SEO


アドセンス広告

SEO

ブログが稼げなくなっている?イケダハヤトがユーチューブを開始

  • 26 October 2018
  • のぶやん

しばらくぶりにイケダハヤト氏のツィッターを見ると、イケダハヤト氏がユーチューブを開始した事が分かりました。どうしてユーチューブを開始するかと言えば、考えられる単純な理由は『ブログが稼げなくなってきているから』という事が大きいでしょう。イケダハヤト氏と言えば、仮想通貨で1億円と言っていましたが、仮想通貨が大暴落してアフィリエイトも全く儲からなくなっています。

広告市場は、2018年に入ってさらに厳しさを増しており、広告単価が大幅に下落している事で本当に儲からなくなっています。イケダハヤトのブログの場合には、100万PVほどあるという事ですが、そのようなブログに広告を掲載したとしても、月に数万円という事もあり得るような本当に儲からない世界になってきています。

温泉美女

SEO手法の大きな変化

10年ぐらい前であれば、SEOと言えばGoogle社の検索エンジン対策で十分でした。現在では、そのSEO手法がほとんど通用しなくなってきています。検索エンジン対策を行ったとしてもアクセスが増えるとは限らず、SNSなどの流入、スマートフォンの使い勝手なども考えないといけなくなってきているからです。そうした面で考えると、以前にも増して技術面の依存が強くなっています。

アクセスの集め方が以前とは相当に変化してきており、ユーチューブなどの動画で先に話題になってフォロワーを増やしてウェブサイトに誘導したり、ツィッターで動画を出してブランディング自体を強化するなど、アクセスの集め方も多種多様になってきています。

動画でアクセス集める話題性

東京オリンピックを批判した「せやろがいおじさん」は、割と話題になったと思いますが、それでも東京オリンピックのYoutubeの再生数26万再生しかいってません。ヒカキンなど人気ユーチューバーの足元にも及ばない再生回数です。それでも、せやろがいおじさんは、オリンピックの件で話題になったので、フォロワー数を50000人まで増やす事に成功しています。

せやろがいおじさんの場合、合計200万回再生=収入数万円といったところで、収益にはなっていないでしょう。ここまで稼げないと、『いかに面白いコンテンツを安く生産するか』という事にもこだわらざる得ない状況かもしれません。広告なしの無料で大量に動画が出ている現状で、動画を出すだけで稼ぐのはますます困難になってきています。

イケハヤさんのユーチューブ動画
アクセス1000再生ぐらいで話題にもなりませんね。

Googleの検索エンジンが長文すぎて逆に役立たずの物ばかり出てくるようになってる事実

  • 1 September 2016
  • のぶやん

Googleの検索エンジンなんですけど、最近は『長文であれば何でもいい』らしいです。とにかく長文が重視される傾向にあり、、、、それが困った事になっているのです。

何でも長文であれば重視される結果

どういう事が起こっているかと言えば、『東京 観光』などで検索すると、『観光地65選』みたいなのが出てくるのです。いやいや、65ヵ所も見ませんから、面白い所を教えてほしいのに、65ヵ所と言えば、全く観光地らしくない知っているところも入ってくる訳ですよ。例えば、観光地として六本木ヒルズが紹介されてるけど、それって今さらいらなくないか?と。誰でも知ってるから。東京タワー!!みたいなのを紹介されて、嬉しいかな、、、それって、求めている情報ではない気がする。

Googleが分からない事は、『こちらがどれだけ東京に詳しいか』という事なんですね。東京在住の人であれば、東京に詳しくて当然であり、東京の観光地と言ったって、主要な観光地ではなくて、もっとカップ炉でデートにいくような細かい観光地を知りたいかもしれない。それが、65ヵ所から探せって、、、検索の意味がなくないかと。

同じようなページばかりになってる

東京の観光地と言って検索したところで、本当に同じようなページの検索結果ばかりなのです。お決まりのパターンで、『東京 観光』と言えば、上野動物公園、浅草、東京タワー、六本木ヒルズとリストが並べてあるだけ。知っているところをリスト化されても無意味だと思うのですが、検索結果の多くがそんなものばかりになっています。まるで、コピーしたようにワンパターンなんです。

観光情報だけではないですよ。恋愛情報も同じで、全くのワンパターン化が激しいのです。どっかで見たことがある記事だな、、、みたいな記事ばかり。コピー記事をちょっと書き換えているからそういう事になるんでしょうけど、それにしても、、、マニュアル化された恋愛みたいなものばかりです。もっと、魅力ある面白いコンテンツがないのかなと思ったりします。そういうコストがかかる事をやっても、Googleの上位に出ないものだから、誰もやらない。結果として、面白くないSEOページが量産される結果になっています。

今のGoogleの検索エンジン向けには、意味が通る長文を書けばいいのですか?応えはイエスです。Googleは、結局、それを求め始めていると感じます。とにかく1万文字のものを30ページでも書けば、ページは3か月後には上位にあがっていくでしょう。それが読まれていなくても。

鉄壁の恋愛系・観光系

恋愛系は、常に検索されているので、Howto系だと鉄壁で大量に情報があって、本当に似たようなものばかりです。特に考えられていなくて、成功するか、しないかなんてどうでもいいという内容の物ばかりですけど、とりあえず読まれている感じです。

観光系のコンテンツは、もう嫌なぐらい同じ場所ばかり。六本木ヒルズ~東京タワ~みたいな。他に紹介するところないのか?と言いたくなります。Googleの検索エンジン対策の為に、もう無意味とも思えるような場所を『観光地』として紹介したりもしていますね。カップルだったら絶対に行かないよーと思うような場所まで。どうなんだろう、それ。

カテゴリ: 
タグ: 

検索エンジンからの流入が全く増えない時代!そもそもGoogle検索する人が増えてない!

  • 27 July 2013
  • のぶやん

Googleの検索エンジンにおいて上位表示するという事は、SEOと呼ばれてGoogleが出た頃から盛んに行われてきました。SEOを専門にする会社があるほどに検索流入というのは非常に重要な分野であり、Google検索で上位を取らなければ存在しないも同じと言われるまでになりました。しかし、最近になってその流れが少しずつ変わり始めているのを感じます。厳密に言えば最近ではなくて、FacebookのアクセスがGoogleを抜いた2010年頃から変化してはいたのです。

このブログでも、例えばNAVERまとめにおいていかに検索エンジンを重視する事が重要かという事は何度か書いてきました。同時に検索エンジンを重視する事がTwitterやFacebookでは不利になるという点にも触れてきました。検索エンジンを重視してコンテンツを作成する場合と、TwitterやFacebookのソーシャルを活用してコンテンツを作成する場合では、作り方が根本的に異なってきます。その両立は大変に難しく、タイトルだけとっても難しい選定となってきます。

これからGoogleがジリ貧となってソーシャルが本格的に活躍するのであれば、ソーシャル重視のコンテンツを作っていく必要もあると感じています。

Google検索のアクセス流入が少ない

Google検索エンジンにおいて、「最上級のビックキーワード」で3位以内にランクインした時のGoogle検索からの流入は、1万-5万アクセスという事が分かっています。複合(2つのビックキーワード)の場合には1千-1万ほどのアクセスになります。このようなアクセスで100万アクセス、200万アクセスを集めようと思えば、大量のキーワードで上位表示される必要があるのです。大量のビックキーワードで上位表示するのは、簡単な事ではありません。

NAVERまとめは、非常にGoogleなどの検索エンジンに強さを発揮しており(NAVER自体が検索の会社だからというのもあるかもしれない)、NAVERまとめが沢山のビッグキーワードでGoogle検索1位-3位を取っている事は良く知られています。NAVERまとめが10億PV以上を達成できたのは、Google検索エンジンからの流入がしっかりあったからという事は疑いようもないでしょう。

また、NAVERまとめで数百万PVを集めているアカウントは、単に注目まとめに掲載されているだけではなくて、こうしたGoogle検索エンジンの上位表示されているものが多いのが特徴です。Google検索で上位に表示されると、アクセス流入は少ないながら確実なアクセスを見込めるというのが現在の状況になっています。

検索エンジン主義のNanapiの現在の状況

日本のコンテンツファームのNanapiは、Google検索など検索エンジンで上位を狙う典型的なサービスと言えるかもしれません。Nanapiは、着実にアクセス数を増やしてきており、おおよそ6000万PVほどと公表されています。最近では、グロービスの3.3億円に加えて、KDDIからも2億7000万円を調達して、合計調達金額は、6億円にも達しています。

Nanapiのアクセスう数が着実に増えてきた事は素晴らしい事だと思っていて、事業を粘り強く継続してきた成果だと思うのですが、一方で6000万PVという数字が多いか少ないかというところは、意見が分かれるところかと思います。Nanapiのアクセスの多くは、共有によるものではなくてGoogle検索からの非常に細かい小さなアクセスが積み重なったものと考えられます。言い換えれば、あまりFacebookやTwitterでは共有されるコンテンツは多くないと言えます。

拡散されるには時事性が必要

Nanapiが拡散に弱い理由としては、Nanapiのビジネスモデルが、そもそも検索エンジンを意識したコンテンツファームというのが狙いであり、あまり拡散を重視していないからという事も言えます。FacebookやTwitterなどのソーシャルで拡散される為には、時事ネタの方が圧倒的に強みを持っています。もしくは、時事ネタでなくても「最近の流行」でも良いでしょう。

多くの人が新しい情報に敏感になるのは、インターネットなどでビジネスの移り変わりの周期が短くなっているので、情報を知らずに損をしたくないという心理が働いているのだと思います。例えば、ファーストファッションを知っていれば安く服を買えるかもしれないし、LCC(格安航空会社)を知っていれば安く楽しく旅行できるかもしれないし、現在居住している場所よりも良い場所に引っ越せるかもしれません。「自分が損をしない為にも最新の情報を仕入れたい」という欲求を多くの人が持っていて、それを満たすのが現在のTwitterやFacebookなどのソーシャルであると言えます。

Googleの検索エンジンの欠点

Googleの検索エンジンの最大の欠点と言われているのは、最近の流行などがさっぱり分からないという点です。キーワードを入力しないと何も出てこないので、自分が中心になってしまって、自分が気になった事であれば検索できても、人が気になった事を知ることができないのです。その点、FacebookやTwitterであれば、友達の視点であったり、知り合いの視点などから、様々な情報を知ることができます。

Googleの検索エンジンは、最近の流行が知りたい人にとっては、何もしれない単なる箱に見えてしまうのは仕方ない事かもしれません。もっと分かりやすく言えば、「ファッション、最近、流行」などと調べると、10年も前に作られたサイトが出てきたりするのがGoogleの検索エンジンです。

早い話、Googleの検索エンジンが出力するような静的なトレンドを必要としないコンテンツというのは、全てNAVERまとめのような「まとめサイト」に食われるという事です。そう考えると、NAVERまとめは、Googleの現在の静的コンテンツを脅かす可能性は十分にあると考えます。

 

カテゴリ: 

タイトルのインパクトとSEOの関係

  • 8 April 2013
  • のぶやん

NAVERまとめに限った話ではないのですが、インパクトあるタイトルにしようとすると、短くて印象付けるタイトルが良いのです。しかしながら、それだとGoogleのSEOとしては弱くなってしまいます。GoogleのSEOで良い結果を残したいとすれば、言い換えた何種類かのキーワードをタイトルに入れた方が良い事だけは確かです。そうしないと、検索エンジンでいろいろなキーワードで引っかからないからです。

もし、Googleで検索エンジンで引っかかるようにキーワードを複数入れ込もうとすると、それだけタイトルが長くなってしまって、インパクトに欠ける可能性が出てきます。インパクトに欠けるという事は、共有されづらくなるという事です。ソーシャルネットワークと検索エンジンというのは、どちらも考えるのは非常に難しい現状があるとコンテンツを製作していると改めて分かるものです。

検索エンジンとソーシャルの対立

検索エンジンとソーシャルが対立するのは、タイトルだけの事ではありません。例えば、NAVERまとめでコンテンツを膨大に詰め込んだ1つのまとめが検索エンジンに評価されて、上位表示されます。しかし、現実問題として、スマートフォンでそんなに10ページもペラペラめくり続ける人がいるでしょうか?現実には、人間がそれを読む可能性というのは極めて低くても、検索エンジンは「コンテンツが沢山ある」と評価してしまっています。

例えば、NAVERまとめでまとめる際にも、写真と説明というシンプルな構成の方がずっと人間の目に見やすかったとします。しかし、これでは検索エンジンに評価されづらいので、いろいろと文章を加えたりしますが、文章を加えれば加えるだけ、読むのは面倒になっていきます。特にスマートフォンで読める文章など限られているのですから、文章は「そこそこ」あれば良いという事になります。

Googleの検索エンジン上位はコンテンツ量

Googleの検索エンジンの上位を見ると、その多くが単に「コンテンツの量」だけで決まっているような印象を受けてしまいます。私のNAVERまとめにおけるまとめでも、コンテンツの量を増やすとGoogle検索エンジンで上位に表示されるという非常に奇妙な事が起こってくるのです。そして、コンテンツが増えてくると、人間にとって読みづらいまとめになっている可能性があります。人間の視覚は、シンプルである方が良いのに、Googleの検索エンジンになると「出来る限り複雑な方が良い」と思っているかのようです。

人間がインパクトある!と感じる良いタイトルで共有されたとしても、何故だかGoogleの検索エンジンでは全くインパクトを発揮しないという事が起こってきています。つまり、Googleの検索エンジンは、私たちの感覚とは別の場所で検索結果を提示しているという事になります。Yahoo JAPANがNAVERまとめを検索結果に取り入れる背景には、このような「人間の視点から見た部分」というのを導入する事で、検索の精度を高めたいとする意図があるという事でした。

文章の統一感

人間が見やすい情報というのはどのような情報でしょうか?NAVERまとめでは、「大見出し」「引用見出し+説明」「テキスト」「画像+説明」などをコンテンツタイプとして追加する事が可能となっています。このコンテンツタイプを自由に入れ替えたりする事が出来るようになっていますが、人間が読みやすさでいえば、次に来る情報を予期する事が出来れば、「読みやすい情報」という事になります。

これは言い換えると、論文を書くときに統一感を持たせるように、「大見出し」「引用見出し+説明」「引用見出し+説明」「引用見出し+説明」「画像」という形を形成すれば、見やすくなるという事でしょう。多くのキュレーターは、このような方法でまとめの作成を行っています。もしくは、「大見出し」「画像+説明」「画像+説明」「画像+説明」という形で並べていくのも見やすいでしょう。こうした見易さというのは、Googleが判断するのを難しくしています。

コンテンツに含まれるギャップが面白い?

コンテンツのデーターだけで明らかにならないのは、人間が面白いと感じる一般との「ギャップ」です。お笑いなどで良く使われるのですが、人間の感情表現というのは、将棋の板の中のものだけではなくて、もう少し複雑に後ろ側からチェスの駒を将棋の板にならべたり、将棋の駒をトランプのカードに変更して遊ぶという高度なものです。コンピューターは、過去の計測であったり、設定した範囲の中で大活躍しますが、全く別のものを持ってくるという行動ができません。

タイトルの羅列は、50文字ぐらいのものですけど、その単語の変化によって、人間は瞬時に「読む」か「読まない」かを決定するなんて、面白いですね。
 

カテゴリ: 

検索エンジンにおける情報のターゲッティング

  • 3 April 2013
  • のぶやん

Twitterにおいて、「渋谷なう♪」とぶつやいたとします。友達と一緒にいて、美味しいお店を探すというのは、頻繁に起こる行動です。以前であれば、リクルート系の「ぐるなび」を使ってクーポンで検索していたかもしれませんが、この方法だと口コミは恣意的に歪められ、不味い店に入るという結果が良く起きました。そこで食べログになりましたが、結局は自分があったお店を探すには時間がかかりました。

口コミが信用できない

ぐるナビの口コミは、店側が書き込みを行っていた事が大きな問題となりました。また、クーポンのシステム自体が広告費と合致するので、店側がクーポンシステムを悪用しているような状況になっていました。それでも「グルメ情報をまとめたサイト」というのが無い時代は、「情報はないよりもあった方が良い」と言うことで、多くの人がぐるナビを活用していました。

クーポンシステムの失敗というのは、グルーポンの業績にも現れています。少し前に爆発的に話題になったグルーポンは、結局の所は店側にも、客側にもメリットをもたらす事のない中間搾取サービスの広告代理サービスでしかなくて、業績はすぐに伸びなくなりました。ぐるナビからクーポンを使わない口コミサイトの食べログに舞台が移っていきますが、そこでも口コミが今ひとつ信頼されていません。場所によって口コミ5件という情報では、とても客観的な情報ではないからです。

人々の嗜好が異なる

美味しい料理屋と言ったって、デートで使う料理店、友達と行きたい料理店、ビジネスで使いたい料理店、学生が使う料理店は全く異なる需要が生じてきます。これは料理店に限った話ではなくて、ホテルでもそうです。普段は1人で宿泊するビジネスマンであれば、ホテルなんて3000円のホテルで良いと思うかもしれません。しかし、恋人と一緒に宿泊するとなれば、3万円のホテルに宿泊したいと考えるかもしれません。

都内のホテルと検索しても、その状況に応じたホテルが検索されるとは限らず、「誰と」「どのような」といった状況は、旅行のコンサルティング会社にでも質問しないと分からない情報になってくるのかもしれません。とりあえず、楽天トラベルの口コミを見たり、トリップアドバイザーでも見て宿泊するホテルを決めるというような状況になってくるでしょう。

ターゲッティングとタイトル

NAVERまとめの運営側も検索を意識してカテゴリに入れていますが、その手法については、まだ模索中の段階でしょう。実際に運営側ではなくて、キュレーター側でも「良い情報を作り出したい」という思いで作ってはいますが、アクセス数と個人の需要を対応させるのは、相当のボリュームが必要になります。

言い換えると、「ビジネスマン」「京都市」「ホテル」というキーワードには、確実な需要があるにしても、その需要というのは1年に1回利用されるかされないかという事になります。ある程度の需要があるキーワードで、しかも人々の多彩な需要に応じられるものというのを探し出すのは至難の業です。

渋谷なう♪に対する回答

渋谷にきたけど、渋谷の良いカフェで300円のコーヒーを飲む為に渋谷のカフェの掲載された雑誌を買うには情報コストが高すぎる可能性が出てきます。単にスマートフォンで「渋谷なう♪コーヒーショップ探すなう♪」とつぶやいた時点で、コーヒーショップの情報が欲しいと考えるのが普通です。しかし、食べログの口コミでは似たりよったりで、どのコーヒーショップが良いか決定できません。また、情報が3年前のものであれば、そもそも現在は閉店している可能性すらあります。

ベストな回答というのは、「渋谷なう♪コーヒーショップ探すなう♪」ここで、「1人で渋谷でコーヒーを飲むならこのお店5店舗がベスト」というリストが出てくれば最高なんですね。最近、渋谷で最も流行している5店舗のコーヒーショップが出てくるという流れです。こんな事は、1億総キュレーターになるぐらい情報がどんどんやり取りされる社会にならないと無理です。

「渋谷」「1人」「コーヒーショップ、喫茶店」などで検索して、一発で5種類ぐらいのコーヒーショップが出てくれば、それがベストな回答である可能性は極めて高いです。

NAVERまとめインセンティブは情報の敷居を下げる

NAVERまとめは、インセンティブがあってライターがそれを動機の1つとして情報を製作するのですが、今までの出版社などが情報作成のコストが高すぎたと言う事もできます。大した情報を作っている訳でもないのに、ライターが1日がかりで写真を撮影したり、執筆を何度も手直ししていたのでは、受け取り手の支払うコストも高くなってしまいます。受け取り手にとっては、そんな高い雑誌を買えないかもしれません。雑誌が買えない=情報ゼロとなってしまいます。

NAVERまとめは、小額のインセンティブが支払われますが、「誰でも気軽に情報の作り手になれる」という点が注目すべき点でしょう。多くの人がTwitterや食べログでつぶやいているように自分で独自の情報を保有しています。そういった情報を無料で提供するのは、コストとして無理がありますが、小額でもお金が動く事によって、情報は提供しやすくなります。

検索エンジンとしては、「誰と」「いくらで」「どのような行動をするか」というのを出来る限り正確に読み取るターゲティングしていく行動経済となっていくのですね。

行動を起こさせる動機を作る

渋谷なう♪の例では、渋谷でコーヒーショップを探すというのを想定していますが、広告を考えると「行動を起こさせる動機を与える」というのも重要です。例えば、渋谷でコーヒーショップを探している人に対して、素晴らしいレストランがある事を知ってもらう事も大事でしょう。これは「押し付け」ではなくて、素晴らしいレストランを客観的に5種類ぐらい準備してあげて、そのレストランに「行きたい」と思って貰う事が大事です。

人というのは、良い情報であれば、何でも知りたいと思っているはずです。NAVERまとめに限らず、ウェブサイトを見て、ここに行きたくなった!と思えるようなレストランを紹介できれば最高なわけです。今まで消費を控えている消費者は、そういった情報の外的刺激によって行動を開始する動機が出来る可能性がある訳です。しかも、それは押し付けではなくて、自主的に「ここに行きたい」と思って、すぐに行動しはじめるような事が最適です。今までの広告は、押し付けがましいものでしたが、これからは広告ではなくて、本当に良いもので行動させられるものを検索に表示する事が求められていくでしょう。

カテゴリ: 

NAVERまとめをGoogleで上位表示させる方法

  • 4 October 2012
  • のぶやん

NAVERまとめでアクセスを維持していくためには、Facebook, Twitterなどで共有される事は大変に重要な事であると分かっていたのですが、今の状況ではまだGoogleで上位表示させるという事が非常に重要である事が分かってきました。Googleで上位表示させる事が出来れば、長期的、かつ継続的にアクセスを集める事が可能になります。長期的に収益を狙うのであれば、Google上位表示を狙ってみても良いと思います。
 

NAVER.jpeg


まとめの量について

・特定の話題について深く掘り下げる

「少女時代ニュース」でもそうなのですが、ニュースでも1回ページを作っただけで終わらずに継続してページをブラッシュアップしていく事が検索エンジン対策としては強くなります。例えば、「トヨタが世界で1位に輝いた」というニュースを掲載したとしたら、その後からブラッシュアップし続けて、トヨタの動向を追うようなページに改良していけば、ユーザーにもプラスになりますし、トヨタでのキーワードで上位表示を狙う事が出来るかもしれません。

・ページ数は2ページ以上

Googleの検索では「ボリューム」もある程度は重視されているようなので、NAVERまとめにおけるページ数が1ページ未満では、ボリュームが少なすぎます。最低でも2ページ以上にして、ページ数が多ければ多いほど、競合よりも強いページだと判断される可能性は高まるでしょう。

例えば、このブログもWeb情報資産プラットフォームと言いながら、NAVERまとめについての内容であったり、Drupalや楽天など特定の話題について多くなっています。Googleで上位表示を狙うには、特定のキーワードに対する文章を重ねるという手法が有効に機能するからです。

まとめの画像について

・画像のイメージタイトルを工夫する

NAVERまとめで、Seesaaブログから取り込んだ画像は、Seesaaブログで画像Altを設定していないせいで「Seesaa ブログ - 無料のブログ作成(blog)サービス」と表示されます。このままだと、検索エンジンにかなりマイナスになってしまう可能性があるので、ここをタイトルに合うキーワードにしっかりと変更しておきましょう。そうすることで、ユーザーにも親切になりますし、Google検索にヒットする可能性を増大させる事が可能になります。

画像を並べる人の中には、面倒がってタイトルを全部とって写真だけにしてしまう人もいますが、これは検索エンジン対策としてはかなり「勿体無い行為」と言えるでしょう。その写真に対する感想であったり、説明などを入れるだけで全く違ったページにできます。

・少し手を加えるとオリジナリティを出せる

有名人、芸能人の画像を連発するにしても、画像タイトルの部分を自分でしっかりと考える事によって、かなりオジリナリティを出す事ができる様になります。例えば、有名人の「○○さんの写真集」と言っても、髪形の写真、ファッションの写真、顔写真、セクシー写真のような形で「小見出し」を付けて、タイトルを付けて提供出来れば、立派な記事に仕上げる事も出来るでしょう。これはNAVERまとめの言う「単調まとめ」とは違った品質の高いまとめになる可能性があります。

例えば、芸能人の画像まとめであっても、注目する視点によって方向性が異なってくる可能性があります。髪型に注目しているのか、スタイルに注目すべきか、それとも発言に注目すべきかという特徴を捉えたまとめを作成すると面白いかもしれません。そうする事で、次のまとめにおいて別の芸能人との「比較」が可能になります。

・画像タイトルは新たな付加価値付け

画像の説明として、「Seesaaブログ-無料のブログ作成(blog)サービス」と付いていたのでは、その画像を次に利用する人も同じような形で利用するしかありません。しかし、ここにタイトルの説明書きを付け加えておく事によって、NAVERまとめで次に画像を利用する人は、画像の説明が付いていた状況から利用する事が可能になるわけで、明らかに画像情報が増えて進歩している訳です。

こうして世の中の多くの人が画像の情報量を増やしていけば、インターネットサービスがより便利なものになる事は間違いなく、NAVERの目指す方向性とも一致します。オープンソースのように「プログラムで情報を付加する」という行為と、画像や文章に情報を付加していく行為というのは、実は似たようなものなのかもしれません。

ブラッシュアップの重要性

・継続したブラッシュアップ

最初は「何これまとめ?」と言われるようなまとめで始まっても、継続して少しずつ情報追加する事によって、誰もかなわないような輝くまとめに出来る可能性は十分にあります。NAVERまとめの運営側は、糞まとめを作るなとプレッシャーをかけてきていますが、実際に公開しながらまとめをブラッシュアップしていく作業が悪いこととは思えません。自分なりに情報を付加していけば、どんなまとめであっても輝けるものだと思います。自分が納得いくまで情報を集め続けるのが良いのかもしれません。

例えば、最初は画像を集めるだけだったけど、画像にタイトルと説明を付けてみたらアクセスが増えたぞ!と気づき、次にWikipediaから解説を拾ってきたら更にアクセスが増加したぞ!と気が付き、続いてニュースからもネタを拾ってきたらアクセス急増して、Twitterからも拾ったら充実したまとめに見えるようになってきたという形で、少しずつ情報を追加していく事でページを完成させるという方法は、良いページを作り上げる上で大切です。

・場合によってはアカウントを分ける

ある特定のアカウントでは、非常に良いまとめのみを公開していて、多くのユーザーを集めているとします。そういったアカウントにおいて、場違いとなる「未完成のまとめ」を公開したくないかもしれないと思うかもしれません。そういった場合には、NAVERまとめは複数アカウントを認めているので、複数のアカウントを使う事によって、アカウントごとの価値を分けるという使い方がお勧めです。このアカウントでは、完全に完成したまとめしか公開しないけど、このアカウントではブラッシュアップも試してみようという使い方です。または、短期的、長期的まとめでアカウントを分けるというのも良いでしょう。

・何事も停止したらそこで終了

とにかく時間が空いた時に「どのようにしたらこのまとめが良くなるか?」というのを考えていけば良いでしょう。写真のタイトル文章を変更するだけで、まとめのイメージに別の印象を与える事が出来て、必要とする人が出てくるかもしれません。また、地域情報なども少しづつ調べて追加していけば、自分が後から旅行する場合に使える情報源になるかもしれません。歴史に興味があれば、歴史年表を少しずつ完成させてもいいかもしれない。とにかく「続ける事で価値が生まれる」というのは、NAVERまとめに限った事ではないでしょう。

しっかりと継続さえ出来れば、半年ぐらいで月額1万円ぐらいは誰でも達成出来るようになるでしょう。

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事