依存症


アドセンス広告

言語: 

仕事中毒になる事で、人生の不満を紛らわせようとしている?キャリア・ウーマンに見られる仕事依存症。

  • 1 December 2018
  • のぶやん

日本では、男性の4人に1人が生涯未婚、女性の5人に1人が生涯未婚で、生涯未婚率が高くなっています。女性の活躍と言われる時代ですが、女性が子育てもせずに仕事に没頭しているのは、少子高齢化が加速するなど、社会全体でかなりの問題になってきています。

自分が「社会に認められたい」という承認欲求であったり、「凄いと言われたい」という承認欲求を満たすために仕事をさらに頑張る事になります。もともと恋愛に依存しやすい傾向がある女性などは、仕事に没頭しはじめると、今度は仕事依存症になってしまう可能性があります。何かに依存していないと、自分が価値がない人間に思えてしまうのです。

仕事中毒になる事で、人生の不満を紛らわせようとしている?キャリア・ウーマンに見られる仕事依存症。

仕事に時間を取られ過ぎている

仕事中毒というのは、1日の大半を仕事にあてて、その上に土日も仕事しているような状況で、仕事以外のプライベートが充実しなくてもお構いなしという状況になっている事です。仕事を生きがいに感じる事は悪い事ではありませんが、プライベートの充実が後回しにされてしまって、キャリアが全てになって40歳になっても結婚できない状況になったりしてしまいます。

キャリアウーマンが仕事では輝かしい成果をあげる可能性がありますが、仕事にどっぷりとつかってプライベートが疎かになってしまうと、50代以降に孤独になるなどの問題も起こってしまいます。

仕事の話しかしなくなる

友達と一緒にいる時でさえ、常に仕事の事を考える事が続いて、彼氏ができても仕事の話ばかりが中心になってくると、完全に仕事依存症と言えるでしょう。また、家族・友達・恋人にまで、忙しいという言葉が口癖になって、仕事が全てに対して優先になっていると、仕事依存症と言えるでしょう。彼氏なんていなくても、仕事があればいい!ような状況になり、孤独も仕事で快勝しようとする傾向にあります。

競争心が強くなった状態で、常に仕事の事ばかり頭の中に考えて、職場も仕事に集中しないと成果があげられないように「成果給」を大きくして煽ってくるようになります。結果として、人生のライフステージのプランを無視するようになったり、恋人の事など完全無視するようになったり、家庭が崩壊する事を招いたりするようになってしまいます。

遊びに行った時に仕事を考える

深刻な仕事依存症になってくると、仕事以外に充実した時間を過ごせなくなり、仕事の事で頭がいっぱいになります。ほとんど遊びに行かないで仕事をする事になり、旅行などにも全く行かない状況になってきます。生活の糧を得る目的である仕事が、仕事以外の事がなにもできない依存状態になってしまうのです。

仕事中に遊びに行きたいと考えるのが普通の労働者ですが、仕事中毒になると遊んでいる時に仕事の事を考えるようになります。仕事の事ばかりで頭がいっぱいになり、趣味もなく仕事の話ばかりするようになります。こうした症状は、仕事が全くなくなった退職後にやる事がなくなり、テレビばかりみる状況になる高齢者などを見ていれば分かります。

仕事の熱中は仕方ない?

グローバル競争が過熱していく中に置いて、労働者が仕事に熱中しなければ、十分な所得を得られないという事実もあります。しかし、お金を得る事を考えるまえに、使わなくても良い消費を行っていないかどうかを見直す事で、精神的なプレッシャーを減らすというのも良い事でしょう。投資などでほかの所得が得られることができるようになれば、仕事の精神的なプレッシャーからの解放される事もあり得ます。

仕事に熱中するのは、仕事で成果をあげるためには、どうしても仕方がない事です。しかし、仕事に熱中しすぎると、体が病気になったり、40歳になっても未婚のままだったりと、自分の人生を狂わすような出来事になりかねません。周囲の人がサポートしながら、自分の人生設計を作り上げていく必要があるでしょう。

仕事依存で大事な人を失う

仕事依存が過ぎると、彼氏・彼女との関係がうまくいかなくなり、連絡が思うようにいかずに別れる事になりかねません。仕事依存の良い所は、仕事に熱中しているので「浮気などより仕事に熱心」という事で、浮気の心配をあまりする必要がないという事です。その一方で、LINEでも仕事の話をしたり、デートを無駄な時間と感じたり、デートに行っても仕事の事を考えていたりします。とにかく極端に仕事の事を考えてばかりいるのです。

仕事依存しすぎると、確実に大事な人を傷つけたり、大事な人を失ってしまうのは、アルコール依存症、恋愛依存症と同じようなものです。

恋愛依存と仕事依存

恋愛依存・仕事依存ともに、何かに熱中する事で自分の価値を見出したいというものがあります。ある意味では、かなりの脅迫観念にとらわれた考え方ですが、真面目に生きているという事もできます。女性が特に「恋愛が人生の全て」になってしまう女性も多いので、女性が恋愛で否定されたりすると、そのパワーの行き所を無くして、仕事に行き所が集中したりする事になります。

自分がどのように生きるかは、自分でコントロールできるようにしなくてはいけません。恋愛で相手にコントロールされたり、仕事ばかりに熱中して人生がお菓子な事になるのは、正常な事ではありません。

カテゴリ: 

コーヒーを飲むことを停止することにした。良く寝れずに体が悲鳴をあげている。

  • 13 April 2018
  • のぶやん

日頃からパソコンが好きでパソコンに向かう時間がながいことがあって、コーヒーをがぶ飲みしていました。少しぐらい飲んでもいいやと思うと、麻痺しているのか、1日に何倍も飲んでいる日が沢山でてきました。

コーヒー

薬物依存症と同じである

コーヒー、お酒などのいわゆ『嗜好品』というのは、程度の差こそありますが、依存症になるものです。お酒の依存症をアルコール依存症と呼んで、病気の一種として病院で治療が行われるようになってきています。一方、コーヒー中毒などは、その副作用がジワジワと効いてくるので、積極的な治療が行われてきませんでした。

コーヒー中毒になった症状

コーヒー中毒になると、コーヒーが常に手放せないような状況になってしまいます。コーヒーがないとストレスを感じるようになっていました。1日5,6杯もコーヒーを飲んでいて、夜にも飲みたくなっていました。

コーヒーを飲み続けていると、夕方以降に飲まないように心掛けていたとしても、良く寝られなくなってきます。自律神経を完全に狂わせているのだと思います。

コーヒー

コーヒーは体の栄養を奪う

コーヒーを何倍も飲んで出た症状は、自律神経の悪化による『睡眠障害』です。肌がボロボロになって、乾燥肌になりました。肌が乾燥しやすくなったせいか、肌にブツブツも出やすくなって、肌が荒れた状態を自覚するようになりました。

ミネラルなどが足りなくなると、ハゲが加速したり、白髪になりやすくなります。

コーヒー

睡眠不足で物忘れが起こる

ストレスから大量のコーヒーを飲むようになった起こった症状は、夜に寝られなくなった事です。睡眠不足で外出すると、様々な症状を引き起こして、電車に乗り遅れたり、傘を忘れてきたりするような事が起こりました。普段はそれほど物忘れするほうではありませんが、睡眠不足の時に特に物忘れが起こりました。

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事