Youtuber



アマゾンが超セール中!!
言語: 

Youtuberが衰退するのは、お金の話になっていくから

  • 28 November 2022
  • のぶやん

ユーチューバー「しばたー」さんには、ある意味で非常に注目しています。私が注目しているのは、100万人の登録者数で、どれぐらいオワコンになっていくのか?ということです。何でシバターさんがつまらなくなったかと言えば、お金持ちになってしまったからです。預貯金の金額が2億円に達しているということです。30代で預貯金が2億円の人は、庶民ではないですよね?

シバターの本当の資産

シバター氏の本当の資産は、2億円の預貯金よりは、その「芸能人としての知名度」と、Youtuberの登録者数と思うのですが、それが活用できない状況に陥ってきています。というのも、ユーチューブ側がTiktokを意識してショート動画などを重視するようになったので、今までのように簡単にアクセスが集まらなくなってきてしまったのです。

登録者は「面白い動画」が見たいだけ

シバターのコラボを断った話なんですけど、本当に話さなくていい話を語ってしまってます。ハッキリ言って「あ、これはつまらない」と思う内容です。確かに、つまらないシバターに興味があれば、見るでしょうけど、内容は面白い内容ではありません。何でつまらないか?それは、シバター氏のビジネスがビジネスになってしまったからです。

毎日のように部屋でお話している人間には、「自分なりの独自性があるネタ」がなくなっているのです。例えば、ファミリーにシフトしたり、趣味の分野にシフトしたりして、どんどん範囲を広げていけば、ユーザーも飽きないかもしれません。そういうことがなければ、視聴者から見ると「単調なシバターの雑談」に興味がなくなってくるのです。

自分がやりたいようにやってない

シバターは、周囲の反応ばかりを気にするようになっていて、自分がやりたいことをできていない気がします。そもそも、自分がやりたいことがあるのかどうかも不明瞭です。部屋で話しているだけでアクセスが取れる時代も終わったので、もっと新しいことを始めた方がアクセスが取れることは目に見えていますが、それがないのでしょう。今まで楽して稼いできたから(彼なりには苦労したつもりなんでしょうけど)だと思います。

人間、苦労して何かをやろうとすれば、それなりに新しいことを次々とやっていくもので、その過程が大事なんだろうなと思います。

年齢的に大人になった問題

シバターさんは、年齢的に30代になって、大人になったということでしょう。会社も設立して、家族を持つと、目の前のお金も大事になるものです。預貯金2億円もあれば、株にでも投資しておけば、その配当だけで生活できてしまったりするのです。そこが庶民から見ると「こいつはつまらないな」と思うようになってしまうのです。

動画によると、「パチンコの収録の仕事が60~70%で忙しい」そうで、それがメインの収入源になっているとのことです。再生数が出ないパチンコの仕事は、どれだけ続くんだろうな?とは思います。

ショート動画で爆発する可能性

ショート動画の収益化は、2023年1月頃から始まるとされています。そうすれば、従来のユーチューバーと呼ばれる人たちも、収益化を狙ってショート動画に入ってくることになり、一揆にショート動画が主戦場になることが予想されます。ユーチューブもそれを狙って収益化していく訳ですけど、そこでアクセスを取れなければ、オワコン化は加速していくでしょう。

ショート動画が収益化された場合、シバターがショートで数字が出せなければ、ユーチューバーを継続するのも厳しいレベルになることは目に見えています。再生数は、数万以下になって、ほとんど収益が得られなくなるでしょう。まあ、それでも2億円の預貯金があれば、別に生活に困ることはないですね。

Youtubeでチャンネルのアクセス数が激減していく理由

  • 1 November 2022
  • のぶやん
ユーチューバー

チャンネルのアクセス数が激減していく事には、それなりに理由があります。競合が増えていることはもちろんですが、競争相手にアクセスを取られている状況になっているということです。Youtubeは、ほとんどの日本国民がスマホにアプリをインストールしている状態になっています。

動画に手抜きするようになった

動画に対して手抜きが見られるようになると、アクセス数が減少していきます。今までは、撮影・編集共に手が込んだものを作られていたにも関わらず、手抜きのものが多くなってくると、視聴者は「このチャンネルはつまらない」と思うようになって、視聴者離れを起こすことになっていきます。

Youtubeは、専任で全力をもってやってる人も多くいるプロ同士が戦う場所になっています。その中で、素人が少しでも手を抜くと、それだけでアクセスが集まりづらくなってしまいます。

発展性がなくてマンネリ化した

10年前と同じような手法では、競合が増えてきたこともあって、アクセスを集めることは難しくなってきています。周囲がどんどん工夫を重ねているのに対して、自分が工夫を重ねることができなければ、アクセス数はどんどん減少していくことになるでしょう。

今は、Tiktokの影響を受けて、ショート動画でチャンネル登録者数を伸ばすことが求められるようになってきています

自分なりの試行錯誤がない

自分なりの試行錯誤は、誰かの動画のコピーではなくて、自分なりに考えて行う必要があります。視聴者の立場になって、視聴者が分かりやすい動画、かつ新しい発見があるような動画が人気があります。ユーザーに対して「どのようにプラスになるのか」という付加価値の情報提示は大切になります。

自分なりに何を主張する動画なのか?というのが付加価値の提供になります。

求められている意外性

人々が求めているものは、驚いたり、意外に思うものです。普通のものに飽き飽きしているので、誰も普通のものに反応しなくなってきているのです。「この発想はなかった」というものがないと、動画は面白くないものになってしまうのです。人々は「これは面白い」と思う意外性を求めています。

どうやったら意外性を出せるのか?人々の予想を覆した動きができるのか?ということは、日頃から考えておく必要があります。自分なりにインスピレーションを膨らませておくことが良いことでしょう。日頃からありとあらゆる発想を整理しておいて、それを「ここぞ」という場面で出していくのです。

動画の質を高めるには?

動画の質を高いものにするにはどうすればいいのか?という疑問があります。先ず、字幕があったりすれば、それは分かりやすい動画の質と言えるでしょう。しかし、字幕がなくてもアクセス数が伸びている動画は沢山あります。簡単にクオリティがあがるのは、字幕、音声、効果音、サムネイルなどです。

(1)字幕
(2)音声
(3)効果音
(4)サムネイル
(5)無駄な音声のカット

最も大切になるのは、無駄な音声のカットになります。無駄な音声をカットすることで、視聴者は途中で視聴をやめずに見る事が出来るようになります。

カテゴリ: 
タグ: 

上手な動画チャンネルの作り方

  • 26 October 2022
  • のぶやん
Youtuber

手を抜けるところで手抜きする

全てを全力で作るのではなくて、ある程度の手を抜くところを決めて、手を抜くことで「全体」を作り上げます。アニメーションを作るのに似ています。最初にストーリーを決めて、それに従って動かすような形です。コンテをどのように作るかというのは、アニメーションでよく使われる手法です。

真面目にやったから稼げる世界でもないので、手を抜けるところで手抜きすることは大切です。手抜きで思い浮かぶのは、誰かの「切り抜き動画」です。切り抜き動画であれば、量産可能で、視聴数も伸ばすことができます。そして、確保できた時間で、自分のクオリティ高い動画づくりにチャレンジするのは良いでしょう。

効率的にアクセスを稼ぐ

インターネット上では、効率的にアクセスを稼ぐ(相手の感情を揺さぶれる動画)ことを行わなければ、勝ち残ることができません。人の感情を揺さぶるコンテンツがどんなコンテンツであるか?は、常に考え続けないといけないでしょう。

効率的にアクセスを稼ぐことができなければ、Youtuberとして生き残っていくことはできません。

10万円稼げる猛者は少ない

月に10万円ほど稼ぐためには、100万以上の再生を出さなければならないので、膨大な再生を持った動画を何本も投稿しなければ稼げない状況になっています。競合も多いので、簡単に稼げる状態ではなくなってきているのです。動画投稿だけをビジネスにして儲けれる人は、本当にごく僅かであると言えるでしょう。

 

タグ: 

Youtubeが競争激化のレッドオーシャン化!

  • 20 June 2021
  • のぶやん
Youtubeが競争激化のレッドオーシャン化!

テレビ顔負けでプロ化するYoutuber

かつて「部屋で好きなことを話して生き残れた」Youtuberは、今ではどんどんプロ化していき、部屋で話しているだけでアクセスを取ることが極めて難しい状況になってきています。

有名人のYoutube参入

有名人が次々とYoutubeに参入してきたことによって、レッドオーシャン化してきています。独自のコンテンツを揃えないと、戦うことが極めて厳しい状況に陥っているのです。

チャンネル登録者が無意味になる

チャンネル登録者数が20万人、30万人、100万人もいると格好いいですけど、実際にチャンネル登録者数とビュー数が比例している訳ではありません。チャンネル登録者数が多いからと言って、その動画がいい動画とは限らないからです。

ライフスタイル系は強い

ライフスタイル系は、いつの時代も強いものです。やはり、「役立つ情報」は、誰でも見たいと思いますね。

誰もやっていないジャンルが強い

誰もやっていない系のジャンルは、やはり強い傾向があります。

カテゴリ: 

俺的JINさんがFXで-6000万円の大損失。

  • 7 January 2019
  • のぶやん
俺的JINさんがFXで-6000万円の大損失。

基本的に、俺的JINさんのような初心者の投資家は、レバレッジを低くして、通貨を1つか2つに絞り込む必要があります。私も、以前はユーロ円、今はドル円しかやっていません。俺的JINさんは、沢山の通貨に手を出しすぎてましたね。何だかど素人がユーチューブのネタとしてFXに手を出して大損してヤバいという「良くあるネタ」になってきました。

それにしても、俺的JINさんはお金持ちで、-3000万円の大損失と、-2800万円の含み損を抱えていて正常でいられるのだから、本当に凄い資金力ですね。全資産が数億円と言われているだけに、まだまだ余裕がありそうです。正直、そんなに大金を注ぎ込まないで、100万ぐらいで練習した方がいいと思いますね。

自社で運営しているサイトのビジネスに飽きて、毎日のようにやる事がなくて刺激を求めて24時間も動き続ける為替に刺激を求め続けている様子が良く分かります。ギャンブルにはまっている状態というか、一種の為替依存症になっている感じですね。

為替でこれだけ大損したら、為替とは距離を置いて、趣味とか、友達と遊ぶとか充実しないとダメな気がします。大損した時には、冷静さを欠いてしまって、損失を取り返そうとして大きな損をしがちになってしまいます。冷静な判断が出来なくなる可能性があります。
俺的JINさんがFXで-6000万円の大損失。

俺的JINさんは、スワップ狙いで豪ドルに投資して、2019年初めに円高でレバレッジが高すぎてロスカットされていました。金利スワップ狙いであれば、もう豪ドルが高金利と言える時代ではなくて、ドル円も十分に金利差が広がっているので、ドル円でスワップを狙った方が安全性が高いと言えるでしょう。

俺的JINさんの場合には、2億円もあるのだから、本来であれば『米ドルのスワップ金利』だけで生活するぐらいのお金を得る事ができます。1億円をレバレッジ3倍で運用して、3億円のスワップ年利2%だとしても年間600万円の米ドル利益を得る事ができます。米ドルをそのまま銀行口座に流せるような証券会社であれば、数年のスワップ金利でアメリカ不動産を狙うのも良いでしょう。

いずれにしても、資産2億円の人が損失3000万円、含み損3000万円というのは、非常に大きな数字であることは間違いありません。

カテゴリ: 

2019年1月3日に為替大暴落で俺的YoutuberのJINさんが3000万円の大損失

  • 3 January 2019
  • のぶやん
2019年1月3日に為替大暴落で俺的YoutuberのJINさんが3000万円の大損失
2019年1月3日に為替大暴落で俺的YoutuberのJINさんが3000万円の大損失

為替が朝に薄商いの中でヘッジファンドが円高を仕掛けたとされていて、一気に105円割れまで円高が加速、今までスワップ金利をあてにしていた多くの投資家が強制ロスカットされました。早朝にたまたまリアルタイムで見ていましたが、チャートの動きが半端ではなかったです。

ドル円105円割れまで一気に円高が進んで、その後に107円台まで戻して大きな髭を出しています。

2019年1月3日に為替大暴落で俺的YoutuberのJINさんが3000万円の大損失

1,2億円で運用してるにも関わらず、3000万円のロスカットというのだから凄いですよ。3000万円もあれば、家を購入出来ちゃいますね。地方の銀行に3000万円も預けるとなれば、必ず支店長が出てくるレベルですね。

JINさん3000万円の損失

キャプチャをアップロードしているので、マジですね。
2019年1月3日に為替大暴落で俺的YoutuberのJINさんが3000万円の大損失

カテゴリ: 

日本トップレベルのユーチューバーがテレビ芸能人より凄いブライアン(brianjesse)のスキル

  • 10 July 2018
  • のぶやん

フォロワー数180万のブライアンさん。ユーチューバーとして活躍中。チャンネル登録者数130万人、1つの動画を出すと100万回再生される実力があります。

日本人のフォロワーで180万人と言えば、もはやTVに出演している芸能人を凌駕する数です。得意技は、下ネタ、ラップ、モノマネであり、1人で何役もこなせる演技派です。Youtubeだけでなくツィッターにショート動画もアップロードしています。決してイケメンではないですけど、印象に残る顔だちをしています。

テンションが明るく笑いがあり、テンポが良くて、『ラッパーらしい』とても軽快に動画を見られるのが特徴です。一緒にいる人たちも笑って楽しそう。Youtubeで言葉のテンポ&笑顔がいかに大事か良く分かります。分かりやすいたとえも良く用いています。

リリースされる1つ1つの動画は、いずれもかなり手が加えてありますが、それを全く感じさせないテンポの良さを出せています。テレビ局のプロデューサーも驚きの作品に仕上がっています。例えば、ラップで歌の演技と録音を別に行うこだわり方をしています。2017年にツィッターでリリースしたショート動画は、Youtubeリンクが張られておらずに共有されてフォロワーを増やす事を目的にされていました。最近ではYoutube動画が張られたものもあります。

 






言葉の出し方については、ラッパーらしさを出しています。ただし、このアニメ動画を無断で使用しているとすれば、内容を歪めたものなので、裁判で訴えられたら確実に負けます。

このリスクの下でツィッターのフォロワーを急増させた事が分かります。



ユーチューバーとして非常に珍しい編集をしており、自分の演技に対して自分でナレーションを付けています。

売れない底辺YouTuberの悲惨な末路!頑張っているのに月額1万円以下の報酬

  • 6 April 2018
  • のぶやん
頑張る姫

YouTuberで月収数百万から数千万円も稼ぐ夢のユーチューバーがいる一方、『底辺ユーチューバー』と言われる人たちは、月額1万円も稼ぐ事ができずに挫折していく人たちが多いです。

頑張る姫

YouTubeで得られる広告報酬

YouTubeで得られる広告報酬は、10万再生で1000円ほどの人が多いようです。月額10万円を稼ぎ上げるには、月1000万再生が必要になります。1つの動画で稼がなくても、今まで作った動画が再生されて、合計で月に1000万回ほど再生されれば10万円を稼ぎだせます。

大物YouTuberでは、1回の投稿で200万再生ほどを叩き出す事ができるので、1回の投稿で2万円以上を稼ぎだします。更に今までの投稿した動画も話題になって稼げれば、何もしなくても1日数万円ずつの収入が得られる人も多いです。

YouTubeで生活が厳しい理由

YouTubeで生活が厳しいのは、最初に大量の動画を投稿してアクセスを集めている人が有利だからです。後から参入する人たちは、その人たちと別のキャラクターを作って、さらに大量の動画を投稿しなくてはいけません。

YouTuberの生活が厳しいのは、最初の1年ぐらい『全く稼げない状況』で視聴数が多い動画を投稿しなければいけないからです。精神的にも、金銭的にも厳しいでしょう。100本以上の動画ストックがあり、それがある程度のアクセスを集めないと、月額20万円も稼ぐ事ができません。

1つの動画で1万再生ぐらいしかあげられないようだと、稀にヒットが出て10万再生されたとしても、継続的に稼ぐのとは程遠い状況です。全体で1000万回再生されて、収入はようやく10万~30万円といったところでお小遣いにしかなりません。

本気を出して投稿してない

後から参入するのであれば、初期のYouTuberと同じ品質のものでは意味がありません。本気を出し続けるのは、コストと時間がかかる事で、それが出来ないと生き残る事ができません。例えば、先行ユーチューバーは、真似がしづらいものを目指す為にお金をかけて『やってみた』動画を投稿しています。

YouTuber全体のクオリティが上がってきていて、有料の映像製作ソフトを活用したり、複数人で撮影するなど、初期の頃よりもお金をかけた作品が増えてきています。

本気を出すというのは、自分の髪型に注意を払ったり、部屋の様子を面白くしてみたりと、ある程度のコストを覚悟してやる事です。それでアクセスが集まらないかもしれないけど、それぐらいの『投資』を行わないと難しい状況になってきています。

上昇する収益化のハードル

Googleは、2018年からYouTubeの収益化のハードルを高くしました。動画で収益化させる為には、1000人以上の登録者で、年間4000時間以上(月間で約320時間)以上の視聴が必要になりました。底辺YouTuberが最初から収益化は難しくなり、底辺に厳しい状況となっています。

そうは言ってもチャンネル登録者数1000人は、少し頑張れば底辺YouTuberでも届く数字で、月間320時間以上の視聴時間というのも、動画の本数が増えれば到達できる数字ではあります。再生数ではなくて、動画の視聴時間となっているので、短い動画は不利なのかもしれません。

得意分野に特化する必要性

沢山の顔出しYoutuberがいるなかで、売れない人の特徴は、何でも屋になっている人かもしれません。自分の得意分野を持って、得意分野に特化したスタイルで展開すれば、ファンが付く可能性が高まります。自分の得意分野が何かを見極めて、コンセプトを明確にすることが大切になるでしょう。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事