模にサーバーを動かす発掘事業は、データセンター並の電力を使う事業なので、その事業が世界にどういった影響を及ぼしているか(発掘事業の誘致、銀行業務の代替など)が気になるところです。

カテゴリ: 

2018年に仮想通貨が熱くなる!国内の取引所に口座開設が相次ぐ

  • 16 January 2018
  • のぶやん

仮想通貨は、2018年も買われて行く可能性が高いでしょう。それは、GMOコインのような国内の口座開設に行列が出来ているからです。口座開設を申し込んでから、口座開設が終わるまで3週間も待たされている状況です。

仮想通貨の取引所に口座開設を行った人の多くは、実際に仮想通貨を購入するでしょう。購入する人がいるという事は、需要があるので、価格がどんどん値上がりしていく事になります。そして、値上がりが続くと更に多くの人が参入します。

日本人が半数を占める市場

仮想通貨の市場は、日本人が半数を占める市場になっています。日本人の30代、40代の取引が活発とされていて、インターネットに親しんだ世代が特に熱心に投資を行っています。最近では、学生などがなけなしの金で仮想通貨を買っているそうです。

日本の新聞なども仮想通貨の事を書いたりしていますが、良く知らない人も多いので『国民が熱狂している』とまでは言えないかもしれません。2018年には、更に多くの取引所が出来て、多くの日本人が仮想通貨に熱狂するかもしれません。

経済危機に強い仮想通貨

ビットコインが注目され始めたのは、2013年にキプロスが全預金口座に9.9%を課税すると発表した『キプロス危機』にあると言われています。ロシア人たちが危機感を強めてお金をビットコインに変換して、ビットコインが注目されるようになりました。

実際の世界通貨が信用されなくなると、人々がその逃避先として仮想通貨を選ぶ可能性が出てきたのです。もし、米国で株式市場がクラッシュして経済危機になったり、米ドルが暴落すれば、仮想通貨を購入したい人が増える可能性があります。

仮想通貨の種類が急増

現在、仮想通貨の種類は1500種類以上に及ぶとされていて、ビットコインとその他のコイン(アルトコイン)に分類されています。ビットコインの時価総額が半分を占めていますが、その他の通貨の割合が伸び続けています。

どの仮想通貨が実際に金融危機が起こった時に買われるかという事は、今の段階では分かりません。仮想通貨は、似たようなアルゴリズムを使っていても、コミュニティの宣伝が上手だったり、音の響きが良いものが買われていたりしてかなり大雑把に買われています。

芸能人が仮想通貨を話題にする

芸能人が仮想通貨をテレビなどで話すことがありますが『自分も買った』という話は出ていません。芸能人が『自分も仮想通貨で儲かった』と言い始めたら、一般の庶民も買っていくようになるでしょう。最近では、渋谷ギャルがビットコインの話をする事もチラホラ出てきました。

1920年代のアメリカでは、株価がどんどん上昇する中で、芸能人が株を買ったという話で大衆が乗っていく事になります。また、1920年代に女性が社会進出をして、株を購入する事になっていきます。

カテゴリ: 
タグ: 

仮想通貨が実現する『銀行が支配しない』ボーダレス社会

  • 15 January 2018
  • のぶやん

先進国の通貨は、銀行に放置しておいても金利が全く付かないのです。金利が付かないにも関わらず、お金を移動するだけで多額の手数料を徴収してぼろ儲けしています。主に高齢者をターゲットにしたこのビジネスモデルは、ジワジワ通用しなくなってきています。

インターネットで膨大な情報がやり取りされるようになった今日においては、お金の移動がこのように『手数料が高額で遅い』という事が時代遅れのビジネスモデルになってきています。

仮想通貨

国家の通貨発行権が揺らぐ

多くの人が仮想通貨を信用して、仮想通貨決済を強めるようになると、国家の通貨が流通しなくなってきます。特に発展途上国において政府が発行する通貨の信用度が低くて、トルコなどで自国通貨ではなくて、ユーロを保有する人も沢山います。

自分の住んでいる国家の通貨が暴落した時には、『自分の人生まで巻き込まれたくない』と考えるのは普通の事です。仮想通貨のように自分が保有する通貨を自由に選べる事が必要で、その通貨を保存する場所も自分が好きな所に選べるべきでしょう。

お金を融資する銀行特権

従来の銀行は、国家が厳格に管理して特権を享受してきました。例えば、個人で金利を付けてお金を融資すると『出資法』の壁があり、銀行を通さずに100万円以上の資金を直接やり取りすると『資金決済法』に接触する可能性もありました。

仮想通貨は、従来の銀行特権を回避できるように作られているので、各国の政府が警戒心を強めて規制などに動いています。

誰でも通貨が発行できる社会

企業であったり、個人であっても簡単に通貨を発行できる社会が到来しようとしています。現在、多くの企業がICOと呼ばれる通貨発行を行っていて、新しい形の資金調達の方法として注目されています。

従来であれば、資金調達を行うのに銀行・証券会社などを通さなければならず、大きな手間と手数料がかかっていました。ICOであれば、ダイレクトに資金調達を行う事ができるので、無駄な銀行・証券会社を介する必要性もなくなります。

GMOインターネットグループの【GMOコイン】

カテゴリ: 

イケダハヤト氏が絶対に教えてくれない仮想通貨で儲かる方法

  • 15 January 2018
  • のぶやん

イケダハヤトは、プロのアフィリエイターなので、本当の事を全く書いてません。イケダハヤト氏は、優秀なインターネットの営業マンですけど、技術系に非常に疎いのか、それとも隠しているのか知らないですけど、仮想通貨で本当の事が書かれていません。

仮想通貨でぼろ儲けしたければ、良く分からないICOに参加とかするのではなくて、自分でパソコンを準備してマイナー通貨を発掘しまくるのが最も儲かるのです。イケダハヤト氏のツィッターやブログでは、その事実にほとんど触れられていません。

自分のパソコンで発掘した仮想通貨が取引所に上場して値上がりしたタイミングでビットコインにチェンジして(日本円に換算した)税金を申告すれば、税務申告も大変にシンプルです。発掘で使う専用パソコン代金、発掘に使うさくらのVPSのサーバー代金は、全額経費に出来ます。

初期の発掘だと1円で1コイン

仮想通貨が出たばかりの初期の発掘だと1円で1コインというコインをゲットする事ができます。そして、2017年の例を見ると、1円でゲットしたコインが2000円になったりしているので、初期のうちに発掘を頑張って通貨を掘りだしていた人がぼろ儲けしています。2018年もゴミ通貨が化ける可能性は十分にあります。

取引所に上場されてから高値のものを購入しても、あまり儲ける事はできません。ICOで購入すると言っても、そもそもICO自体の価格が高かったり、訳の分からないICOが多くてムダ金になる可能性が大きいです。ICO銘柄を購入するより、発掘用のパソコンを買った方がいいかもしれません。

取り扱い銘柄が100種類を超えるBinance(バイナンス)でマイナー通貨をビットコインに変えて、国内で最も信用できるGMOコインに口座開設して日本円に換金するのが王道であると思います。

パソコン1台が富を生む

銀行が従業員の大量採用をして記帳(トランズアクション)させる時代は終わりました。今では、個人のパソコンで仮想通貨の発掘(記帳作業:トランズアクション)を行って、それがお金になる時代になっています。発掘作業は、人間が関わらなくてもほぼ自動で行ってくれます。

従来のパソコンは、『富を生み出せない個人』が買うにはスペックが高すぎたので、激安なものに値下がりしました。しかし、発掘に使って富を生み出す事が出来るならば、高額のパソコンを購入する人は沢山いるでしょう。

日本の電気代が高い

仮想通貨の発掘が盛んなのは、電気料金が激安の中国です。日本では、原発利権などがあって、官僚の天下り先企業などが何もしないで高額報酬を得ているので、電気代が非常に高くなっています。電気代が高い事は、発掘を行うと赤字になる可能性が強いという事です。

最近では、反原発の運動なども起こって、原発をなくす動きも広まっています。米国のシェールガス実用化なので、世界のエネルギー資源が余り始めています。原発を使った超高コストの発電をやめて、日本も火力・水力・自然エネルギーで激安の発言を実現する時期にきています。

仮想通貨の発掘方法が分からない

仮想通貨の発掘を行うのは、ほとんどの場合にWindowsやLinux向けのプログラムが配布されているので、プログラムを実行する非常にシンプルで簡単なものです。ただ、パソコンの初心者には難しく感じるかもしれませんし、それなりのスペックのパソコンがないと発掘が厳しいのも事実です。

パソコンを使ってマイナー通貨を発掘する方法は、やり方を知ってしまえば、誰でも出来るほど非常に簡単に出来る作業です。非常に簡単に出来る作業ですが、その方法を書いたものがインターネット上に少ないので、多くの人が発掘にチャレンジしていません。


カテゴリ: 
タグ: 

SBIグループが仮想通貨を爆買いする前にGMOコインで口座開設を済ませよう!

  • 15 January 2018
  • のぶやん

SBIグループが仮想通貨ビジネスに本腰を入れて乗り始めてきました。仮想通貨Ripple社と提携したり、SBIバーチャル・カレンシーズという取引所を開設したり、SBI Crypt社を設立したりと、とにかく仮想通貨で圧倒的ナンバーワンを目指すとして、仮想通貨のビジネスに次々と投資を始めています。

SBIグループが仮想通貨に本格的に参入する前に、上場企業で安心できるGMOコインで仮想通貨の取引を始めておくのが良いでしょう。2018年に仮想通貨の値上がりが続くと、1日でも早く始めた方が有利になります。

日本の大手が仮想通貨に参入

日本では、大手の都市銀行も仮想通貨のビジネスに参入しようとしています。東京三菱UFJ銀行は、独自の仮想通貨を発行すると表明しました。SBI社がSコインというものを発行すると表明したり、ゆうちょ・みずほが提携してJコインを発行すると発表しています。

日本の大手銀行、SBIグループなどが仮想通貨に投資していく事により、仮想通貨の認知が高まって、更に多くの人が仮想通貨の投資を始める可能性が出てきました。

ファンドが仮想通貨に投資

SBIグループは、2017年に米ヘッジファンドと組んで仮想通貨に投資するファンドを組むと発表しています。仮想通貨は、株式市場などに比べてもボラティリティ(変動幅)が非常に大きくて、ヘッジファンドなどが利益を出しやすい環境にあります。

2018年からは、本格的にヘッジファンドなどが乗りだしてくるようになれば、相場の上下が非常に大きなものになるかもしれません。


カテゴリ: 

世界の仮想通貨の50%を日本人が購入!仮想通貨でぼろ儲け中の日本人たち

  • 15 January 2018
  • のぶやん

ビットコイン発掘の中心は、2013年からずっと中国が牽引してきて、仮想通貨=中国が保有するものでした。2016年頃から中国政府が規制に動いた事で流れが変わって、2017年に日本人が仮想通貨の主要なプレーヤーとなりました。

日本人の仮想通貨に対する目覚めは凄まじくて、既に100万人以上が口座開設を行っており、その数が増え続けています。特にインターネットを得意としている30~40代男性の仮想通貨に対する投資が大きいそうです。

激しい動きが人気の理由

仮想通貨の取引は、ボラティリティ(変動幅)が非常に激しくて、1日20%も動いたりしています。少額の資金を運用して大金にするには、ボラティリティ(変動幅)が大きい方が短期で資金を増やす事ができます。この為に少ないお金でリスクを取れる若者世代にも人気となっています。

韓国では、政府が仮想通貨の規制に乗りだそうとしましたが、韓国の若者たちが猛反発しています。韓国の若者は、ボラティリティが大きい仮想通貨に将来の希望を感じているようです。

日本人が世界に勝負する

日本人は、多くの仮想通貨をかなり買っている状況なので、国際的に仮想通貨が広まっていく事で、先行している日本人が『勝ち組』になることができます。今後、日本企業は仮想通貨を国際的に広げていく事に注力してほしいものです。

仮想通貨が暴落するような事態が起こってしまうと、仮想通貨に投資を行っている日本人が大きな損失を出す事になってしまうので、もっと価格が上がるように米国・欧州から仮想通貨に投資する流れが加速していけばいいですね。

取引所を慎重に選ぶ

仮想通貨を取引する場合には、取引所を慎重に選ぶことが重要になります。日本では、過去にも取引所が破産する事件(マウントゴックス事件)が起こっています。

仮想通貨GMOコインで安全に口座開設する方法』にも書いているとおり、信頼できる上場企業のGMOコインで口座開設を行う事が今の日本で最も安全な取引できる場所であると言えるでしょう。

広がりを見せる仮想通貨

仮想通貨は、三菱東京UFJ銀行が2018年1月に独自のものを採用する事を発表するなど、金融業界において活用が広がりを見せようとしています。日本の電子決済の普及に仮想通貨が役に立ちそうです。

既に国際送金の手数料を引き下げる為に仮想通貨の利用が試験されている段階で、今まで異常な手数料を取っていた国際送金は、国内送金と同じレベルで安価に出来るようになる可能性が指摘されはじめています。

不便すぎた今までの銀行

従来の銀行は、金利が全く付かないにも関わらず、手数料が100円以上もかかる事があります。また、自分の銀行口座にお金を移動するだけで、15時以降になると翌日扱いになる意味不明の『日本ルール』も存在しており、オンラインで買いものをして振り込みを行う時などに非常に不便でした。

海外送金に至っては、3万円を国際送金すれば、4000円以上も手数料が取られる20年前のシステムのままです。このように銀行の古いシステムが非常に非効率で、それが銀行の利用者負担となっていました。

今までの銀行は、高齢者を騙してぼろ儲けしてきましたが、そのビジネスモデルがジワジワと通用しなくなっていくでしょう。


カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事